世を照らす光であるみなさんへ

新年あけましておめでとうございます。
みなさんと世界に、そして私自身に、常に新しい喜びの風が吹きますように。

年末年始に2泊3日の旅行に行きました。
沖縄へ来てからは長い旅をしているようで、また日常が新鮮な冒険のようでもあり、非日常を渇望するようなことが極度に減っていましたが、わが家のエネルギーの流れに従い今回新しい選択をしてみました。

場所は長崎。夫婦ともに初体験です。
歴史の町でもあり、宗教の町でもあり、被爆の地でもあり、事前に瞑想してみてもぐるんぐるんと渦が巻き、うまくつながれないなと思っていたのですが、現地に行ってみるとどうやら、つながった結果のぐるんぐるんだったのだと納得しました。

訪ねたい場所となるとどうしても神社仏閣中心となります。今回受け取ったメッセージも学びも本当にてんこ盛りだったのですが、もっとも印象に残ったことをまずは書いておきたいと思います。

3日目の朝、たくさんの唐寺を見逃さんと出かけたはずが最初に到着したのは二十六聖人殉教の記念碑がある西坂公園でした。併設の記念館はお正月休みで入ることができなかったのですが、表の壁にあったコルベ神父の言葉「愛は死よりもつよし」という言葉。その思いに呼ばれた気がしました。

その言葉は何度も目にしたことがあったにも関わらず、今回初めてまったく違う意味に受け取ることができました。

愛は死よりもつよし。みなさんはどんな印象や思いを感じられるでしょうか。

以前の自分には、悲壮、壮絶のような直進的なイメージを即座に想起させました。

しかし今回その言葉はただ「人間とは霊(スピリット)であり、肉体の死を超える」という、真実そのものをあらわす言葉だったのだと感じたのです。そのことを人間らしい血肉の通った言葉にしたなんというシンプルな表現なのだ、と。

親愛なるパラマハンサ・ヨガナンダの弟子であるスリ・ダヤ・マタの著書「愛だけが」から、その強いメッセージに対するレスポンスを受け取りましたのでみなさんにお伝えしたいと思います。

「肉体はまちがいなく、魂をおおう外套にすぎません。もしオーバーコートがボロボロ、よれよれになっても、ふつうはそのことを深く悲しむことはないでしょう。・・・魂が一時的に身につけている、肉体というコートが自分であるとみなすことを、意識に許してはいけません。」

「神のやり方を理解しない人々は、霊的な完成とは肉体の完成であるから、神と調和した人の肉体は病気にならないという考えをいだいていることがよくあります。そんなことはありません!この概念を捨てない人は、自分が肉体に執着しているのです。」

「肉体にほどほどの手入れをすることが間違っていると言っているのではありません。・・・肉体に必要なものを与えて、あとは忘れなさい。・・・必要とあれば苦しみをとおしてでも私たちを目覚めさせようとして、肉体に病気や欠陥があらわれるのを神がお許しになるのは、私たちが神の子であり、死すべき肉体ではないこと、また、この世界は私たちの家ではないことを気づかせるためなのです。私たちは不滅の魂であり、私たちの家は神の内にあります。」

神に祈るとき、私たちがほしいものだけをもらおうとするのか、それとも私たちの心そのものを捧げ、究極に最上のもの、神の愛そのものを受け取るのか、その違いが世界を大きく違えていくように思います。

世界をすばらしく変えるためにまず自分が変わるという選択は、後者の道への入り口なのだと改めて心に刻む、そんな新年を迎えております。みなさんの内側にともる光りが世界を明るく照らす、前進の一年になりますように。

コメントを残す