ゴールはあるのか。

47年生きてきて、特におとなになってからは長いこと、社会に対して怒っていたと思う。

私は正義感が強く、繊細で感受性が強く、強気で臆病、誇り高くてひどく自分を卑下していて、短気だけど恐ろしく気が長く(待つことがいいとわかれば永遠にでも待てるような)せっかちでのろま。つまり両極的な性質がいつも私の中にあり、それがどのように出てくるのかは自分でも掴めない。周りからはやんやと言われ、それに傷つき、悲しみ、怒り、孤独を感じ、でも前に進もうとする。自分のことで精一杯なのに、周りのことが気になる。自分のことも解決できていないのに、周囲を解決したい。ごまかせない。嘘がつけない。でも本当のこともなかなか言えない。愛されたいし愛しているつもりなのに伝わらない。自分が好きだけど恐ろしく呪っている。失敗すれば自分を責めるばかり。人間が好きだけど、とてもこわい。嫌われたり非難されたくない。ああはなりたくない。これは嫌い。なりたくないものが多すぎる。でもどうなりたいかははっきりわからない。一応の目安はあるがどうやってなったらいいかはわからない。お手本は有名人ばかり。タレントからイエス・キリストまで。真似てみると壁。自分のこれらの気質が噴出する。苦しむ。何かを探しているがどこのあるのかさえわかならい。理想が高すぎるのか、根本的に自分が存在する事自体が間違っているのか、それともすでに狂っているのか、わからない。

ある頃までの私の内面はこんな感じ。まだまだあるけどきりがないほど。オエッてなります?なったらごめんなさい。でももしそうなら、そしてそれが嫌だったら、それはかえられることを知っておいてほしい。道はあるってことを。私はもうオエってならない。人間だなー、全部。って思う。微笑みを持って見ることができる。愛を持って。そうじゃなければセラピストは続かないと思う。資格がないのではなくて、単純にきつくて続けられない。幸せでいられない。だから人を幸せにできない。

内面と向き合うというのは、具体的に言えばこういう自分の心の声をちゃんと聞くこと。探求するというのはそれをもっと掘り下げてみること。この感覚の奥にある気持ちは?その時自分のハートはどうなってる?体は?どこがどんなふうによじれてる?ひらいてる?かたまってる?感情は?じゃあどうなるといい?どうなりたい?それに邪魔なのはどれ?・・・でも確かにこれは一人でするのは難しい。自分が何をしているのか?自分の内部で。それは確かにいろいろな訓練や識別する力を身に着けていないと混乱する。だから私がいるんだと思っている。果てしない混乱を整頓し、クリアにするのに成功した体験者。しかも簡単にではなく途方も無い手間暇かけ、たくさんの失敗と躓きから何度も何度も立ち上がりながら。

私の時代には今みたいに情報がないから、頼れるのは古本屋さんだけ。新刊は立ち読みして真剣に吟味して狙って、お金をためてから買う。当時スピリチュアルのワークって日本でも特定のところしかやっていなかったし(その中の一つで後に働いたけれど)そういうところは料金もそれなりで、当時の自分には無理だった。私のところにいらしてくださる方も、本を読んだりセミナーへ行ったりして勉強している人がたくさんいる。出来る限り自分でがんばる人たち。私がそうだったから、私を選んでくれる人はそういう人が多い。波長の法則。

ただその時に見落としてしまいがちなのが、本から知識を得てしまうこと。理解したらできた気になってしまうこと。そうではなくて、スピリチュアルのワークは実践しなければ意味がない。機能しない。自分に法則なり原理なり(その根本原理は愛です)を取り入れて自分に付いている枠(これが思い込みというエネルギーでできています。信念とも表現されます。愛にそぐわない価値観、世界観と言ってもいいです。)を外していかなくてはならない。潜在意識から変えるというのはそういうことで、別人になるわけでもコントロールするわけでもなく、ただ習慣化している心の筋肉をほぐし、当たり前になっていた癖に気づいてあげてそれをもういらないねって自分に教えてあげる。そうすると、心の反応の仕方自体が変わってしまう。もっと自由に、柔軟に、あるがままになる。余分な力みがとれて余分な考えをカットできて、とてもエコで優しくなる。すると本来の私たちの基質である愛に近づくことになる。

こうなると冒頭に書いたきつい内面の相は変わります。それは愛とは共存できない性質のものなので、自己意識から去るしかなくなるのです。たとえそれらが心に顔を出したとしても、それは真実味もパワーも持たないので、私はすぐに真実のほうに戻ってくることができます。

真実は人に優しい。優しい世界は真実によって創られます。真実にたどり着くには人間は幻想に惑わされずに前進する必要があります。ここまで来たらもう安心、というエリアは存在します。それはなにかを持つ持ち物によって確保されるものではなく、自分が自己を知ることによってのみ、自分と仲良くすることによってのみ、愛することによってのみみつけることができます。そのエリアで幸せに生きることを、人間は選ぶことができるのです。

人生の目的を知る

自分の人生の目的を知りたいという人は多いと思う。私もそうでした。

見つけ方です。

今、ちょっとだけ勇気出したらできることで、したほうがいいと思うことをやってみることです。ワクワクとか言いますよね。でも、そのアンテナ、皆さんあまり信用できないと思いませんか。ワクワクは絶対ではありません。それは欲望だから、いろんな次元に反応します。エゴに飲まれ、振り回されたり混乱することもよくよくあり得ます。

でも、「本当はしたほうがいいけれど、ちょっと抵抗があること」の場合、抵抗のほうがエゴです。大きな理想を心に掲げても、抵抗があまりに大きければそれを実践するのは困難なので、結局できない自分を裁いて終わってしまいます。自分への攻撃ですね。けれど抵抗をしっかり捉えて感じきることができると、自己意識の浄化ができ、内面のヒーリング(霊的回癒)が進みます。

更に、「ちょっと勇気を出せば実現可能なこと」にチャレンジすれば、自己の枠を広げることになり自分を覆っていたエゴの枠を突破できます。突破されれば心は自己への信頼を作ります。そこには本質からの光が流れこんできます。できたことには感動と感謝が生まれます。これがエネルギーです。コツは、とても小さなことで自己への信頼の実績を築くことです。それで内面のエネルギーというものが発動し、今を構築し、また次のへの橋渡しをしてくれます。

できれば単調な行動というよりも内面的な動機の方に意識を向けてください。良いことをした、という思いではなく、尊いこと、優しいこと、愛あることと「感じられること」が大事です。エネルギーは見えないパワーです。それは人間の場合、心が作り出します。

この積み重ねはやってみると美しく楽しいものです。

抵抗が大きすぎて手に負えない時はナビゲーター(セラピスト・ヒーラー)に手伝ってもらうほうがうんとスムーズだと思います。急いでない、と思う人もいるでしょうが、スムーズな方がいのちにもちきゅうにも魂にとってもエコではあります。私達は自分の内面、心、エネルギーに取り組む時、自身と仲間と世界を同時に助けています。ですから、一人のこととして放って置かないほうが全てに優しいと言えるのです。

その先の幸せにどんどん向かっていいのです。それが、全体への貢献になります。

痛みを持ったまま生きるというのは、もちろん悪ではありませんが、毒を散らしながら生活することと似ています。環境も、家族も、コミュニティーもそれを共有し、混乱して更に防御の壁を厚くしていきます。だんだんとこじれます。こじれていくことで固まって(波動が荒くなって)苦しみが大きくなり、問題が大きくなって人は初めて問題と向き合わざるをえなくなりますが、その時には向き合い方を知らず、またその厚くなった防護壁の奥にある心を感じることは容易ではなくなっています。「自分がなんなのか、何を感じているのか、何を求めているのか」も実感するのが難しくなってしまいます。そうなると「自分の人生の目的がわからない」状態になってしまいます。

いつも自分の心を感じること、自分と仲良くすること。当たり前すぎでおとなになると忘れてしまうことです。でも多くの人がこの、自分と向き合うということをなかなかしていません。もしこの、自分と向き合うことをそれぞれがやってみると、世界が実際に変わるのは簡単です。

ご自身の中の痛みに向き合い取り組みをするのは、愛という行為です。愛を実践するとき、投影である世界は平和を映しだしてくれます。

優しさと強さと

私はとても感受性の強い両親のもとに生まれ、育てられたと思っている。父は役者、声優で、母も女優、モデル、ダンサーで生計を立てており、プロフェッショナルな表現者だった。もう感受性のかたまりと言っていい。

子供の頃には家庭内は世界でありグローバルスタンダードだからわからなかったけれど、とてもユニークに、ある意味自由な思想のもとに私達きょうだいは育てられた。人がどうであろうと、どう言おうと、自分で考え自分で責任を持ち、自分で後悔しないように生きなさい、というのが基本姿勢だったと思う。私は長女でもあり、いい子で賢くて優しい子だったと思うが、独立心も強く、おとなになるまでの間にひと通りの壁にぶつかって生きた。

10歳になった時には、自分を大と人認定した。年が二桁になったのを期に、大人として生きようと決めた。大人として生きるというのはお金を稼ぐとか選挙に行くとかお酒を飲むということではなくて、「人生を意識的に生きる」ということだと認識した。出来る限り意識して、すべてを選択する生き方。

手始めに始めたのは、とにかく感情を全部感じきってみよう、という試みだった。感じたことは流さないで感じきってみる、表現しきってみる、というのが課題だった。それで、10歳から15歳はこれをやりきった。12歳のころなんか、全開だった私にぶっ叩かれたり泣かれたり怒られたりいろいろした周囲の友達、いやだった子もいっぱいいただろうに、でも去年、33年ぶりのクラス会であの時はありがとう、とか、大好きだったよ、とか素晴らしい子だったとみんなに言ってもらえて私は、私のインナーチャイルドは、完璧に癒され、そしてハイヤーセルフと統合されたように思う。

15歳の時に、同級生で頭が抜群に良くおとなびた、教授というあだ名の女の子ととても仲良くなった。教授、で多分狛江2中の同窓生ならわかるだろうな。その子がある日、真剣な面持ちで「オミ(私のあだ名)、オミはもう少し、感じていることを言葉にして説明しなくてはいけないよ。みんなにわかるように。それは優しさなんだよ」と言った。私は、なるほど、それもそうだ、と深く納得して、そうすることにした。これは画期的なことだ。自分が何をどう感じ、そしてそれをどう表現したいか、ということを認識できないとそれはできない。しかしその作業にのめり込むと、今度は極度な分析癖というものが自分についた。常に監視役が自分にくっついているので、解放するのがとても難しくなった。これには解析力とともにものすごい忍耐力も必要だった。自分のことも世界のことも、私はあまりに知らなすぎた。

ただわかっていたのは、自分は優しい人間になりたい、ということ。そして優しくあるためには、強くなくてはならない、ということだった。この思いをはっきり意識したのは13歳の時だったと思う。その思いは紆余曲折を経て今も変わっていない。

母はよく、優しい人が結局苦しむのよ、と言った。その通りだと思う。母も父も、とても優しい人だと思う。共感力がとても強く、敏感で、人間的な洞察や思いやりや愛にあふれていると思う。でも、人生の途上では本当にどうなるのかわからないほど、人間としての道を踏み外して転落してしまうのではと感じられるほど、苦しみの中にいた。私はそこから飛び散る火の粉や刺を全身に食らいながらおとなになった。

その中で学んだのは、優しい人が苦しみに中にいるときどれだけの混乱を引き起こすか、ということだった。彼らはすべてを地獄のストーリーに変えてしまうほどの想像力を持つ。そこから目覚めるのはたやすいことではない。そのストーリーから目覚めるのに必要なのは強さなのだ、と思った。こころとからだがじかに感じる痛みに対して「これは幻想だ。真実ではない」と言えるには強さ、つまり忍耐、冷徹、受容性、理解力など、外界を察知しつつもそれに飲まれない真実であるちからが必要だと悟った。痛みに対して目も心も開きながらなお、それを超えようとするちからが。

私の思う強さというのはそういうものだ。その強さはどのように育つのか、それは、ただ、愛から来る。愛したいと願うとき、私たちは強さを自己の中から見つけ出す。

優しさも強さも相対的なものだ。そこに真理はなくそれは暫定的なものだ。ただ愛だけがすべての相対的な要素に息を吹き込む。私たちはその息吹によって生かされている。