祈る

私の住んでいる町は、お散歩にとてもいい場所。
八雲、碑文谷など、ただ歩くだけでとても癒される穏やかなところに囲まれています。
碑文谷のダイエーに時々お買い物に行きますが
目黒通りの排気ガスを避けて少し回り道をすると
碑さくら通りとサレジオ通りを通って行く事ができます。
サレジオ教会があることは知っていましたが
適当に知らない道を歩いて迷子になっているうち(迷子が趣味)
ある日ばたっと出会いました。
サレジオ教会はとても美しい教会です。
NYでは、曲がり角ごとに教会があるというほど
たくさんの教会があり
5番街にはカトリックの大聖堂、聖パトリック大聖堂や
はす向かいにプロテスタントのセント・トーマス教会があり
なにより私のお気に入りの場所です。
セント・トーマス教会で初めてお祈りした時には
なぜだかわからないけれど
これまでの人生が走馬灯のように(まさに)脳裏にあふれてきて
涙がじゃあじゃあ出て止まらないということがありました。
私はクリスチャンではないのですが
キリストもマリアも大好きです。
彼らにはよく昔から祈っていますし
本当に困った時にはよく助けてくれます。
先日、サレジオ教会の前を通った時
どうしても祈りたくてたまらなくなり
正面の大きな扉に手をかけましたが3つとも鍵がかかっていました。
あきらめきれずに横の門を入ってみると
横の扉が空いていて、嬉しいことに
「ご自由にお入りください」とありました。
やった~♪
中には人は誰もいませんでした。
NYで感じたようなびっくりするような荘厳さこそはありませんでしたが
充分に世俗を忘れさせてくれるような美しい空間でした。
私は思うのですが、祈りに慣れていないと人は
祈りとは何か物事の変更を、自分以外の存在に願うことだと思いがちではないのかな。
祈るというのは、それ自体が幸せなのです。
祈る行為そのものが幸せなんだと、先日改めて感じました。
呼吸の仕方を忘れてしまって、深呼吸できていない時
神のそばに行って(神の存在を感じながら)呼吸を思い出させてもらう・・
そうだった・・呼吸は最初から与えられていたのに
自分が心を狭めていたために
深くはくことを忘れていた・・
深くはけば自然深く新鮮な空気を吸えるのだということを忘れていた・・
そうなんだ、ちゃんと生かされているんだ・・・
今の苦しみの原因の変更を願うと
人は苦しみのジレンマにはまります。
今起こっていることが、すべて自分の祈りの結果だと信じることが信頼であり、
信じるものは救われるという言葉の真の意味だと私は思う。
言い換えれば、今を受け入れること。
一見よいこともわるいことも
自分の人生だけにオリジナルに与えられたギフトだと信じて受け入れ、
それが人生の恵となるような創意工夫をしていく。
くじけそうな時、神は最初から寄り添ってくれているんだと
そっとその姿を見せてくれます。
大事なのは神の姿を見ることではなく
神に注文をつけることでもなく
すべてを受け入れられるような意識でいられるよう
チューニングをすることが祈りの効用なのかなと思います。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

フリー


お世話になった事務所、メセナスを今月いっぱいで辞め
来月よりフリーになります。
それで今なにかとばたばたしています。
ただでさえ怠け者だと言うのに、これからはますます自己責任。
毎日シャキンと元気に行けるのがとりあえずの目標。
でも臆病でしょっちゅうウツでひっくりかえっていた
少し前までの(そしてながーい間の)私から見ると
コンスタントに前向きでいられるということは
なんとすばらしいのだろうと思います。
とにかく落ち込むとすべての努力も進歩の無にしてしまうほどのパワーだったので
それを繰り返している限りは本当にエネルギーの無駄遣いでした。
そんなサイクルをどうやら脱退して
前に進める状態で生きていることは
とにかくバンザイです。
歩いていれば必ず進む。大丈夫。
どんな状態であれ、そこには心の仕組みが関わっています。
今が心地よくないならば、
内面に取り組めば必ず改善の余地があります。
すべての人がハッピーでありますように!

人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^

時間をはずした日

マヤのカレンダーによると
今日は時間をはずした日。そして明日は新年です。
昨日は一年の締めくくりとして、私はどんなところにいるんだろうということを
なんとなく意識しながら過ごしました。
昨日、いろいろな私の疑問に対して、様々な出来事を通して与えられたメッセージは
「出来事の結果をいちいちジャッジする必要はない」ということでした。
思わしくない(と一見感じられる)ことについて
あれこれ対処を考えるよりも
信じることを着々とやることが大切だということでした。
或いは、自分であり続けること。
もちろんこれは「今」の私にとってということです。
昨日のお天気はすばらしかった!
今日は私の母方祖母のお誕生日。
小さいころから大好きだった偉大なる美しい祖母。
ここ数ヶ月寝たきりで、食べ物も全く食べられず点滴だけで生きています。
家族は、究極の選択を強いられている非常に厳しい状況です。
そんなさなかだけど、おばあちゃん、お誕生日おめでとう。
おばあちゃんから与えてもらったものは私の中で数え切れません。
おばあちゃんは子供のころから勉強と美貌は常に一番。
からだが弱く病気がちだったので
周りの人から「美人薄命」と言われ、長生きしないだろうと言われていたほど。
そのおばあちゃんも92歳になりました。
おばあちゃんの人生は、おばあちゃんと神さまにしかわからないけど・・・
たくさんたくさんありがとう。


人気blogランキングに参加しています。
1日1クリックで応援お願いします!
ここをクリックしてね~^^