すべての道はそこへ続く

これまでのセラピストとしての経験から

心身の不調の要因として

「起こっていることを受け入れない」ということはとても大きいと考えています。

頭や気配で知っているけれど

心でそれを感じようとしてみると抵抗があったり痛み、苦しみを感じるというとき

心ではそのことを受け入れられていません。

そのことに気づけないと意識下で葛藤が起こります。

無意識にそのことを避けようとしたり封印したりしていると

そこで本来感じられるべき痛みや苦しみは薄められ

もやもやとして潜在意識下に残ります。

表面意識では忘れようとしているので

実際表面では起こったことや感じたことは忘れられていき

もやもやの感覚だけがずっとそこに残る感じです。

そういったことが少しずつでも重なっていくと

いつも心と体が重たいな、だるいな、スッキリしないな、おかしいな、病気かな、

という風に認識されるようになります。

また、それでも我慢したり無理して日常を続けていくと

ますます心身は重たく硬くなります。

動きがなめらかでなくなり、反応も鈍く、またかたよるために

特定の感情はふさがれてしまいます。

例えば軽やかな感覚やしみじみとした喜び、感謝などは感じにくくなります。

これらの感覚は細やかなバイブレーションを持つので

硬直した状態では感じにくいのです。 

また、痛み、苦しみを封印していますので

それを引き出す要因となった不快な感覚は抑圧されたまま

実際は無意識でありながら、それと同類の感覚はずっと身にまとったままになります。

例えば痛みを恐れて怒りを抑圧してしまったとすれば

怒りをなるべく解放されない方向へ自己を向けるようになり

それだけ抑圧されたまま怒りを内包しているので

実際は怒りを引き寄せやすく、怒るべき場面、機会に遭遇しやすくなります。

それは気づいて解放するチャンスなのですが

抑圧が続いているのでますますぎゅっと抑えつけてしまいがちです。

そうすると本人はどんどん重荷を大きくしてさらに苦しむという構図になります。

こうしたスパイラルには、心身の構造上、誰もがはまる可能性を持ちます。

うつ、という病気が今非常に多いのですが

元々はこういった心身の正常な防御反応から来ているのではと考えられます。

アレルギー反応が外敵からからだを守るための過剰反応だということと似ています。

仕組みを解体していくのは手間のようですが

本当は近道であり、その作業自体が学びであり人生において実り多いものだと

私は感じています。

人間が本来身をおくのにふさわしい環境というのは

愛という軸、愛という価値観、観点から

様々なことが体系付けられているということだと思います。

それが大きく欠けている、見落とされている環境では

人の心身は機能不全となるのは当たり前のことです。

人はパンのみにて生きるにあらず、ということが社会に反映されない限り

心や感情というものは厄介な異物のように扱われることでしょう。

生産性を上げるということが最上の目的であれば

心に幅を持った人間などという存在は無駄だらけな生き物です。

機械のほうが優秀です。

実際に機械みたいに動ける人が点数を上げ、賞賛を浴びてきたのが世の中ですが

そうである限り、権力による支配や、差別などの根源にある意識は

浄化されることはないでしょう。

基準が違う、ということは今回原発の問題を見ているとまざまざと感じます。

「推進」と「脱」では同じ土俵で比較しきれない部分があります。

私たちはより崇高な基準というものに目を向けない限り

真の前進を選ぶことができません。

実際はコスト面やリスクなどの実際的な規準で比較しても「脱」が優位なのですが

そこは情報操作でうまいことコントロールされてきていますので

見たくない人に真実を伝えることはとても難しくなっています。

ともあれ、浮上してきた一つの問題は

つまるところ内面に繋がっていて

私たちはそこに向き合うことによってのみ

真実に近づくことができ

真実を受け入れたときにのみ

前進することができる。

その前進とは、愛への一歩であり、幸せへの一歩だ、と

やはりそこへしか繋がっていないと痛切に感じています。

見えないいと

みなさんいかがお過ごしですか?

昨日は豊崎の美容室で美容師さんから

県外から避難していらしている方がたくさんいらっしゃるとうかがいました。

関東からの妊婦さんが多く、みなさんストレスを抱えていらして

美容室でとても癒されたとおっしゃっているとのことでした。

美容師さんは

「でも放射能はニュースを見てると大丈夫そうだなと安心していましたけど、違うんですかね?」

とおっしゃっていました。

あ、そうなのか、と状況を飲み込むのに一呼吸かかり

その呼吸で彼女は、そうではないと私が思っていることがわかったようでした。

沖縄は距離があるから少し遠く感じますけど、いろんな方のお話が聞けてよかったと思うんです、

と彼女は話してくれました。

 

今回の事故の主役である原発を調べていくと

私たちがこれまで知らずに生きてきた上で

心身の健全性を損ねてきたものの原因は

実はとても身近に、私たちの生活のすぐ下に流れてきた

権力の支配とコントロールが大幅に占めるのはないか、と思うに至ります。 

これまでに私たちが「なにかどうしようもないおおきなもの」のために

個人の意志ではどうにもならない問題として受け止めてきたもの

例えば戦争、例えば伝染病、例えば差別、例えばアレルギー体質、

例えば鬱のような症状、例えば飢餓、例えば貧困、例えば自然災害の一部まで・・・

もしこれらのことが誰かの意志によって意図的にコントロールされていたとしたら

当然のことながら何も知らずにいつか消滅することを願って祈ったとしても

それらはなかなか消滅することはないでしょう。

私たちはそれを強要してくるものに対してNOと決意しなくてはならなくなります。

そこからしか次への進展は生まれないだろうと思われます。 

 

逆に言えば、私たちの意識レベルが高まり

平和と愛の次元で物事を選択し創造するレベルにまで到達したからこそ

これらの低次元でのコントロールが明るみに出て

私たちにNOという表現をさせる準備ができたといえるのかもしれません。

 

いづれにしても、私たちは物事をできる限り意識的に捉え検証し、

愛という知覚に照らして判断し、選択していかなくてはならない

重要な時期に来ていると言えます。

内なる神に常に問いかけ、導きを願い

勇気を持って進んで行きたいものです。

試練と実りと豊かさ

http://www.youtube.com/watch?v=Ev3ACAFNROQ

岩上安身さん、地上波に出られたんですね。

Ustreamでずっと東電の会見に張り付いていたジャーナリストです。

小出さんらへのインタビューでもすばらしい内容を伝えてくれました。

 

炉心溶融の危険を事故直後から言ってきた科学者、ジャーナリストは

ことごとくテレビからほされてきましたので

情報源をテレビと大手の新聞とされてきた方々は

現実に起こっていたことを知らされずに

操作された情報を言い聞かされてきたかたちになります。

岩上さんがここでしゃべっている内容は本当に当たり前すぎることなのですが

知ることでショックを受ける方もたくさんいらっしゃるかもしれないんですね。

そんなことがこの狭い日本で起こるということも驚くべきことです。

原発の事故の収束は、現状とてもとても困難だと推測できます。

政府の発表している工程表は、どううかがってもおかしくつじつまが合わない。

時間も労力も、もっとかかると考えるのが普通ではないかと思います。

メルトダウンしている核燃料について明確で安全な処理法はなく

現状の対処はすべて、優しく言って「手探り」であり

手がつけられない状態であるというのが本当のようです。

そうなれば個々の人生のプランの見直しも必要になり、対処も腰の据え方も覚悟も違ってきます。

 

けれども経済面や国際社会での関係を鑑みると

危ない、危機だと政府が公言することにも危険があるのかもしれません。

海外では現在の日本の何十倍も、何百倍も、放射能に対して危惧しています。 

日本が経済上孤立へ向かっていることも事実で

消費税10%などというのんきな対策などではどうにもならないのではと懸念せずにはいられません。

いっそベンジャミン・フルフォードの勝利に賭けてみたい気持ちにさえさせられます。 

私たちは今、どれだけ真剣になってもおおげさではないほどの状況の中にいることは間違いないでしょう。

パニックを避けるどころかパニックを乗り越え、何事も乗り越えていく姿勢なしには

前進は難しいのではと思われます。 

そのためにも正確な情報の開示と(それは政府の体質からしてとても難しく見えますが)

受け取る側の心構え(情報に対してオープンでいること) が大切だと思われます。

後者に関しては、やはり不要な恐れを鎮めることはどうしても必要です。

こんなときだからこそ、瞑想は急務です。 

 

これらのことは逆に言えば、この時期を大切に丁寧に乗り越えれば

大きな実りと人生の豊かさを得ることに繋がるとも言えます。