2014年へのごあいさつにかえて。

1日1クリックの応援、本当にありがとうございます。来年もまたよろしくお願いいたします。

みなさん、今年もまもなく過ぎ去ろうとしています。

AZU WORLDをお読みくださったみなさん、また、ブログランキングへのクリックで応援くださったみなさん、自分以外の人にもこのブログが読まれることをご自身の事のように喜んでくださった方々、そして、私のセッションをお選びくださり、お手伝いをさせてくださったみなさま、本当にありがとうございました。琉球の島に根をおろし、導かれるように今日まで毎旬を踏みしめて生きて来られたことに、本当に感謝しています。少し早いですが、来年もどうかよろしくお願いお願いいたします。

ごく私的に今年を振り返らせていただくなら、今年は父との別れというイベントにつきます。今年は自分の干支である午年でもあり、48歳の誕生日に父の葬儀を行うという、一生に一度の体験をしました。父と私の関係はとても濃密な付き合いだったと、振り返ることができます。父との関係を癒やし、浄化し続けることが私の人生を形造ったといって過言ではないでしょう。父との生前の関係を終えて、私は父との関係の完全な修復と癒やしと浄化に成功したのだということがわかりました。私の中に、父への完全な愛があるという結論がはっきりと認識できました。一点の曇りなく、私は父を愛し、また父からの愛を、一滴残らず受け取ることができたと思います。父がなくなって私を取り囲む父の記憶は、まさに溺愛されているという感覚でしかありません。これは、自分の人生を客観的に、思考レベルで観察するならあり得ないことではないかと思います。しかしこれが現実でした。

父と別れて感じたのは、ただ、もっと一緒にいたかった、もっと話したかった、とても寂しい、悲しい、という思いです。そんな、まるでただただ円満な父子のような思いを自分が体験することになるとは、自分の人生の大部分で想像もできないことでした。でもそうなりました。
これはひょっとして私が自己意識の、インナーチャイルドの癒やしに完全に成功したということなのだ、と気づいたのはしばらく経ってからのことです。

もしかしたら読者の方の多くは、私が死を達観していて、父との別れなど幻想なのだから、少し風が吹いたくらいの感覚で通りすぎているのでは、とお感じかもしれない、と思ったりもします。しかし結論からすると、親密な者との死という別れは肉体レベルの幻想だとしても、それは純粋な悲しみを伴います。パラマハンサ・ヨガナンダジは、母との別れも、そして師であるスリ・ユクテスワジとの別れも大いに悲しみ悲嘆にくれ、そして瞑想を通して師と再会したとき、師の足にしがみついてはなさなかったと言います。私はそのヨガナンダジの姿を思い浮かべては自分を励ましました。そして、癒されることにも癒やされないことにもどちらにも良い点と良くない点があるものだ、と思いました。つまり体験はいかなるものも等価だという意味です。

これは、あるお客さまが教えてくれたのですが、おばあさまの死の直前になって、なぜか二人の関係性が非常に悪くなって、心が通じなくなったとのことなのです。そしてほどなくおばあさまは他界されました。その頃はあまりにひどいことばかりされたもので、別れもそれほど堪えなかったということなのです。もし、そういうことがなかったら、耐えられないほど辛かったでしょう、それほど祖母を慕っていましたから、と。

私にとってはとても強いメッセージでした。学びをしたからといって、人間の感情の体験が薄れるものではありません。当然のことですが、感情の中に愛情があり、愛情の更に奥に、真に出会うべき愛を私たちは心の中に秘めています。私たちは体験によって学ぶために地上へやってきています。どう体験するかはある程度選ぶことができます。現実を変えることが可能です。ですが、必要なことを体験しないという選択はありません。いずれにしろ、それは起こるのです。

父との体験は、これ以上ないほど、見事に、芸術的に、この地上での体験すべきことを私に見せ、私を巻き込んでくれました。そのすべてが父から私に存在を通して与えてくれた愛だというふうにしか、今の私には感じることができません。

今はまだ、じっくりとその私の体験から来るエッセンスを飲み込み吸収している時期かもしれません。日々、その体験を与えられ、与えられたものを受け取っています。

これを実りと言わずなんと呼べばいいのかわかりません。私は父の死に対し、それで良かった、とかなんとかはまったく思っていません。父の人生もこれで良かったとも、良かったのか、とも思いません。しかし、そこから受け取り得られるものはすべて自分のものにしたいとは思っています。

みなさんにもどうか実りのある今が毎旬訪れますように。
またこれからもよろしくお願いいたします。

感謝とともに
AZU

自信がない

1日1クリックで応援いただけます。いつも支えていただき本当にありがとうございます。

みなさんこんにちは。
世の中はなんとも不穏な音を立てているように感じます。
そんな音、聞こえないという方も多いかもしれない。
それどころではない、という方も。

聞こえても聞こえなくても、あるものはあるしないものはないのですが、私たちの意識が世の中の映像を創り出しているのであれば、私たちは自分の中身と向き合い、より親密で愛に満ちた自己との付き合いをしていきたいものです。より良き変容のために。

自己の内面を癒やし前進していく過程で、多くの方が罪悪感というものに行き当たるのではないかと思います。意識の法則なり波長の法則なり引き寄せの法則なりを知るにつれ、外側に見えるものは自分の内面の投影だ、ということがわかるにつれ、こんな世の中を作っているのも自分のせいなんだよな、とすると、自分はやっぱりダメなんじゃないか、というような。

或いは、恋愛がうまくいかないとか、人間関係で相手に受け入れられないとか、評価されないとか、漠然と思うようにならない、というときに感じるかもしれません。

私は以前は瞑想よりも思考がまさっていましたので、やはりこのような境地にはまりました。思い切り。

どうして人間にはこうも罪悪感があるのか。それも、一般にいい人、優しい人、思いやりのある人に限って、罪悪感との葛藤を抱えています。

罪悪感があるとどのような弊害があるか、まず、受け取ることが苦手になります。いい人優しい人思いやりのある人の多くは、与えることのほうが受け取ることよりいいことだと感じています。そして、与えることのほうが容易くもあります。

しかしこう考えると罪悪感というものも捨てたものではないかもしれませんね。そもそもこれがあるからこそ、人間の欲望に歯止めがかかり、自己の本能を問いなおす機能が働いているのかもしれません。

親が子どもをしつけるにあたって、子どもの罪悪感を助長するような言葉で叱ることがとても問題だと言われています。子どもは確かに、根底にお母さんに愛されようとする本能的な欲求があります。無意識のなかでその欲求は常に働いていますから、脅しの形で子どもと取引をすると、親の推測以上に効果が出てしまって子どもの潜在意識に一つの固定観念を作ってしまいます。

ですが、だからといって、子どもをすべて肯定するとか、否定しないということがいいわけではありません。もちろん当たり前のことです。ですが、繊細なお母さんは良くないことをどこまでも排除しなければという脅迫的に近い観念を持ってしまうことがあります。完全主義という問題です。そして、完璧にできないことに罪悪感を感じて自分を苦しめてしまいます。

どこまで行っても問題が出てきてしまいますね。ではどうすればいいのでしょうか。

ものごとは二極でできているわけではありません。三次元のこの世ですら、立体的にできています。一つの立方体には六つの面があります。ものごとのいろいろな側面を知っていくと、いい悪いだけでは判断できません。罪悪感ですら、いい面があります。時と場合によります。この世には完全に無駄なものはなかなかありません。

『自己を受け入れられない』のはなぜか、と問いかけると、色々な答えが出てくると思います。自信がないから、という答えを持っている人は多いかもしれません。自信がないのと罪悪感があるのは、実は表裏一体の感覚かもしれません。じゃあどうして自信がないんでしょうか。

そうすると、幼少期が原因かしら、親かしら、きょうだいかしら、友達かしら、先生かしら、となります。それでもぴたっと来ないときは過去世の体験が原因のこともあります。

本当にひっかかって取れない観念を突破してあげるのにそのためのワークをするのはとても効果があります。

ですが、それは何のためにするのでしょうか。

どうして自信がないか、どうして罪悪感があるか、どうして、自己を受け入れられないか、どうして愛せないのか。

これは究極の問いです。

それは自分の中に何かが足りないからでも、なにか余計なものがあるからでもありません。くっつけたり、外したりするだけでは解決しません。

それは、『私たちが、古い(過去からの)価値観を持っていて、それが本当の自分にそぐわないからです。』

居心地が良くないとき、それは、世間でも社会でもこの肉体に対してでもそうですが、多く方がそこでなんとかその古い価値観に自己を合わせようと試みます。本当の自分のほうを、価値観のものさしに合わせようとします。それが問題の根っこにあります。

それでなんとかなったりうまく行っているとき、私たちは調子が良いと感じます。しかしそうしていることに疲れたり、飽きたり、魅力や達成感を感じなくなったとき、私たちはスイッチが切れたようにダウンしてしまいます。

古い価値観は生まれてこのかた、両親から学ぶ過程で受け取ったものから、社会から無条件に押し付けられたもの、集合意識的に共有しているもの、長いDNAの進化とともに持ち合わせた記憶、過去世と言われる魂の系列から引き継がれた記憶と、壮大な歴史を持って私たちに刷り込まれています。

私たちの霊的成長という挑戦はそれら古い観念から私たちが卒業していくプロセスにあります。とてもではないけれど、頭で考えて対処するレベルでは捉えきれないし追いつかないでしょう。瞑想なしにその挑戦が成立しないのはそういうわけです。

古い価値観というのは抽象的に思えるかもしれません。具体的にどれ?と思うかもしれませんが、それは空気のように身の回りにあるすべてです。その空気の如き存在に、まずは気づくこと。そして私たちが当たり前に呼吸して生きていることに気づくことから、世界の変容が始まります。

愛を学ぶというのはこういった人類の冒険の物語でもあります。

楽しんで生きるには

1日1クリックで応援いただけます。1位をいただき、いつも応援ありがとうございます。

人間の歴史を調べていると、有史以来人は神との関わりの中で前進してきているのがわかります。誰もが本当は心のなかに神の気配を感じているのに、それを確信し、実感できる人はどれだけ存在したのでしょう。

大学で演劇を学んだ時
『演劇の歴史の起源は人類の歴史のそれと等しい。古来演劇は神に捧げられたところから始まる』と教わり感動したのを覚えています。

人間が人間だと自己を認識したと同時に、人は心を意識し、神を求め、その神に人間であることへの洞察を捧げ、神に認識されることを求めたのだと思います。

けれどその歴史はなぜか血塗られています。神から離れた人間は争い、また神に近づこうとして人は争います。

その結果を見て、神を求めることに幻滅する人もいます。けれど私は、人が幸せを求めて簡単に幸せを手に入れられないのと同じように、神を求めても簡単に見つけることができないことを示していると感じます。

神を、その後ろ姿の片鱗でも見つけることができればきっと、神を巡る争いなどに興味を持つことすらできなくなるだろうと私は思います。

もし本当に神に愛されていることを感じることができたらきっとその人は、他の人ともそれを分かち合いたいと思うでしょう。他の人が愛されることについて、また神の愛し方についてとかやく言う必要はなくなってしまうでしょう。

私は、人間というのは存在そのものが奇跡だと、つくづく思います。奇跡というのは、神のわざのことです。この自然やすべてのいきとしいけるものもそうです。でも人間は記憶し、再現するだけでなく、未知のものを創りだそうとする意欲や知ろうとする欲求、自己を認識するちから、そしてそういった知恵をも超越した叡智をも内包し、それを分かち合い、共感する能力を持っています。本当に、神の似姿に作られていると思うのです。そういった特性の統合のゆえに、愛を知りうる存在であるのです。

人間が地球上で学ばなくてはならない最も崇高なものは、愛です。ですから人間が自己という存在を認識すると同時に神をも意識したのです。神なしに愛を学ぶことはできません。それは宗教上の教えをする神ではなく、すべての人の心の内側の深いところから、常に私たちに音を発し、光を放ち、その存在を示し続けているもののことです。

多くの人がそれを感じたいと願っています。それを感じるために私たちはこの世にやってきます。そしてまず、お母さんからその道標を受け取ろうとします。愛を知るための土台となる、自分を育む愛情を全力で体感しようとするのです。

そのお母さんがどうであろうと、そこに私たちを育んでくれたことが彼女の愛です。ですが、子どもが必ずしもそれを上手に受け取ることはできません。そのボタンの掛け違いから、実は私たちは、より真実の、より大きな愛を求める旅を始めるのだと思うのです。

掛け違いが大幅にずれている人もそうでない人もいるでしょう。でもいずれにせよ、お母さんの愛が完璧でないからこそ、私たちはもっと大きな愛を見つけようと求めることができます。自分の家族を新たに作って、自分ならこうする、という実践をすることもできますし、社会を通して与える練習をしながら神の愛を見つけることもできます。こうして無条件の愛について少しずつ知っていくのです。

この冒険の旅には幾つもの挫折の罠があります。お母さんからしっかりと受け取れなかったことが傷となり、後の体験を積むことを恐れさせることもあります。家族からしっかり受け取れたつもりでも、パートナーとの間でつまずくこともあります。与える立場になったとき、受け取ったときのようにうまく与えることができないこともあります。がんばりすぎて、考えすぎて、感じることを忘れてしまうこともあります。愛はいつでも、頭で理解するだけでは内側に溶け込むことはできません。愛と一体になるために、私たちは心で感じなければなりません。それには心を安心によって開いておく必要があり、その内側には受け取るスペースを空けておく必要があります。でも一生懸命になりすぎると、このスペースは荷物で埋まってしまうのです。

こんなふうに私たちは幾重もの罠にかかり失敗するのです。しかし、心とからだは、失敗を恐れすぎている限り学ぶことができません。

失敗を恐れていると、私たちは体験そのものを楽しむことができません。よく『楽しんでね』と、スピリチュアルの信奉者は言います。それは、楽しいことだけ選んで体験することでも、失敗しないことでも、楽しいげな気分ばかりを感じることでもありません。楽しむ、というのは、真実である、ということです。正直で、自分と一体である、ということです。

そうであるとき、私たちは、苦しみも痛みをも、人生として受け入れ、楽しむことができるようになるのです。それが人生における最大のギフトです。

人生を楽しむには、言い方を換えれば味わい切るには、どうしても神と、その愛が必要です。安心によって心にスペースを空けておくために。

舞台美術、音響、登場人物、そして脚本。あなたは知らなくても、それらを神が、あなたのためだけに、あなたに最も合うように、選んで準備してくれているとしたらどうでしょう。神が、個別に、あなたを格別に愛し、その愛ゆえに、あなたには内緒ですべてを準備してくれているとしたら。本当はそうなっています。

内なる神を見つけるというのは、その神からの愛の贈り物を信頼して生きることなのです。