ブログのお引越しをしました。

AZU WORLDへのご訪問、ありがとうございます。

何度か引っ越ししてはこちらへ戻ったりして、そのたびにお手数をおかけしましたことをお詫びします。

 

この度本格的にお引越しをいたしました。このページはまもなく完全に閉じさせていただきます。

AZU WORLDは http://azworld.hateblo.jp

になりました。そちらで2006年からのすべての記事をご覧いただけます。

 

新アドレスのほうでさきほど「瞑想会のご報告です。」をアップいたしました。

リンクをクリックしてごらんいただけましたら幸いです。

今後ともブログAZU WORLDをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

(AZU WORLD since2002)

AZU拝

 

 

 

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと③

私の心の中にいるちいさな私は、
あるものを握りしめ、絶対に離したくないと思っています。
離すと思うだけでもとっても嫌な気持ちです。

でもおとなの私はそれをなんとかして離してほしい。

おとなの私にはわかっている。
その手に握りしめたそれは、私の人生にとっては重要ではないと。

むしろその手が離さないことで、
その手は使えないし、
新しいもっと大事なものを受け取れないと。

でもおとなの私は忘れている。

その子にとってそれがどれくらい大きくて重たくて
それをぎゅっと握りしめていなくては
それを落っことしてしまうかもしれないし
振り回されてしまうかもしれないし

自分がしっかり握っている以外
他に解決の方法もみつからない、と感じていたことを。

私が忘れていると、ちいさい私が暴れます。
するとわたしはこうなります。

心がもやもや。落ち着かない。

そわそわ、焦る。

イライラ、周囲にかちんとくる。

寂しい。疲れる。なにかが足りてない気がする。

他にもっと、道があるんじゃないか。

もっとできることがあるはず。

頭がぐるぐる堂々巡り。

で、何かを探し始める。

自分のスキルをあげたり、
自分の外見をもっときれいにしたくなったり、
もっと完璧になりたくなったり。

服や持ち物にこだわったり、
断捨離したくなったり。

もっとすごい自分になりたくなる。
誰が見てもわかるくらい、ちゃんと認めてもらえるように。

するとちいさな私のことは
なるべく感じないように放っておいたほうがよいと思える。
実際忘れていることもしばしば。

結局なにかを手に入れても寂しさは変わらない。

これはきっと、インナーチャイルドの問題。
自分の中にはなにか大変なものが隠れている。
そう気づいて、
どうすればいいか、考えてみる。
やってみる。

考えれば考えるほど、私は賢くもっとおとなになっていく。
やればやるほど、どんどんいろいろなことがわかってきて
わかればわかるほど、できていない自分が見えてくる。

できていない自分。

そんなとき、本当に必要なものはなんなのか?
愛です、と言われたら、自分は愛が足りない人間だと思うでしょう?

私はたぶん、そこでぐるぐる10年、いやもっとだな。もっともっと、迷ったんです。

他人のことなら思い切り思いやれるあなたでも、
自分の中にある幼子のような心に寄り添うのは難しい。
そんなこと、わかりきってるでしょう、という思いが
ちいさい私の声を遠ざける。

子供のころ、家族の中でおとなの役をやるのに慣れている人はなおさら、
その声を聴くのは難しい。

だから、アダルトチャイルドは、そこで思い切り躓くし
敏感な子供も頭の良い子もしかり。

でも、心は感じたすべてを記憶している。
時間が過ぎ、環境が変わり、あなたが通り過ぎたことでも。

おとなになって、今の自分が好きでないと
ちいさい私の声をよく聞いてあげることは難しい。
自分の人生が好きじゃないのはその子のせいでもあるから。

だから、インナーチャイルドと直に向き合うには準備がいる。
その子にありがとう、ごめんね、を言うための準備が。
大丈夫だよ、って言ってあげられる準備が。

ちいさい私が握りしめてきたものが
たとえ取るに足らないものであっても
その子がなにかのために、誰かのために、

一生懸命握りしめ続けてきた気持ちを
ちゃんと受け取ってあげられたら

その子は満足して、安心して、手を広げられるのです。

そんなもの、もういらないのよ、なぜならね、
それには意味がないのよ、価値がないのよ、
あなたがしているのはそういうことなのよ。

ちいさい私が知りたいのはそんなことではないのです。

気持ちに気づいて、一緒に、感じてくれるかどうか。
一緒に、背負ってくれるかどうか。

それでその子は赦され救われます。
その役目を降りることができます。

それは自己肯定そのものだし、
そこには愛が実在する。

その愛が、あなたを、深い深いあなたという存在を根っこから癒します。

28日瞑想会は

1月28日開催の瞑想会は満席のご予約をいただきました。
ご応募いただきましたみなさま、本当にありがとうございます。
楽しみに準備を進めてまいります。

また企画をしていきたいと考えていますので
今後ともどうぞよろしくお願いします。

取り急ぎ、感謝とともに