かけはし

みなさんこんばんは。
今日で一年のセッションを納めさせていただきました。

沖縄へ来た当初は年末年始の区切りもなく、元旦からアチューメント、というようなペースだったこともありました。
今は少し落ち着いたペースでさせていただいています。
いつも内面のエネルギーと対話しながら、またみなさんからいただくエネルギーとご相談しながら、日々を送らせていただいています。

年末に来て「自分の内面のエネルギーとの関係」というテーマを持ってきてくださるお客様が重なりました。

「自分らしく生きる」とか「本当の自分をみつける」などと言葉にするイメージと、実際に自己のエネルギーとおつきあいすることの間には若干のギャップがあるように思います。

究極の本当の自己は真我と言われる部分ですから個性なんかのない世界です。魂に男女の区別がないように。

でも私たちの肉体レベルにはもちろん個性があり、みんな違っている。

私自身、自分とはなんだろう、と頭でどんどん考えているうちに、結局それは、他人との違いのことなのかと勘違いしたこともありました。
実際は真逆で、本当の自分になる(戻る)というのは、肉体として身に着けた様々な違いを振り落としていくこととも言えます。

なぜそのようなことになっているのか、というのが、意識の仕組みを探求していくとよくよくわかります。

そうして日々セッションを通して、また家族との関係を通して、自分と向き合うことを通して、そして瞑想によってもたらされる真の自己とのふれあいを通しての気づきをまた自身の人生の創造に、セッションに、還元させていただいています。
その気づきは時とともに大きく深く、そして細やかになっていっているように感じます。

RUACHと、私AZUとのお時間をお選びくださったみなさんおひとりおひとりに、そしてそこまでの導きに、感謝を禁じ得ません。
そこで分かち合うことができたものの大きさ、深さにいつも新鮮な喜びと驚きを禁じ得ません。

その感謝と喜びと驚きの背後にいつも、神の気配を感じることができます。
それは安堵と希望を私に与えてくれます。

つい十数年前、私はまだ地球に着地すらできていませんでした。
何十年も肉体を授かっていながら、まだ生きる覚悟ができていないまま生きていたようでした。

今私は地球に生きることを心から感謝できます。
その感謝が永遠のものだということが理解できます。

限りある命が完全燃焼すると、おそらく無限になっていけるのです。

そのプロセスを、お手伝いできることが本当に幸せです。
ひとりのなかに真実にともった光は、闇を照らし、すべての人の光につながります。
あなたの中の光に感謝します。

コメントを残す