究極の天職

自分とはどんな存在だろう、より自分らしい生き方とは、と考え始めるとき
職業について悩む人は多いかもしれない。

「好きなことができていない」ということで
自分はなにか不充分だと感じてしまう。

ワクワクすることをすれば成功する、お金がたくさん稼げるという思想は
スピリチュアルの定番となっている。

確かに、それは自分と向き合うとっかかりになるかもしれない。
人生でそういったチャンスが他になく、疑問も持ったことがない人にとって
それはそれでいい。

しかしとっかかりはあくまでとっかかり。
それは人生の目的でも魂の使命でもなんでもない。

かく言う私も、完全な豊かさを手に入れない限り、
自分は未完成、というような思いを
以前は少なからず持っていた。

完全な豊かさとは、
自分は必要なすべてを持っているということを知っていることだ。
そのことを知らない限り私たちは飢えたおなかを抱えたまま世界をさ迷う。

自分は不完全でいびつで未熟だ。
にきびが治ってほっとしたら今度はしわとシミに悩む。

そんな自分が自分らしく生きるとは、
という問いの答えを手に入れることなんて
本当にできるのだろうか。
すべては謎だった。

「そのままの自分を愛しなさい」
え?では向上心は?探求心は?

自分がこのままでいなくてはならないなんて、
全然しあわせじゃないじゃない。

神は私たちの心を通して、愛という光を私たちに灯す。
私たちはその光に行く手と足元を照らしてもらいながら
ただそれを生きる。

その生のなかで、私たちは変化する。
その愛のなかで、私たちは与え、受け取る。

その中で私たちはそれを実感し体験する。

ライトワーカー、という言葉を初めて知ったとき、
私はそれになりたいと心から思った。
20代の頃のこと。

つい最近になって、
「ライトワーカーって、
スピリチュアルな職業をしている人のことだと思っていました」
と言われました。

ライトワークは、光をもたらす仕事を、
生きることを通してすることです。
行いの中に愛を注ぐことです。
行いに愛を注ぐことが奉仕です。

奉仕は職業に関わりありません。
お金をいただくから奉仕できないわけでも
プロではないから奉仕できないわけでもありません。

職業の中の行いに、或いは職業以外の行いに
愛を注がないなら奉仕はできません。
しかしどんな行いにでも愛を注ぐことはできます。

どんな行きがかり上でも、その仕事に就くということは
縁があります。
適正がまったくないところに人は長くいられないものです。

その縁は誰が与えたのでしょう。
縁は天が与えます。別名、エネルギーの法則です。

天が与えた縁に、まずは奉仕で応えてみてはどうでしょう。

そこで喜びが感じられるのであれば
あなたはライトワークしています。

それは、行うものの喜びなのです。

天は時に、光の申し子であるあなたを
最も暗い場所に派遣することがあります。

あなたがそこで、変わらず光を灯し
愛を注ぐことができれば
それこそがあなたを霊的に格段に成長させる体験となり
霊的に格段に成長したあなたはさらに偉大な奉仕をすることになるでしょう。

その行いこそが、天が与えた仕事、天職なのではないでしょうか。

ブログランキングへのクリック、SNSでのシェア、いいね!で応援、
いつもありがとうございます。

究極の天職

自分とはどんな存在だろう、より自分らしい生き方とは、と考え始めるとき
職業について悩む人は多いかもしれない。

「好きなことができていない」ということで
自分はなにか不充分だと感じてしまう。

ワクワクすることをすれば成功する、お金がたくさん稼げるという思想は
スピリチュアルの定番となっている。

確かに、それは自分と向き合うとっかかりになるかもしれない。
人生でそういったチャンスが他になく、疑問も持ったことがない人にとって
それはそれでいい。

しかしとっかかりはあくまでとっかかり。
それは人生の目的でも魂の使命でもなんでもない。

かく言う私も、完全な豊かさを手に入れない限り、
自分は未完成、というような思いを
以前は少なからず持っていた。

完全な豊かさとは、
自分は必要なすべてを持っているということを知っていることだ。
そのことを知らない限り私たちは飢えたおなかを抱えたまま世界をさ迷う。

自分は不完全でいびつで未熟だ。
にきびが治ってほっとしたら今度はしわとシミに悩む。

そんな自分が自分らしく生きるとは、
という問いの答えを手に入れることなんて
本当にできるのだろうか。
すべては謎だった。

「そのままの自分を愛しなさい」
え?では向上心は?探求心は?

自分がこのままでいなくてはならないなんて、
全然しあわせじゃないじゃない。

神は私たちの心を通して、愛という光を私たちに灯す。
私たちはその光に行く手と足元を照らしてもらいながら
ただそれを生きる。

その生のなかで、私たちは変化する。
その愛のなかで、私たちは与え、受け取る。

その中で私たちはそれを実感し体験する。

ライトワーカー、という言葉を初めて知ったとき、
私はそれになりたいと心から思った。
20代の頃のこと。

つい最近になって、
「ライトワーカーって、
スピリチュアルな職業をしている人のことだと思っていました」
と言われました。

ライトワークは、光をもたらす仕事を、
生きることを通してすることです。
行いの中に愛を注ぐことです。
行いに愛を注ぐことが奉仕です。

奉仕は職業に関わりありません。
お金をいただくから奉仕できないわけでも
プロではないから奉仕できないわけでもありません。

職業の中の行いに、或いは職業以外の行いに
愛を注がないなら奉仕はできません。
しかしどんな行いにでも愛を注ぐことはできます。

どんな行きがかり上でも、その仕事に就くということは
縁があります。
適正がまったくないところに人は長くいられないものです。

その縁は誰が与えたのでしょう。
縁は天が与えます。別名、エネルギーの法則です。

天が与えた縁に、まずは奉仕で応えてみてはどうでしょう。

そこで喜びが感じられるのであれば
あなたはライトワークしています。

それは、行うものの喜びなのです。

天は時に、光の申し子であるあなたを
最も暗い場所に派遣することがあります。

あなたがそこで、変わらず光を灯し
愛を注ぐことができれば
それこそがあなたを霊的に格段に成長させる体験となり
霊的に格段に成長したあなたはさらに偉大な奉仕をすることになるでしょう。

その行いこそが、天が与えた仕事、天職なのではないでしょうか。

ブログランキングへのクリック、SNSでのシェア、いいね!で応援、
いつもありがとうございます。