進化の種はあなたの胸に。


1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます!

こんにちは。

父が亡くなって今日で丸一ヶ月。初めての祥月命日です。

つい先日、週刊誌からの取材を受けました。朝、ピンポンとベルが鳴り、あれ、ご予約のお客さんと違う・・・と思うと、という感じ。
取材にいらしたのは、若くてかわいくて賢そうで奥ゆかしい感じの女の子で、この炎天下の沖縄にしっかりと正装なさっていました。

父の死について、まだかたづいていない問題がありますので一瞬緊張もしましたが、人間として向きあおうと覚悟を決め、取材に応じさせていただきました。

電車の中吊りにも見出しが出ましたので、変なふうに盛り上がるのかなとも思っていましたが、訃報のときとは違ってとても静かでした。私たちにひとときの静けさと安堵を与えてくださる神と人々のはからいに感謝しております。

記事には私のブログの、父の病気への描写の部分が引用されていました。客観的にそれを読むと、やはり悲劇的な感じがしました。しかし私の中に起こる不安というのはおもしろいもので、家族が嫌な思いをするのでは、という気持ちだけです。同胞を裏切りたくないというような感じでしょうか。父の名誉のためというのなら、病気は役者の(天才の)勲章だ、というような気持ちで胸を張れます。

私がブログに父の病気のことを晒すのは目的があります。以前にも書きましたが、統合失調症や躁鬱病は100人に1人ほどの人がかかる病気だそうです。その家族はと考えると同じような問題を抱えているご家族は全体の1割か2割、となるかもしれない。それほど社会に大きく関わっているはずの問題が共有出来ればもっと理解や解決へと道が開かれると思うからです。

どのような問題もそうなのですが、当事者が自分たちだけで抱え込んでいる間はものごとは好転して行きません。問題というのはたとえ世界で自分だけの問題だと思ったとしても、それは地上に、人類の課題として与えられたものと同等です。

私のところへいらしてくださるお客さまもよく「この問題だけはどうにもならないと思っていました」「墓場までこの思いを持って行かなくてはならないと思っていました」「自分のような悩みを持っている人がいるなんて想像もできませんでした」とおっしゃいます。そうでないと気づくことは、同時に神の光の下に差し出すことになります。

分かち合うために話し合い助けを求めること、という人間のコミュニケーションの原型、愛の顕現を人生の中でみんなで体験していけたらと思います。そのためにもまずはあまりに傷付いた自己は癒してあげる必要がありますし、まず、助かるのだということ、変われるのだということ、なにより、そのような問題に直面すること自体が霊的に進化する種を天から与えられているのだと気づいていただきたいと思います。

昨今のスピリチュアルが、人生そのものの価値や現実から分離した逃避的な快楽につながらずに、本当に人間を本質的全体的に救うための具体的な道標となることを切に願っています。

末筆ですが、私と父との関係の中には本当にゆるぎない愛と信頼があるということを日々感じています。それは生前にも会話の中で確認済みでしたが、実際そうだったと実感しています。今生でそうなれたことが一番の奇跡のようでもあります。父の溺愛のような愛情がいつも降り注ぎ、それを感じると泣けてきます。何度も何度も、それを味わっているところです。

思い出とは。


1日1クリックの皆さんの応援、心から感謝しております。

すみません。今日は自分用のメモです。

父の部屋を片付けていて出てきた写真。
12歳の誕生日で、よく見えないけれど誕生日プレゼントのSEIKOの腕時計をしています。
撮影は父。
人形は自分で作った軍手人形。よく出来ている。
学校の図工だったか、友達に習って作ったのか。
どっちだっけ、タミちゃん。
習ったのならタミだと思うんだ。

mio12sai

だんなさんに写真を見せると
「かわいい~!!ころちゃんが・・・!」
そうなんですよ。ころちゃん、本当にかわいかった。
六小の朝の放送(ナレーションは私の声だった)と、下校放送のとき必ず歌ってました。
写真の顔は笑顔です。笑うんですよね。

当時はみんなディズニーウォッチなんかをしていてそういうのがちょっとうらやましかったのだけど、
父はいつも大人用のほんものを私に持たせてくれました。

私が小学生、妹はまだ幼稚園の年少さんだった夏休みにも旅行先で必ずフレンチのコースをそれぞれに注文してくれる。
子どもたちはオードブルとスープでお腹いっぱい。
テーブルマナーもその時に教わりました。
私にはけっこういい思い出だけど、妹にはなんのこっちゃだよね。
それでも姉妹の間ではお気に入りのエピソードに属します。

新聞やテレビなどに使われた父の写真は、中学生だった妹が撮影したもの。
奇跡的に父が顎を引いて映っている。隣に映っているのは母。
二人の結婚記念日だった。
papa
遺影は満場一致でこれ。

それにしても、亡くなったとたんに良いことしか思い出なさくなるってこの現象。
人間の記憶というのは都合よくできているものだとつくづく思います。
不幸な記憶に苦しんでいても、その苦しみを変えることができるというのはまさに本当です。
多くの方が、ご自身のなかを幸せに変えていくことをお手伝いしたいと改めて思います。

究極の基地。


1日1クリックの応援、身にしみて感謝しております。

アズさんは自分の状態が普段と違う時、セッションにどう向き合いますか?というご質問を受けました。

申し上げました通り、今は喪中のまっさいちゅうです。
こんな時にお客さまはいらしてくださるのだろうか?と東京にいるときはふと疑問も感じました。

しかし、ご予約の呼声とともにこちらに戻り、セッションに向き合うと、なんと言いますか、いつもよりセッションの内容に霊的なパワーが強まったのを感じます。

天使や天界の存在、また沖縄のみなさんのご先祖さまがたも、一斉に応援してくださっているように感じます。
私の直上のご先祖となった父も、早々に力添えしてくれているようです。

父は近年「神は外にはいない。内側に神はある。」と言い放っておりました。
それ、まさに、私が見つけた、あれだけど・・・(笑)。
こんな感じで、そういう話を父とするのはとても楽しかったです。
真面目くさってではなく、まるで見てきたように、遠い過去から我は知っていた、とばかりに話してくれます。
そして、「美緒のそういう達観した哲学はいったいどこから来たんだ?」などと言うのです。
あなたと同じ、遠い過去から持ってきました(笑)。

私は、自分の状態というものをもちろん出来る限り把握し、できる対処をします。
そして、あとは内なる神に委ねます。
自分の状態や自分ができることはそう信頼していませんが、内なる神のはからいと、そこに起こる奇跡を心底から信頼しております。
ですから、自分がすること、というのはいつでもだいたい同じです。
できる以上のことはできませんし、小手先でなにかを補おうとしてできることではないようなセッションをしているつもりです。

こちらへ戻ってから、セッションの中に奇跡や繰り返し私に伝えてくださるメッセージを受け取っています。
まるで、今の私のためにテーマを持って来てくださっているようです。
どうしてこんなにも人は優しく、神は慈愛に満ちているのだろうと感動します。

私にとってはセッションはいつも私を神の懐に戻してくれる究極の基地のようです。
いらしてくださる方、メッセージくださる方、そして、私が書けない間もこうして毎日このブログを見守り、1位にしておいてくださる方の愛に、感謝しております。
本当に、どうもありがとう!これからもどうぞよろしく!お願いします。