opening your channel

霊的なメッセージを受け取りたいなーと感じている人は多いのではないでしょうか。
私も以前はチャネリングできるようになりたい!ととても望んでいました。
私は芸術などの想像を通して、チャネルの感覚というものを知ってはいましたが
いわゆるチャネラーたちが言葉を降ろすような感じで、自在に、と願っていました。
でもある時、望みは既に聞き入れられている。
今はそれが成就する途上にある、と悟りました。
それからはとても早かった気がします。
何かを心から望んで、神や宇宙に願ったとして
それが遂げられないと人間は「何が間違っているんだろう」と考えます。
それはとても合理的な思考で
何かを順調に遂行するためにはとても建設的な方法です。
けれどエネルギー的な観点からみたら
何も間違っていない、ただそのプロセスの途上にあるだけ、ということもたくさんあります。
高次元の導きのやり方は私たちの物理次元的思考では計り知れないというか
まともに観ることができないのが普通です。
ですから、まずは自分の視野(エゴの知覚)ではなく
広大な次元の視野を養うことがとても大事になります。
まず自分自身が霊的な存在だと知ることがとても大切だと思います。
今の私は、以前の自分が望んでいたことができるようになってきました。
でも以前の自分が想像していたような使い方はしていません。
セッションでその力を使うことは癒しのために大きな力になります。
自分の気づきを促すには、以前からやってきたやり方で充分だし
それと大した違いはない感じです。
それに第一、達成したいみたいな願望がなくなってきていて
自分のことはおまかせします、という心境です。
けれど神聖なるものとのふれあいというのは心底すばらしいもので
きっと誰もが魂の奥底ではそれを望んでいるのではないかと感じます。
正直、それ以外に本当の平安、大いなる安心というのは存在しないのではないかと
密かに確信している次第です。
CA0TJLIB.jpg
ざわわ~ざわわ~ざわわ~♪ご近所ドライブです。
CAX2VE8Q.jpg
CAD6ZE1P.jpg
葉っぱはおいもみたい。色がすてき。
CAK9JZN7.jpg
CAKKW4XV.jpg
糸数グスク。なぜか主人が大好き。
CAZBOJKX.jpg
今週の休日でした。

最大限に生きる

OSHOは大好きで尊敬しているマスターです。
彼のタロット(オラクルカード)に
「キリスト教のように最小限に生きることでなく
禅はあなた方に最大限に生きることを求める」という言葉があります。
キリストはまた、私の最も敬愛するマスターです。
キリスト教という人間が組織した規律はそうなのかもしれませんが
恐らく、というか間違いなく、キリストは人間にそう求めてはいないでしょう。
ACIMはマスターであるキリストを人がチャネルして降ろされた情報ですが
主人に「ねえ、ACIMは最小限に生きることを求めていると思う?」と聞きました。
すると「思わない。だって、すべてを赦すんだよ、この世で出会うすべてを。
最大限じゃない。」
といいました。
なるほど。
赦すことは、最大限にそれを感じて、受け入れる作業です。
自己の内面とこんなにも親密に、向き合い丁寧に付き合うことは
なかなかないほど、最大限かもしれませんね。

光の中で生きる

CAX62AXV.jpg
南城市のお宅のすてきな屋根。愛車と私の影付きです^^
沖縄は秋晴れ。本当にさわやかでいい気持ちです。
気温は30度まで行くようです。(現在は29度)
おさんぽ、お昼寝に最高な季節ですね^^
少し前にレイキヒーリングを受けてくださった方が
「わ~ぁ、レイキってこんなにいいものだったんだぁ」と
とても嬉しそうに言ってくださいました。
その方は臼井レイキのアチューメントを受けている
プラクティショナーだったのですが
よくわからなかったので、ほったらかしていたとおっしゃっていました。
臼井レイキのセカンドくらいまでだと
もしかしたらあまり実感もなく
そういうこともあるかもしれません。
私もそうでした。私はファーストだけで15年くらい放置してました。
友人のセラピストはサードか、ティーチャーだったのに
「なんか、へんな、こんなの描くのよねぇ」なんて言ってましたもの。
でも今はおはようからおやすみまで、レイキを意識しない時間はないくらいです。
本格的にアチューメントを受けて数年経っていますが、親密さは深まるばかり。
もちろん仕事にしているのだから当たり前かもしれませんが
私はこれをビジネスと割り切って考えたりしたことは一度もありません。
これは、生き方そのもの、自分の生命そのものです。
レイキを本当に身につければ、そういう風にしか考えられないものではないかと思います。
「私は光、私は愛です」と、どの瞬間も心から自分に宣言することができたら
人生からあらゆる問題は消えてしまいます。
問題は問題として存在できません。
けれど単なるアファーメーション(肯定的宣言)だけだと
意識の中の多くはすぐにはそれに同調できないのです。
潜在意識の中に無意識のブロックや
光や愛そのものに同意できない何かが潜んでいるからです。
そこで大切なことは、自分のバイブレーションを高次元の波動に同調することです。
アファーメーションから祈りへと、
エゴを明け渡し、高貴な内なる神の次元へと自己を同調させることです。
レイキ、祈り、そして瞑想(ヒプノセラピーにおける変性意識状態)はみな、
この光、愛という内なる最高次元に自己をゆだねることです。
自分をエゴの指令下においていた場合に到底起こりえない美しい出来事が
この光と愛の法則の下に身を置き替えた時に起こります。
それは、あたかも奇跡のごとく人の目には映るのです。