インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①

インナーチャイルドに取り組んで長い時間が経ちます。

この言葉は昨今とても広まって、ワークをしている方もとても増えた印象です。

 

そんな昨今を見回してみて、もう少しお伝えすべきことがあるなあというのが、今私の中にある思いです。

 

自分を愛すること

自分自身との信頼関係

(自己イメージ、自己肯定、自己評価、自信の有無といわれるものすべて)

ひいては対人関係のすべて

(家族や社会との関係などすべて)

またパートナーシップに

愛と信頼と創造性を見出すことと

インナーチャイルドは

まるごとど真ん中にひとつです。

 

インナーチャイルドを漠然とネガティブなものとお感じ方、

または実際に心の傷や修復すべき課題の部分であると認識なさっている方も多いと思います。

最初の段階ではそれで構わないと思います。

けれど、取り組むうちに必ず問題となってわき上がってくる疑問は

「いったいどこまで癒せばいいの?」

というものだと思います。

 

中には、インナーチャイルドが消えたから終わり、

あるいはインナーチャイルドが大人になったから完了、というような声を伺うことがあります。

 

確かにプロセスの中でそんな変化を通過することもあるかと思います。

 

しかしこの取り組みを一人でやるとなると、全体の航路の地図が必要になります。

さらに地図を持っていたとしても、

地図を見ながら、かじ取りをして、

なおかつ自分の意識という捉えがたいものを向き合って、

しかもハートを開いて感じるなんていうことを一気にやるというのは

至難の業だと言っていいと思います。

 

ハートを開くとはよく言いますがそのためには、

「安心して」「リラックス」し「ゆだねる」という状態が必要です。

 

その時、愛の経路の扉を開くことができます。

 

例えば文章で読んで情報を理解し、自分に当てはめてみる。

自分の頭の中にあるものを文章に書き出してみる。

 

こういったやり方は思考の整理整頓にはなります。

 

でも、多くの場合実は

ハートを開いて感じる、感じきるということにはつながっていません。

 

インナーチャイルドワークをするとき、

変性意識状態、つまり瞑想の波長に入っていることが潜在意識の保護膜をゆるめ、

内部を探索することに対してとても重要になってくるのです。

 

これを自分でするには、瞑想を重ね、

自己意識をある程度自由に行き来できるような鍛錬が必要になってくると思います。

 

今日はここまで。②へと続きます。

瞑想の成果


心理療法 ブログランキングへ
一日一クリックの応援、毎日ありがとうございます。
おかげさまで、少しづつ、新しい出会いがあります。

アズさんは、瞑想や自己浄化をしてきて、今どんなですか?

そうですよね。結果どんなふうになったらOKなの?どうなることが目標なの?と思わないわけがありません。
私は自分との長旅をしているので、道すがら本当にいろいろな局面も体験してきました。

多くの人が期待するであろうような状態を目指していたことももちろんあります。
でも今は、その目的と、おおむねの目標は見えるようになりました。
そして多分、そこからそう大きくぶれることはもうないだろうと思います。
違う何かを求めることはなくなりました。

結果がすべてだ、というのは今も変わっていないところです。
ただし結果、というのは、今のありのままという意味です。

人生の探求は仮説とそれに基づく実証です。
パラマハンサ・ヨガナンダジは「この世は神の実験劇場だ」とおっしゃいましたが、本当にそうだな、と思います。
被実験者でもある私たちは時にその実験の目指すところや意味がわかりません。
しかし私たちの本質は実験者とひとつです。
ですからどれだけ巻き込まれていようと、混乱していようと、まず動きを止めて抵抗をやめ、それから内面を意識すれば、私たちとひとつである実験者の側へ寄り添うことができます。
これが瞑想です。

瞑想は一度に成果を期待するものではありません。
もちろん一回での成果でさえも驚くべきものではありますが。
本質に寄り添う時間と体験を重ね、ついに感情レベルでも思考レベルでも肉体レベルでも、その本質こそが真実なのだと感服するまで、やめないことです。
そうすると、人生の目的というものが見えてきて、もうそれ以上はいらない、ということがわかります。
これは言葉にすると簡単ですが、実際は体験してみないとなかなか納得いかないか、すぐにぶれます。

アズさんは完全なの?と言われると決してそうではないですし、感情や肉体の苦痛も普通にあります。
ありますが、それがなんなのか、今起こっていることがどんなレベルの何であり、何が重要で目指すところはどこか、というようなことを微細に認識し、そしてそれを癒す道は知っています。
また自分ですぐにはできないことも、どのように願い、どのように努力すればいいのかもだいたいわかります。

瞑想は、意識の波長を高めます。
そうすると、単純に言えばものごとの優先順位などが自然にわかるようになります。
ヒーリングを始めると、理解できなかったことが急に理解できたり、頭で理解したことがすとんと腑に落ちたりということがよくあります。
(いつも言いますが、ヒーリングもヒプノも瞑想と同じです。)
人生の質を高めるとは、時間の価値を変えていくことでもあります。