真我を生きる

『人々は単純な裸の真理――――彼らの日常の、常に存在する、永遠の体験の真理を理解しません。その真理とは真我の真理なのです。

彼らは真我について聞きたいとさえ思いません。その反対に、人々は何か彼方なるもの――――天国や地獄、輪廻転生などについて熱心に知りたがります。なぜなら、彼らは神秘を愛しており、裸の真理を愛してはいないからです

それゆえ、宗教はただ真我の周辺に彼らをつれてくるだけのために、欲しいままに与えて甘やかします。あちらこちらをさ迷い歩いたあげく、結局は、他でもない真我に戻ってこなければならないのです。

ならばなぜ、今ここで真我として在ろうとはしないのでしょうか?』(ラマナ・マハルシとの対話 第1巻第2章対話145より)

この一文に激しく共感します。

この地上で真実をみつけるために私は、様々な「似て非なるもの」に試されてきたように思います。明らかな悪意ではなくやむを得ない成り行き、善行のなかの矛盾、中立に見える無関心、愛情に包まれた押し付け、正しさに支えられたすり替え、笑顔の裏の黙殺、慇懃な無礼、清らかな傲慢・・・。

無数にちりばめられた悪とすらみなされない欺きに出会ってきました。それらすべてはもちろん、気づいたら自分の中に在ったものです。そしてそれらの欺瞞は私の人生を裏切り続けました。

私は自分に裏切られないよう注意深く自分と付き合い、そして真の自己、と言うものを見つけたのだと思います。

裸の真理という叡智は、私という個を幸福にするため、存在しています。そして私という個はすべての個に通じています。おそらくその叡智以外の知恵のすべては諸刃の剣です。人を幸せにも不幸にもしうるものです。

真我を生きる、というのは私の言葉で言えば、今ここから愛するという態度を始めることです。

もしありとあらゆる手段を講じても人生が好転しないと感じている人がいるなら、その点だけを見直してみてください。愛するということだけが本当は神秘なのかもしれません。それ以外の不可思議なことというのはすべて、無知から来ているだけなのです。

未知への好奇心はもちろん、すばらしいものです。しかしその未知の混沌をさえも照らすひかりこそが、叡智であり、すべてを幸福へと導く神です。目的地は未知を開拓して到達するものではなく、そもそもそのすべてに在った大切なものへの気づきこそが私たちにとっての目的だった、ということではないでしょうか。

↓クリックで応援、ありがとうございます。

原点と一歩

前回のブログ、『原点』と題しましたところ、なんとちょうど1000投稿目でした。偶然か、はたまた必然かお導きか。みなさんお付き合いいただきありがとうございます。

また先日22日は夫の39回目のお誕生日でした。彼のお誕生日ブログ、私へのプレゼントのようで嬉しいのでこちらに貼っておきます。よろしければこちらもお付き合いください。
あなたに合った治療法—誕生日

夫が39才の立派な中年の領域に突入するとともに、今年50才の私は夫から早くも初老と呼ばれています。まあ確かに、老眼もひどくなってきたし、先日会った弟からは「わかった、ねえさん髪のボリューム減ったでしょ。うふふ、かわいそう」と温かい笑顔で指摘されました。

もし私が霊性に目覚めていなかったら本気で憂鬱になっていることでしょう。早めに肉体意識から自由になっていたことを本当にありがたく思います。そうは言ってもこの世と魂を体験するためにはとても大切な肉体です。最低限のお世話と敬意はもちろん心がけております。

昨年あたりは50才が近づくにあたって、あと20年くらいがんばれるかな、20年の間に何がどこまでできるんだろう、などと若干気負った思いがありましたが、今日あたりふと「いやいやそうじゃないよ」と気づきがやってきました。「肉体の生命力の減速とともに為せることもだんだん収束していく。それでいい」のだそうです。なんだ、つまりは今までいっぱい乗り越えたり気づいたりしてきたことが集大成化されるなんて幻想を抱いていたんだ。むしろだんだん人生がおまけになっていくんだな、と、今朝がた悟りました。

どっかまで行く必要はまったくない、とわかっているつもりでも、ついつい過去の記憶の延長で気持ちは走っていこうとしていたんだと思います。それが肉体意識の記憶なんですね。

私たちはほおっておくと肉体意識の記憶(潜在意識)が優勢になって、過去の録音テープをいつまでも再生するように今日一日を過ごしてしまいます。それは創造というよりは消費です。

人生を消費するのではなくて創造する、というのは、やりたいことを探してやる、というような欲望を達成する生き方ではなく、ただいつも気づきによって愛と真実を思い出すことなのだと思います。なぜならその本質こそが不滅のものであり、それ以外は過ぎ去るものだからです。

そう言うと愛ってなんですか、と言う問いが聞こえてきそうですが、もし本気でそう思われたらぜひ、ご自身に真剣に問いかけてみてください。そのために瞑想してみてください。その問いには必ず何かしらの返答があるはずです。その答えの主こそが、本当のあなたです。この世で最も親密にするべき友はその存在です。

ブログランキングに参加しています。いつもクリックで応援ありがとうございます。

生きている間に絶対にみつけたいもの

ラマナ・マハルシは「自分を無くすこと」だ、と語る。そしてまた、「世界のことは世界に任せてあなた自身を見なさい」とも言う。

自分を無くすために、多くの人は、他人、周囲を一生懸命見ようとする。自分を忘れて人のために行う、ということをそしようとする。

それが入り口になる人もいる。でもその道を通じて必ず戻ってこなくてはならないところがある。それが真の自己、すなわち内なる神のことだ。

そこに戻ったとき、自分はなく、人もない。また自分は在り、人も在る。その背後にある神だけが実在、となる。

宇宙のすべてを神が創った、と頭で知っていても、この自分をも神が創ったとわからなければ、なにもわかったことにはならない。

この私を神がお創りになった、と日々感じて生きると、私たちはそれをいかに粗末にし、ばかにし、取るに足らないものとし、気に入っていないかがわかる。もっとこうだったら、とか、なんでこうでないのか、と思いながら生きている。

自分の細部にいたるまで、神が創り与えたと理解し、それを知り尽くす努力をすると、他人がわかるようになり、宇宙がわかるようになり、しまいには、その境目にはあまり意味がないとわかる。境目のことを気にするよりも、共有し分かち合うことでしか前進がないということがわかる。

そしてどんな場合でも、自分はその持ち場(自分自身)を通してしか世界に関与できないということもわかる。謙虚になるのだ。

私たちは往々にして、あるがままが気に入らない。自分の、或いは他者の。

どちらにしてもそれは、神の創造物が気に入らないのであり、それは捉え方も付き合い方も扱い方も理解も努力も感じ方も未熟であり不足している。

未熟で不足しているとのは前途洋々であるということだ。伸びしろが大きい。それが多分、今の地球人だと思う。

神を理解する努力をすればいい。神を理解しようとすれば人間も理解できる。

いったいどうやって、というと、神を瞑想することだ。

瞑想というと瞑想のCDを買う人が多いのだけど、そういうのってたいてい、この世しか見ずに作られているからそれなりの波動だ。選ぶなら、本当に瞑想で神に触れた人が作っているものを直覚の導きで選ぶといい。

神を見た人の言葉に触れ、その恩寵にあやかるほうがうんといいのにと私は思う。

CDを使うのはあくまで集中を助けるためであって、もし内なる神を信頼することさえ厭わないなら、いつも神の名を呼び、思い、そこから離れないようにがんばるといいと思う。

時々紹介する話しなんですが、フジ子・ヘミングさんが、演奏中なにを思っているかというと、「かみさま、かみさま、どうかまちがえませんように、たすけてください」とずっと思っているそうなんです。

世界的な才能と腕を持つピアニストが、まちがえませんように、なんてかみさまに祈りながら弾くなんて、誰が想像するでしょう。彼女の著書でそれを読んだとき、うそだ~と思ったのです。

でも今ではそれがわかるようになりました。それが真実だということが。それ以外の努力をし尽して、あとはまちがいさえしなければ、それで演奏は最高なのです。だから、祈るのはそれだけでいい。そしてその祈りを神はちゃんときいてくださる。

それからついでに書きますが、彼女は自分が突然脚光を浴びていい境遇になったのは、昔ネコをたくさん助けたからだと言っています。それも最初、???と感じましたが今ではなるほどと思います。

昔、というのは、貧乏で今日の食べ物に困るような、ジャガイモでおなかを満たすしかない苦しいときに、わずかな糧を自分よりか弱い存在に分けることを厭わなかった、ということなのです。

ですから、物理的には彼女は貧困にあっても、本当は豊かで強く、与える愛に満ちていたということなのです。それが時間を経て、形になって現れたということなのです。

あまりに具現化までの時間が長すぎて「神さま、わたしのことは忘れてしまったのね」と思ったこともありました、ともおっしゃっていました。こちらがそう思っていても「待っておれ、それは必ずあらわれる」というのが神のご意志なのです。


クリックの応援、いつもありがとうございます。