誤解を解くために

ここ数日、催眠療法についての共通するご質問をいただくので
忘れないうちに少し書いておこうと思う。
お問い合わせで多いのは、こういう症状が治りますか?(効きますか?)
家族に受けさせたいのですが(こういった症状は)治りますか?
というような内容です。
催眠療法は医療行為ではないので
こういう症状が治ると言ってしまうと違法になります。
でも、催眠の仕組みをご理解いただけば
だったら自分のこういう問題に何かしらの働きがありそう、とか
原因に関係がありそう、という風にわかっていただけるのではないかと思うのです。
だから私は仕組み、ということをお話させていただきたいのです。
仕組みを知るということは
症状を消す、ということより時には一生の宝になると思うからです。
癒しには仕組みがあります。
その仕組みは宇宙とか神とか真理と呼ばれるものの理なのです。
ですから例外はなく働きます。
ですがもちろんいつでもどんな場合でも私とお客さまとに
100%働くかどうか絶対とは言えません。
私が行うことは原理に対して限りなく忠実にすべきことをするだけです。
その結果起こることは正直言って人知を超える(少なくとも理性を超える)ことです。
ですから毎回そこには奇跡があります。
奇跡というと神頼み的に聞こえるかもしれませんが
これは仕組みに忠実な奇跡なのです。
奇跡というのは決して突発的なものではなく
真理に基づいて起こるべくして起こることです。
ご家族が心配して療法を探していらっしゃることも多いかと思います。
ですが催眠は基本的にご本人の意思が最も重要です。
催眠が効くかどうかご心配の方が多いと思いますが
催眠はとても強力です。
潜在意識に踏み入れば変わりたくなくても変わります。
ある意味後戻りはできません。
それは操られるようにして変わるという意味では断じてなく
ご本人の潜在意識が解放されることによる変化なのです。
時々見られることですが
私はこのまま変わりたくありません、でもこの部分だけ取ってもらいたいのです、
というようなご希望があります。
でもそれは無理です。
意識は好むと好まざるとにかかわらず、今の状態で調和しています。
ひとつを変えれば全体が変わります。
ですから、ご家族としては
ご本人の一部だけ取ったりつけたり治したりしてくれればと望まれても
大きな目でみるとご本人の人生全体に関わってくることですので
ご本人が率先して変化を許可してくださる必要があります。
きっかけはご家族でも最終的にはご本人の意思が大切なのです。
またご本人が未成年の場合は
催眠の影響が強すぎることがあります。
子供はある意味常に催眠状態のようなもので
潜在意識にどんどんインプットされている時期です。
ですから本当に少し心を開いてもらっての対話(カウンセリング)で
充分同じ意味があります。
確かに催眠による暗示を与える(あなたは鳥にな~る的な)やり方もあるのですが
これは麻酔にも似ています。
根本的な原因を見過ごしてしまうことに繋がることもあるかと思いますので
人間形成の大切な時期にはなおのこと
心の中の原因に取り組むことのほうが有益なのではと考えます。
催眠を受けるかどうかのカウンセリングはするのですか?
というご質問もありました。
それから、催眠にかからなかったらお金を返してくれますか?
というご質問もたまにあります。
私の答えはどちらもノーです。
催眠を受けることを決めるのはご本人です。
受けると決めた方に対して必要なことを行うのが私の仕事です。
催眠状態にはどなたでも入ることができます。
本当に、お風呂で鼻歌歌っているのと変わらないのです。
ですがセッションルームはご自宅のお風呂ではないので
少々準備が必要だというわけです。
そのための準備は充分にさせていただきます。
それでもどうしても催眠に入れないという体験を選ばれるのであれば
それはご本人次第なのです。
また、入れなかったらどうしてくれるの、という考えをお持ちの方は
往々にして白か黒か、という判断をしがちです。
けれど、意識の世界は白黒ではないし
セラピーの目的はその白黒の世界からの目覚めにあります。
セッションをご一緒して何も変わらないという方はいません。
ですがその変化をどうジャッジメントするか
受け入れるか入れないか
また生かせるか、死なせるか、は
ご本人次第だと私は考えます。
この部分の線引きは私にとってもある意味命をかけた取り組みです。
私は自分にとってだけ有利な、或いは甘い線引きをするつもりはさらさらありません。
かといってお客さまにだけ有利で甘い線引きもしません。
これは私を生かしてくれている、癒し手として働かせてくれている大いなるものと
私自身との約束ごとです。
その『結果』は、
ご自身への導きと私という存在をご信頼し
ここRuachへ来て共にセッションを創ってくださった方と私との間だけで成立する
神聖な体験だと私は信じています。
奇跡体験のベテランである私のほうが少しだけリードして
この体験の受け取り方を示唆させていただきたいのです。

ひとくぎり

なんとなく空虚な感覚があるのは
ひとつのエネルギー的なイベントが一区切りしたからなのかなと感じています。
この春分くらいが分かれ道で
いつから続いていたのかと思い起こすと
去年の皆既日食からだったように思う。
まる8ヶ月はなんだかひとつの大きなうねりのなかにあった。
次のイベントのテーマはなんだろうなぁと今はからっぽな感じの中にある。
私は特に月に願いをかけなかった。
いつもありがとう!とだけ声をかけておいた。

ところでロンドン杜公園って

昨日のお休みはだんなさんと自転車で半日の旅でした。
まずはあしびなーで沖縄すばを食べました。
トッピングのお肉があぶってあっておいしかったです。
二人ともとんこつだしのふと麺で、だんなさんは三枚肉、私はソーキをいただきましたが
だんなさんは今までの三枚肉の中で一番おいしかったそうです。
お店はこちら⇒楽風OKINAWA
あしびなーはだんだんとにぎわってきているようで
歩いてすぐのところにこんな場所があるというのも楽しい気分です。
以前何度か閑散としているところに出くわしたので
心の中であしびなーをとっても応援しています^^
あしびなーのクロックスのお店に
ドーナッツプラントが入っていたのでちょっと嬉しかったです。
自由が丘でたまにドーナツコーヒーをいただいておいしかったので好きでした。
それから、ホウオウボクとマニラヤシの種を拾いました。
だんなさんが育てようと張り切っています。
それから、潮崎のサンエーちょっと用事を済ませて
サンエー潮崎シティの中にあるカフェでお茶しました。
東京でいうとスタバみたいな感じのカフェで、北谷と那覇と潮崎にしかありません。
ちなみに糸満市にはスタバはありません。那覇の人に軽く笑われたりします。
去年の今頃は糸満に住んでいたので
一人でよくお買い物に来ていましたが
沖縄へ来て夫婦とも仕事はいったん白紙になり
食べていけるのかどうかもわからない状態で
とてもカフェでお茶するなんていう気分になれませんでした。
それで昨日はだんなさんと初めてそこでお茶することができて
ものすごーく幸せだなぁと感じました。
振り返ればスーパーの一角なんだけど。
潮崎の海岸と住宅地を一周し
それから今度はだんなさんがこっち、というので行ってみると
ロンドン杜公園、という糸満市真栄里にある山です。
ほとんど全貌が見えないのでどきどきしました。
自転車を置いて徒歩で階段をどんどん上ると
なんだか人のうちみたいなところに出て、あれ?となりましたが
そこは介護施設でした。
さらに上がっていくとりーっぱな公園が。
しかもひとっこひとりいません。
空気が異常にに澄み切っていて高原だか桃源郷だかに来ちゃった気分です。
奥には展望台があって上ると最高でした。
さらに森の向こうから人の声がします。
行ってみると野球のできる立派な広場があり
観光地のようにきれいに整備されていました。
さらに奥は森です。
こんなにうっそうとしたガジュマルの森は初めてかもしれません。
ジャングルです。
ロンドンガマというものすごい言い伝えのあるガマがあります。
糸満市の由来は英語のエントマンから来ているという説を初めて知りました。
あんまりすごいお話なので載せておきます。
興味のある方はこちらへ⇒週間レキオ
それから公園よりもっとすごかったのは
公園を超えるといきなり普通に集落があったことです。
私たちはどんどん森の奥へ向かっていたつもりだったので
その奥は?!と覗いてみたらとても古い、これぞ沖縄、という集落だったんですね。
夕暮れ時の真栄里は本当にタイムスリップ;トリップで
私たちの興奮は最高潮でした^^
あれは味わった人としか分かち合えない感覚だと思うのですが
ああいった場所のエネルギーってたまらないものです。
樹の形や伸び方で感じるのですが
ちょっと普通じゃないんですよね。
あれは他を寄せ付けない自然のちから。
だからこそ古いものがそのまま残されているんだと思うんです。
私は以前東北に行ったときにとても強くその感覚を感じました。
さて、今度は西崎のうまんちゅ市場へ滑り込みで到着。
野菜を少しだけ買い(自転車なのでたくさんは買えませんでした)
最後は豊崎のグランビューガーデンホテルに。
というのは、いただいたお食事券があったからで
それでニヘデビールをいただきました。
グランビューガーデンホテルは先日母と妹が来たときに宿泊しました。
二人とも気に入っていたし、地元なのでこれも心の中で応援しています。
レストランはプールに面した席で
ライトアップされていい感じでした。
美々ビーチのホテルのようにゴージャスではありませんが好感が持てます。
おつまみもおいしくいただき
沖縄ありがとう、という一日でした。
ものすごく中身の濃い、ちょー地元的な休日でした。