世の中は今

インナーチャイルド②へ行く前に、今日はちょっとしゃべりたいことがあります。

年末に見たウーマンラッシュアワーというコンビの漫才があまりに面白くて痛快だったので、時々動画をチェックしていました。
それまでまったく存在も知らなかったのですが、ネタを作っている村本くんという青年は以前から政治や社会問題に興味があったみたいです。

それで彼がコメンテーターをしている番組をちらっと見たのですが、これがもう、ひどくて、衝撃を受けてしまいました。
想像以上にテレビがひどいんだな、と改めて感じました。

ひどいというのは、村本くんがひどいのではなくて、仕切っているアナウンサーとか他のコメンテーター(t)のやりくちです。
偏見と悪意に満ちた先導、というふうにどうしても見えてしまいます。

あんなものを公共の電波に垂れ流されたらどうしたって人間は知らない間に洗脳されてしまうだろうな、と、暗澹たる気持ちになります。

なかでもものすごく私が気になったことを書きます。

内容というのは、村本青年が「朝まで生テレビ」に出てしゃべったことを、アナウンサーとtが批判しているのですが、要は、村本が尖閣諸島をいらないなどと発言したのは許されない、絶対言っちゃいけない、という言い分です。

いらない、といった発言そのものが言ってはいけないことだ、と、アナウンサーもtも刺すように責めているいるのが伝わってきます。

さらに、私の中ですごくひっかかったのはtのこの発言です。

「村本のあの発言は日本国民全体を深く傷つけた。日本のご先祖様が2000年にわたって、命に代えて守ってきた領土なんだから!!」

なんか、正論ぽくかつ、人道的っぽく、かつ、美しいことを言っているふうに聞こえるように言い切った、という感じで。

日本のご先祖様が命に代えて守ってきた領土。

その言葉に萌えるんだろうか、日本人。

それからずっと考えて、なにがどう引っかかったのか、ようやく自分の中で言葉がみつかりました。

* * *

日本には基本的人権の尊重というものすごく尊い理念がある。

それこそ、数千年にわたる権力者の支配から人民が勝ち取ってきた平等という権利だと思う。
主権は国家ではなく個々の人間にあり、法の下に平等である。

それはあえて言うなら、国家のための利益より、一人の命が尊い、という理念だ。
地球ひとつと人間ひとりのいのちの重さは同じなんだよ、なんていうたとえをちょっと前は普通に聞かされた。
いのちを取られるくらいなら領土なんかいらない、といった村本くんが図らずも、たぶん純粋な思いからした発言はつたないかもしれないけど別にそんな大それたことじゃないと思う。
それは、「領土のために戦争をしてたくさんのいのちを犠牲にするということが正義なのだろうか」という投げかけだったのだろうと、自然に思う。
それは間違いだったよね、と私たちは教わったしそれを信じてきた。

私は、時に肉体のいのちよりももっと大事なものが人間にはあると思うし、普段からそのような発言をしている。
ついこの間も書いたばかりだ。
でもその、時に肉体のいのち以上に尊いものは、たったひとつだけだ。

村本くんがつたないながら、ある意味自分を飾るものや守ることを捨てて挑む姿勢には、そのたったひとつのものの片鱗があると感じられる。

もし私が、2000年にわたってご先祖様たちが命と引き換えに私たちに残してくれたものをして受け取るなら、私はそこから人権の尊重と人間の尊厳を受け取りたい。
彼らの多くが残したかったものは領土じゃない、平和や、人権や、愛だったと感じられる。そうじゃないのだろうか?

愛という目に見えないものを、すべての人が優先していいのだ、それがそれぞれ、すべての人に与えられた最低限であり最上の権利なのだ、と、かたちに残してくれたもの、それが人権だと思う。

そんなこと、みんな肌で感じて、恩恵を受けて、それをもとに信頼を築いて社会や生活が成り立ってきたと思っていた。
今一度私たちはそれを選びなおさなくてはならない時期に来ているのだろう。
ものすごく重大な局面に立っていると改めて思う。

ちむぐくる

みなさん、参議院選挙、お疲れ様でした。
インターネットのおかげで、社会の動きを本当に身近に感じるようになり
また多くの人々の想いに触れることが日常になりました。

今日はfacebookにも上げた文章ですが、とても強く思うことなので
こちらにも記しておきます。
少し書き足しました。

沖縄が何をしてきたのか、私なりに見たことを書きます。

オール沖縄は、集団自決はなかったことにしよう、という教科書問題が持ち上がったとき、
これはいくら何でもいけない、と、県民が結束して立ち上がったとき作られた連帯です。

そして辺野古基地問題で再び連帯しました。

沖縄は変わったのか、そうではないと私は思います。

沖縄では戦争が終わっていません。
本当は、日本では戦争は終わっていません。

ただ多くの市民が忘れている中、沖縄県民はみんなが覚えている。
忘れてはいけない、と知っているのだと思います。

その違いです。

戦争が終わっていないからこそ、再燃させないように、
みんなが見張っています。

このことは20代30代でも、「当たり前ですよね」と言います。

こういったことは多分、ここで本気で暮らしてみないと絶対にわからない。

私の言うことが大げさだと思われるかもしれないけれど、
まったくそんなことはないです。

おじいもおばあも、日常から国会中継見ていて、いつでも政治の話ができます。
夫が尋ねたことに、答えられないおばあはいない。

いつも、考えているからです。心をそこから離さないからです。
そうでないと、油断すると、あれは必ずまた起こると知っているからです。

孫たちのことを思って、
いざという時家から逃げるルートを考え確保しているおじいの話も聞きました。
この話を内地の方に話したとき、
気の毒に、というニュアンスのリアクションをされたことがあり、
そっか、ここで温度が違ってるんだと一瞬自分の中で線を引き直しました。

過去の痛みから過剰反応している気の毒なおじいの話ではないんです。
それはいつでも起こり得るから、台風に備えるように備えている。
孫を生き残らせるための切実な知恵です。
私はここで暮らしていてそう感じました。

三宅洋平さんの演説にもあったけれど、
攻撃されるのであれば、米軍基地が真っ先でしょう。
軍隊が民間人を守ることなどないということを、沖縄の人は普通に知っています。
災害じゃないんです。戦争ですから。

沖縄にはそういう人々の、家族を守りたい、のみならず、
もう二度と、騙されてはいけない、騙されてはいけない、という
気迫と覚悟があります。

沖縄では洗脳によって、つまり騙されたことによって、集団自決が起こりました。
手りゅう弾が足りない家庭では、
きょうだいや親子が刺し合ったり首を絞め合ったりして、
一番大切な人の魂を汚さず守るために、命を手にかけました。

他の命を優先するために、防空壕で自分の赤ちゃんの命を奪ったり、
外へ捨てたりしなくてはなりませんでした。

みなさん、そんなこと今、できますか?
そんな選択を迫られたお母さんはその後生き延びたとして、
それから幸せに生きていくことなんてできるんでしょうか。

だから最も強く戦争の痛みや恐ろしさに直面した方々は、
声を大にして反戦なんて叫べないのです。
正義なんて叫べないんですよ。
平和は正義のためじゃない。
ただ、人間が普通の人間の心を持ち続けるために、
絶対に守らなければならないものなんです。

だから、私たちは最も辛かったその人たちの分も、
言葉にし、伝える必要があると思う。
そのためには理解し、知らなくてはならない。

人権が私たちから奪われるというのは、
そういうことに傷つくことすら悲しむことすら
許されなくなるということなんです。

人間が国の持ち物になり、国家が持ち物を好きに使うということなんです。

これからあと、多分あっという間に、
私たちは国の持ち物にされる方向へ向かうでしょう。
嫌だ、おかしいと言った人が罰せられる世の中があっという間に来ます。
伝えましょう。今ならまだ言える。

戦後初めての選挙での沖縄の投票率、ご存知ですか?
83.64%です。女性はそのとき初めて参政権を得ます。
日本では、沖縄のほうが早かったそうです。
私のおばあちゃんの人生の途中から男女平等になった。
私たちは民主主義のひよっこなんです。

それ以来、沖縄の人はずっと、見守っています。
平和のため、二度と騙されないため、洗脳されないため、です。

だからこそ、その家族の歴史を踏みにじる、
教科書問題で県民は結束したんだと思います。
それを否定されることは、家族をいなかったことにし、
またその死を無意味にすることになります。

選挙の結果が沖縄と本土でこんなにも温度が違うのは、
沖縄がこうして洗脳されなかったためだと、私は理解しています。

洗脳されている、と言われていい気持がする人はいないでしょう。
でも沖縄の風にさらされていると、見えるのです。くっきりと。

聡明な友人、知人が
与えられた教育や情報に洗脳されているのを見るのは辛い。
騙されないで!と叫びたくなる。

私は沖縄へ来て、生まれて初めて政治的マジョリティーを体験しています。
こんな日が来るとは思わなかった。
沖縄の目線で歴史を見てみてください。
同情や罪悪感を振り捨て、真実を教わるつもりで。
なにかヒントがあるかもしれません。

どうかみなさん、どんなことがあっても、
諦めず、大切なものを失わず
悔いのない選択を見極めていきましょう。

個が失われる時代が再びくるとは思いもよりませんでしたが
もう一度、私たちが生きている間にそれを取り戻し、
ブラッシュアップして次世代に手渡してあげたいものです。