平安が好きですか?

平安、という言葉。

瞑想をするまでまったく興味も好意も持てない言葉だった。

クライアントさんに意識の仕組みをお話していて、平安という言葉を使うと「ああ、いいですねえ」と返されることがよくある。

「平安がいいです。」
そうですか?!では話が早い、と私は思う。実際にそうお答えする。

これは多分、私の母の価値観の影響だと思う。幼少期の激動の戦後体験によっておそらく、強烈なものごとでなければ埋め合わせられないほどの、心の傷を負ったのだろうと推測する。

私は自分の人生と向き合い始めた頃、これはまさしく不幸の連鎖の輪にがっちりとはまっているとわかった。不幸になりたいわけではない。でも幸せそうな香りを嗅いでもうまそうに思えたためしがなかった。

不満と反骨精神、ためと爆発は自分の原動力だった。それらは自分の敏感さからくる繊細さや臆病さを補ってくれる。

100%正直であるためには、全部晒すか全部閉じるかしか方法がなかった。ほどほど、まずまず、なかなか、まあまあ、なあなあなどと、ダメ、との違いが全くわからなかった。それらはダメ、の言い換えに過ぎないとしか感じられなかった。

母が平穏無事という言葉と価値観を軽蔑していたのを覚えている。
「平穏な道と困難な道があったら私は困難な道を選ぼうと、中学生で心に決めたの」と「風と共に去りぬ」のスカーレットのイメージを重ねて私によく語っていた。

そういうものがたりを当たり前のように、良いこととして私は受け取っていた。母のものさしはなによりもクールだと当たり前に思っていたし、そういう母にあっぱれと思ってもらえるような人間になろうと当たり前に思っていた。そしてそれは多分困難な道なんだろうけれど、自分はできると、そう思っていた。

成人して自立して歩き始めたところで私はあっという間につまづいてしまった。その困難にどれだけ全力で立ち向かってもなにひとつうまくいかなかった。うまくやることもできないし、できない自分の姿がみじめでみすぼらしくてとてもじゃないけれど受け入れることができなかった。母の望む、クールでスマートでスケールが大きくて常にトップクラスの自分というイメージはもう自分の中にはひと欠片も見当たらなかった。

そこで過去にみあった自分を諦めて、軌道修正できればどれだけいいか。しかしそこがインナーチャイルドの仕組みである。幼少期に刷り込まれた自己像はそう簡単に変えられない。自分の場合はどちらかと言えば幼少期のできた自分の延長を生きることが自分のミッションだと信じこんでいたので、現状の結果の出せなさとの闘いにしがみついて膠着してしまっていた。自分は親からすばらしい資質を与えられたという自覚がずっとあったので、親にも、家族みんなにも、それから子供の頃の自分にすら申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

ここまで膠着してしまうと、もう何も見えなくなる。見栄えのいい結果を出すこと以外に不幸の連鎖の輪から抜け出す方法はないと思い込んでいる。自分のことしか考えられないのに、自分のことをまるで見ていないのだ。自分の出す結果のほうだけ凝視している。

その結果も、ほどほど、まずまず、なかなか、まあまあ、などというものでは当然ながら許すことができない。ずば抜けるしか、輪を打ち砕く方法はない。平安などという生ぬるい状態は、あっという間に私を不幸の連鎖の輪に引き戻すに違いない。私に必要なのは、曖昧さのない結果だけだと、そう思っていた。

答えのみつからないままもがき続け、どうやらこの延長上に私の求めるものはないのだろうということだけがなんとなくわかってきた。行きたい方角などまるで見えなかったけれど。

平安というものがどうやら最良のものなのだということを受け入れるようになったのはそれから更にずっと後のことだ。平安というのはなにかとなにかの間に存在するぬるいすき間のようなものでは決してない。

それは絶対的な中心であり、なにかとなにかの間にはない。相対的ではなく、他と並列にできるものでも比較できるものでもない。絶対的な中心なのだ。

絶対的な中心には、それだけが存在する。そこへ行ってしまえばその他のことごとは消えてしまう。そうでなければそれは並列に存在できるし、ものごとの合間に存在していることになる。

平安にいるとき、私たちは正気になって目覚めている。真実がわかっている。

真実というのは、実在していないものを無いとわかっているということだ。

実在していないものを無いとわかり、実在しているものをあるとわかっているとき、私たちは安らぐ。だから平安は実在している。恐れているとき、そこに平安は無い。つまりは恐れとは実在ではないのだ。

このことは瞑想だけが教えてくれる。観念のことではなく、実際のことだ。思考には絶対に理解できない。思考を放棄したものだけがそれを知る。瞑想は思考を放棄する。

平安だけがすべてを解決する。その他のものは解決に見せかけたゲームに過ぎない。ゴールしたと思うとスタートラインに立っている。

平安は奇跡を起こす。時間を縮め、緩め、つながるべきをつなげ、手放すべきを解き放ち、闇を照らす。

つまりそれは、神の場をあらわしてる。平安がいいですとおっしゃってくださるみなさんはそのすぐそばにおられると私は思う。

宇宙への扉

「わたしにはまだやれることがあるはず」「きっと別のところに使命があるような気がする」「なにかしたいけれど好きなことがわからない」。
そんなふうに感じるのならきっと、宇宙が、内なる自己があなたを呼んでいる。

使命を職業と同一視している人は多い。
為すべきことを対外的な行いだと信じている人は多い。

好きなことがみつからない。
なにをしたいのかわからない、と悩む方も多い。

いろいろな人のために宇宙はたくさんの扉を用意している。
「ワクワクすることをやりなさい」と、ある存在は言う。
その言葉が独り歩きして、あたかも
「人生の目的はワクワクすることをやること」だと言わんばかり。

ずうっとワクワクしっぱなしでいることが人生の勝利だと受け取られている感がある。

「ワクワクすること」は、宇宙とのチャンネル、つまり内なる神とのコネクションを開くための一つの手掛かり。
ワクワクが難しければ他にもいくらでも扉はある。

しかし扉があるからにはその向こうには目的地がなくてはならない。
「ワクワクすることをやりなさい」の前には「もしあなたが本当のあなたを生きたいなら」という前文がある。
目的は前文のほうだ。

本当のあなたは至福に満ちて、完全に豊かで、あらゆる欲求はすでに叶えられている。
そういうあなたを生きたいならまず・・・。

今はネットが普及して言葉だけの情報が満ち溢れている。
私がほんものを探していたころには手掛かりはわずかしかなかったが、その手の本はほとんど読んだと思う。
古本屋でこつこつ仕入れた書籍を紙袋何十袋に詰めてせっせと古本屋に運ぶ人生だった。
当時は高円寺に住んでいたのでそういう作業はとても簡単だった。

私はある時から、それ以上の情報を必要としなくなった。
それまでの疑問のすべてがつながってしまった。
真実は内側から聴こえてくる。気づきがいつも新しい喜びをもたらしてくれる。
取り組む題材は尽きない。
この世の細部にわたって、本質に紐づけする作業がいくらでもあるからだ。
今はそれが人の役に立つことだとわかっている。充足は循環している。

本当のあなたは、神の一部だ。
だからあなたはすべてを手に入れることができる。

じゃあ、と言って、すべてを手に入れることに人生を費やすだろうか。
思考はやってみたいというかもしれないが、本能はおなかいっぱいだと言うだろう。
魂は、だったらどう生きてみるか、とあなたに問う。

それを選ぶかどうかが意志だ。

あなたは最初から神の子、神の一部だ。
そのあなたが何をどう選ぶか、そしてどう行うか。
あなた自身を、そして同じ神の一部である他者を、どうみなし、どう扱うのか。

それをやってみると決めることが、扉を開けることだ。本当のあなたを生きるという扉。

それを選択したなら、外側から与えられる規範ではなく、内側からくる指針に従わなくてはならない。
内なる指針とのコネクションを開く方法のひとつとして、ワクワクすることを手に取っておこなってみなさい、というメッセージが役に立つ。
やってみたときに、それが導きだとわかるから。
それはひとつのデモンストレーションに過ぎない。

神はあなたにただ、魂の親を思い出してほしいだけだ。
肉体の世界の家族は、愛を思い出すためのひとつのきっかけに過ぎない。
あなたが愛そのものだったことを思い出すために過ぎない。
愛に還る道を選んでもらうための装置に過ぎない。

もしそれを選びたい気持ちがあれば、あなたは今すぐそれを始めることができる。
今すぐ光になること。
今いるそこをただ照らすこと。
今持っているそれに生かすこと。

もし今いるその場所が暗くてもっと明るい場所を求めるなら、あなたが照らす明かりとなりなさい。
どこかを探す必要が無くなる。そこが明るい場所となるから。

最初はひとりぼっちでも、あなたが明かりになれば、その明かりに引き寄せられ、仲間がやってくる。魂の仲間が。
魂の仲間(ソウルメイト)と出会いたいなら、あなたが光を放てばいい。

それが愛するということだ。

人生の目的はただ愛すること。
内側にある光を惜しみなく輝かせる。
それにはなにもいらない。
あなた自身とあなたの意志以外は。

あなたに今あるもの、それはすべて神があなたに与えたものだ。
そのすべてを使って、そのために自分をよく知って、今そこから始めればいい。

あなたに与えられた半径数メートル、あるいは数十センチから。
今までいのちを与えられ続けたそのからだから。その意識から。

私たちは意識だ。神は意識の源。
そこに戻ることさえできればそこにはすべてがある。

すべての人に用意されているギフト

私自身にとって、真の救いとは、すべての人が多種多様な側面を持ちながらもまったく同じ存在であるというところだ。内なる神について話すのは、それがすべての人のものでありひとつであるからだ。

パラマハンサ・ヨガナンダに圧倒的に惹かれるところは、師がそのことを世に、ひとりひとりに伝えることに人生をかけた人だからだ。

ヨガナンダが宗教という言葉を使ったとしても、それは既存の意味とは違っている。また彼が教祖のように見えてもそれも違っている。

彼は「私は私の中に神をみつけました。あなたにもそれができます。やってごらんなさい」と常に私たちに呼びかける。私を敬いなさいとは決して言わない。「私が神を愛するように、あなたも神を愛してごらんなさい。神は私に応えてくださったようにあなたにも応えてくださいます。私は幸せです。あなたもにもなれます。」と言う。彼は人類への奉仕者であり、仕えられる存在ではない。

私は暗闇の中にいたころ、そのように言える人になりたいと心から願った。まだ自分の中に神がいることすら知らなかったときから。その願いが伝わり、私はそっと導かれ続けたのだと思う。

そっと過ぎて、長い間私はそのことに気づいていなかったが。

内なる神の話をし、それを信頼する生き方を始めても、自分がすぐにその神の真実を知ることはできない。どうにか自己の中の神を信頼しかけても、今度は、他者の中の神をみつけることへの壁が来る。

しばしば起こることだが、「私には神がいます。あの人には本当にいますか?(ちょっと信じがたい)」「私にもあの人にも神がいます。でもその神は別々の神です。」という認識が、無意識に自分の中に生きている。

もしその神が別々の神なのだとしたら、それは神ではない。それこそが悪魔と言われるものなのかもしれない。

神が分離していて対立したり、利害のために対立するものを後押ししたり、或いは罪を罰したりする存在であるなら、それはただ、人間のエゴの想念が拡大したものだと思う。(なるほど、それはやはり悪魔かもしれない)

内なる神とは、意識という本質のなかの最高次元の場のことも言える。それはすべてをひとつにする。対立するものの存在しない次元だ。

それを私たちが求めることに意味がある。

神が別々であるということはあり得ない。だから神なのだ。

だから、私たちはどのような壁からも解放されることが可能なのだ。

この世はない。神はある。

エゴは別々である。しかしそれは過ぎ去る幻想である。神は永遠に、無限にある。

それだから、私たちはすべてを超えて、わかり合うことができ、赦すことができ、ひとつになることができる。

それが、宇宙という生命を包括する。拡大し続けるという不可思議な活動を可能にする。

そしてそのことだけが、私の心に平安を与える。

分離、対立、偏った考え、利己的な思い、私欲は、私たちを刺激し駆り立てる。それを生命の営みというならこの世は地獄。天国はその対極ではなく、それを拒否するところに存在する。

どうしようもなくわかり合えないあなたと私の神はひとつである。その神は求めることにより与えられる。

私は求める。それがどうにも見えてこないゴールであっても。それに悲しみや苛立ちを感じることを私は私に許そう。

そしてその悲しみや苛立ちのすべてを神に捧げる。小さき私に神は喜んで慈悲と慰めを与えてくれるだろう。

無条件の愛とはそういった寛容のことだ。

神は寛容である。神はあなたの小さな間違いにいちいち罰を与えるどころか、その間違いをすべて赦し、余りあるほどに与える。

私たちがこの世の法則によって利益を求めるのか、神そのものを求めるのか、ただそれだけの違いだ。

多くの人が神からのご褒美を待っている。あるいは罰を恐れている。そのこと自体が神への誤解だと思う。神はただ、愛されることを待っている。あなたが愛することによって、神は応えることができる。神は愛そのものだから。

私たちの問題の答えは、愛すること、愛し始めることによって、すべて解決される、というのが私の中に与えられた答えだ。その答えをひとつひとつ実践すること、それが人生なのだとわかった。

過去に抱いた幻想から、私は愛をなにか別のものと錯覚している。その錯覚から覚め、現実に戻る道。それが神とともに生きることなのだと思っている。