すべては自己の中に

あまりに良いお天気なので
美ゅらSUNビーチを歩いてきました。
12-01-28_005.jpg
12-01-28_007.jpg
12-01-28_003.jpg
展望台で自己ヒーリングと家族へのヒーリング。
いやおう無くプラーナがみっちみちになります。
地球は怒ってないですよ。
マザーアースはおおらかな魂です。
私たちは赦されているのですが
多くの人は自分をなかなか赦すことができません。
「内なる神とひとつになる許可を自分に与える。」
今日も感謝とともに。

テンペストからつらなるつれづれ

昨日は劇場版テンペストを観てきました。
映画館はアバター以来。
テンペストってシェークスピアでしょ、なんで仲間さんが主演なんだろ?
と言うほど何も知らずに観ました。
ぶつぎれ、こまぎれみたいな演出や
ぎりぎりセーフなところや、アウトなところも多々ありましたが
ところどころのいいセリフや、沖縄の文化や歴史への興味共感、
一部のいい演技などに救われて楽しめました。
終わってみたら、脚本が大森寿美男とあり、そうだったのか、と思いました。
彼とは劇団300(さんじゅうまる)の「1の1の6」という芝居の公演で
役者として一緒に出ていて
3ヶ月という長丁場で最後は山形公演まで行って
その後もしばらくとても仲良しだった記憶があります。
大所帯の中で、当時仲良しクループだったのが
大森くん(もりもり)と後にテツandトモでブレイクしたトモと
多分今でもショービジネス界で活躍している成瀬海彦(なるなる)でした。
トモなんて確か19歳だったと思います。
大学生で、優しくていい子で、山形なまりで、詩吟がうまくて、あほでかわいかった。
宇梶(剛士)さんもご一緒だったのですが、宇梶さんをすごくしたっていましたね。
宇梶さんはものすごくいい人で私も大好きでした。
私は彼を確か「ボス」とか呼んでいました。
テレビで拝見するとよくわからないのですが
どまっすぐでスケールが大きく純粋な方だったと感じました。
旅中はよく、宇梶さんにマッサージをお願いされました。
「あなたのはマッサージなんていうちゃちなものとは違う。
頼む、俺の腰を何とかしてくれ」とか言われて。
当時からヒーリングのできる手だったようですね、私。
なるなるは同じ年でインテリで、ものすごい美形で、気品があって大好きでした。
座長の渡辺えり子さんにはあまり認められていなかったようだけど。
後におかまとしてブレイクしたのをみつけて、なるほど~でした。
もりもりは、一歳違いでお誕生日が一日違いで
当時から自分の劇団を率いていて
詩的でちょっと薄暗い脚本を書いていました。
その薄暗さは純粋で好きでした。
闇ではなく美しい薄暗さで。
渡辺えり(子)さんは当時から売れっ子だったけれど
彼女の世界はおおざっぱで場当たり的でひとりよがりであまり好きじゃなかった。
もりもりの繊細さは、当時ではまったく売れそうに無かったけど
後に脚本家として有名になって
その脚本は社会派ドラマなんかが多かったりして
それでもところどころにきりっとした切り替えしがあり
「この言葉でなくてはあらわせないんだ、この悲しみは・・」
という風に言葉が並んでいたりして嬉しく思ったりしています。
20年以上が経っています。
でも本当に、20年くらい経たないとわからないことってたくさんあります。
この言葉は大学の演劇専攻の同級生でずっと役者をやっている子の言葉。
20年くらい経たないとわからないことってあるよ、なぁ~。
20年くらい経って深く思い出せるような出来事や思い出を共有できる仲間って
その時はわからないけれどただならぬ縁とつながりなんだろうなぁと思います。

信頼について

私は自己紹介などでスピリチュアルの実践を始めたのを
27歳のお誕生日から、と言っていますが
求めていたのはもっとずっと前からのことです。
27歳で何が起こったかというと、
真理の後姿を見つけたのです。
何度か触れていますが
「人類を救う治療法」という本に引き寄せられ
その中で「4段階の意識」という記述があって
顕在意識、潜在意識、超意識、宇宙意識(=神)つまり
意識の深いところへ行くほどそれは純粋で高い神の意識へと近づくとされていて
「これはきっと真実だ」という風に感じました。
そのほかにも真実を感じさせる様々なポイントはたくさんありましたが
それまで神を探していてみつからなかった私にとって
これで神がみつかるかもしれない、という
信頼がそこに生まれたのです。
そうです。信頼です。
当時は今のようにスピリチュアルという言葉が一般用語ではありませんでした。
自己探求したくてもその方法は宗教か、自己啓発セミナーなどが一般的で
どちらにも決して純粋にひきつけられることはありませんでした。
大学ではクリスチャンの教えを学び、礼拝も賛美歌も、司祭の前島誠先生も大好きで
(ちなみにRuach[ルーア]は前島先生の礼拝の講話のなかで初めて耳にした言葉です。
ヘブライ語の発音で「ルアハッ」という音を前島先生の声で記憶しています)
信仰、つまり神を一番のお手本として生きることにはまったく異存はなかったのですが
肝心の神がなんなのか、どこにいるのか、神の真意とはなんなのかまったくわからず、
それは学ぶほど、知識を得るほど、
遠くなっていくように感じられていました。
実際に私は、心が引き裂かれそうに辛くなると
神に見捨てられたような気持ちで泣きました。
もし神が「すべての子らを愛している」なら
なぜに自分はこのような心境に追い込まれるのだろうと
まさに神をも呪ったこともありました。
そんな時に4段階の意識、という記述を見て
私は信頼する気になったのです。
神は天のどこか遠くにいる外人みたいな人ではなく
私たちの意識の一番奥、中心にある、という真実を
私は直覚で真理だと感じ「信頼できる」と認識したのでした。
私のスピリチュアルの実践というのは
その信頼のもとに、自分を変えるワークに取り組むことにあります。
自分を変えるというのは簡単に言えば
真の自己(内なる神を核とする自己の魂)の周辺に表面的にくっつけた
癖や習慣、思い込みを取り払うことです。
その癖や習慣や思い込みは、この肉体に深く刷り込まれていて
時にはその肉体を生かすために使ったりしていますので
簡単に取りはずして捨ててしまうのは難しいのです。
肉体を生かす役割はそれらの表面的な癖や習慣ではなく
真の自己のパワー=神=宇宙の根源の生命力=愛・叡智が持っています。
ですが、そのことを思い出し真の自己のパワーに依存することを思い出すには
古い乗り物を捨て、その席から立ち上がって去るための信頼が必要になるのです。
たとえその姿が見えなくても
声が聞こえなくても
証明をすぐにしてもらえなくても
なんの確証もないまま何も持たないまま
そこに飛び込むことが信頼です。
信頼をもって飛び込んだとき
着地したあたたかい大地こそがその懐です。
懐で寝起きしているうちにやがて
「あれ?もしかして私は救われているんだろうか」と
じんわりとその大きな愛がわかり始める。
神の愛はそんな感じのものです。