インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと③

私の心の中にいるちいさな私は、
あるものを握りしめ、絶対に離したくないと思っています。
離すと思うだけでもとっても嫌な気持ちです。

でもおとなの私はそれをなんとかして離してほしい。

おとなの私にはわかっている。
その手に握りしめたそれは、私の人生にとっては重要ではないと。

むしろその手が離さないことで、
その手は使えないし、
新しいもっと大事なものを受け取れないと。

でもおとなの私は忘れている。

その子にとってそれがどれくらい大きくて重たくて
それをぎゅっと握りしめていなくては
それを落っことしてしまうかもしれないし
振り回されてしまうかもしれないし

自分がしっかり握っている以外
他に解決の方法もみつからない、と感じていたことを。

私が忘れていると、ちいさい私が暴れます。
するとわたしはこうなります。

心がもやもや。落ち着かない。

そわそわ、焦る。

イライラ、周囲にかちんとくる。

寂しい。疲れる。なにかが足りてない気がする。

他にもっと、道があるんじゃないか。

もっとできることがあるはず。

頭がぐるぐる堂々巡り。

で、何かを探し始める。

自分のスキルをあげたり、
自分の外見をもっときれいにしたくなったり、
もっと完璧になりたくなったり。

服や持ち物にこだわったり、
断捨離したくなったり。

もっとすごい自分になりたくなる。
誰が見てもわかるくらい、ちゃんと認めてもらえるように。

するとちいさな私のことは
なるべく感じないように放っておいたほうがよいと思える。
実際忘れていることもしばしば。

結局なにかを手に入れても寂しさは変わらない。

これはきっと、インナーチャイルドの問題。
自分の中にはなにか大変なものが隠れている。
そう気づいて、
どうすればいいか、考えてみる。
やってみる。

考えれば考えるほど、私は賢くもっとおとなになっていく。
やればやるほど、どんどんいろいろなことがわかってきて
わかればわかるほど、できていない自分が見えてくる。

できていない自分。

そんなとき、本当に必要なものはなんなのか?
愛です、と言われたら、自分は愛が足りない人間だと思うでしょう?

私はたぶん、そこでぐるぐる10年、いやもっとだな。もっともっと、迷ったんです。

他人のことなら思い切り思いやれるあなたでも、
自分の中にある幼子のような心に寄り添うのは難しい。
そんなこと、わかりきってるでしょう、という思いが
ちいさい私の声を遠ざける。

子供のころ、家族の中でおとなの役をやるのに慣れている人はなおさら、
その声を聴くのは難しい。

だから、アダルトチャイルドは、そこで思い切り躓くし
敏感な子供も頭の良い子もしかり。

でも、心は感じたすべてを記憶している。
時間が過ぎ、環境が変わり、あなたが通り過ぎたことでも。

おとなになって、今の自分が好きでないと
ちいさい私の声をよく聞いてあげることは難しい。
自分の人生が好きじゃないのはその子のせいでもあるから。

だから、インナーチャイルドと直に向き合うには準備がいる。
その子にありがとう、ごめんね、を言うための準備が。
大丈夫だよ、って言ってあげられる準備が。

ちいさい私が握りしめてきたものが
たとえ取るに足らないものであっても
その子がなにかのために、誰かのために、

一生懸命握りしめ続けてきた気持ちを
ちゃんと受け取ってあげられたら

その子は満足して、安心して、手を広げられるのです。

そんなもの、もういらないのよ、なぜならね、
それには意味がないのよ、価値がないのよ、
あなたがしているのはそういうことなのよ。

ちいさい私が知りたいのはそんなことではないのです。

気持ちに気づいて、一緒に、感じてくれるかどうか。
一緒に、背負ってくれるかどうか。

それでその子は赦され救われます。
その役目を降りることができます。

それは自己肯定そのものだし、
そこには愛が実在する。

その愛が、あなたを、深い深いあなたという存在を根っこから癒します。

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと②

前々回『インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①』に続く、その②です。

 

さて、それではインナーチャイルドの問題とはなんでしょうか。

 

それを捉えるには、私たちは私たちがなぜ生きるかということを念頭に、あるいは視野に入れないと探求できません。
私たちがどのような存在で、なんのために、どのように生きるか。それが全体の航路の地図なのです。

 

目に見える目印ではなく、内なる指針として、その地図は私たちの内部、つまり心の領域に示されます。
そのエネルギーが作り出すアイディアが外側に映し出され、あなたの前にかたちや状況として差し出されるのです。

 

その地図は最初から全部が見わたせるものではなく、ここまで進めば次の部分が視野に入るというように、段階的に現れます。
魂の成長があると次元が上昇し、見える景色が変わるのと同じです。
その時でないと地図は持っていても意味がないしわかりません。かえって誤解を招く無駄なものとなってしまいます。

 

それは、潜在意識のもっと奥の魂(超意識)と潜在意識の中の高次元の部分のコラボレーション(ハイヤーセルフといってもいいかもしれません)における導きといえます。

 

一方潜在意識というのは「生きるために有益」な情報を優位に記憶します。
そしてそれは自動的にサバイバル(肉体が生き抜くこと)を目的に働きます。
危険を避け、安全を無意識的に選んで生命を守るのは、潜在意識の仕事の本分です。

 

私たちが生きる本当の目的(魂の理想)と潜在意識の働き(心と肉体の理想)が一致しているのなら、私たちに葛藤はありません。
潜在意識の本能に任せておけばうまくいきます。
すぐにいかなくても、努力しただけ前に進んでいるとき、人は人生に納得がいくのだと思います。

 

しかしそうでないから私たちの心は苦しみます。
理性の上ではこうありたい、しかし体がついてこない。

夏休みの宿題は早く終わらせて自由に遊びたい。

でも今遊びたい。

今遊びたいから、宿題はあとで友達のを見せてもらってかたづけよう。

でもそんなことをしていたら自分はダメなに人間になってしまうのではないか。

早々に私たちは理想と現実のギャップに苦しみ始めます。
その不条理なギャップを生み出す原因が、意識の仕組みそのものにあります。

 

この点をとっても、人間とはとても不条理な生き物です。
他の生物は、生きるべき時に生き、死すべき時に死にます。
覚者はそのようなあり方を見習うよう諭すことがあります。
しかし同時に人間には「いかに生きるのか」という問いかけが、無意識のその奥から常に呼びかけてくるのです。

 

人間は動物としてただ生きのびるのにあまり有利に作られていません。
暑さ寒さに弱いのを始め、環境に非常に左右されます。
二足歩行のおかげでからだにいつも負担がかかっています。
おかげで道具を使いこなしたり作り出す能力に長けましたが、道具がなければ地球の自然界を自然に生き抜くことができません。

 

潜在意識の記憶力と理論的な思考の協力が、私たちを賢く賢くしました。
次はこんな失敗を避けて、同じ困難がきたら今度はこうしよう。
そうやって長い年月、工夫を重ねて生き抜いてきました。

 

生命を守ってくれる文明の利器がこんにちのように発達するまで、どれだけの受難を乗り越えてきたのだろうと思います。
その成果が今です。

 

同時に今課題となっているのは、私たちが思考の力に頼りきりになってしまっている点です。
いったんアイディアが形になってしまったら、あとは道具を使うことに安住します。

 

そこから私たちは快適さと安全の恩恵を受けます。
それを持続させるために、私たちは安定している必要があります。

 

感情や、生命のリズムの波が邪魔ものになりはじめます。
人間はだんだんと、自分の中にある莫大なエネルギーや神秘性、人間らしい感情やその波による衝突、不調和を避けるようになります。

 

そういった人間の壮大なエネルギーは、体験的な記憶、つまり潜在意識の中にありますが、同時に潜在意識は本能としての安全も求めます。
結果として私たちは、自分の内側の創造性を閉じ込め、本能的安全と、それを優先とする思考ばかり使うようになります。

 

今現代に起こっている様々な、情緒や、優しさ、おもいやりという想像力を欠いた問題は、こう言った人という存在の在り方の偏りがかたちをとって表れているように見えます。

 

そしてさらに、私たちは安心安全というものを、外側から求めることに慣れきってしまっています。
私たちはお金でそれを買えると思っています。
その恩恵は甚大です。
でも、それらを外側から与えられていると信じている間は、本当の安らぎというものはみつかりません。

 

私たちはほとんど、機械に劣っている状態です。
自分の感情、感覚、感じ方、つまりは自分の人生を嫌い、そこから目を背け、外付けの考え方やハウツーを買い求め、それ以前に周囲からの評価や見た目ばかりに気を取られ、機械のように誤作動なく作業できる生産性があることを有能だと自ら評価して、他者のほうが自分より多くを持っていると感じ、それをうらやみ追いかける。
それがおおむね集合的な価値観なのではないでしょうか。

 

インナーチャイルドの問題というのは人間が人間をどのように扱い見なし関係を持つかのかということです。
いかに生きるかというのは、あらゆる存在とどんな関係を結ぶのかということにつきます。
そのあらゆる関係性の根幹にあるのが本来は愛です。
私たちはそれを取り戻す旅をしています。

 

トラウマとか傷とか、ストレスとか病気とか、対人関係の問題というのは根本的な関係性から派生している症状にすぎません。

 

ですから私は心のセラピーを「すべての人のためのもの」であると認識しています。
不運で、恵まれない、気の毒な、何かが欠如した人のためのものと考えたことは一度もありません。

 

気づいて自ら外側ではなく内側を探し始めた人は、遅かれ早かれほんものの光と安らぎを見つけます。
平安とはぼんやりしたものではありません。
永遠に透明な器にあふれるほど光が盛られたような状態です。

 

それを内側に探し始めると同時に、あなたが世界を照らす光となります。
あなたはその光の器として、しがらみ上の役割ではなく、魂としての使命を生き始めます。

 

次回に続きます。

インナーチャイルドについて、伝えておきたいこと①

インナーチャイルドに取り組んで長い時間が経ちます。

この言葉は昨今とても広まって、ワークをしている方もとても増えた印象です。

 

そんな昨今を見回してみて、もう少しお伝えすべきことがあるなあというのが、今私の中にある思いです。

 

自分を愛すること

自分自身との信頼関係

(自己イメージ、自己肯定、自己評価、自信の有無といわれるものすべて)

ひいては対人関係のすべて

(家族や社会との関係などすべて)

またパートナーシップに

愛と信頼と創造性を見出すことと

インナーチャイルドは

まるごとど真ん中にひとつです。

 

インナーチャイルドを漠然とネガティブなものとお感じ方、

または実際に心の傷や修復すべき課題の部分であると認識なさっている方も多いと思います。

最初の段階ではそれで構わないと思います。

けれど、取り組むうちに必ず問題となってわき上がってくる疑問は

「いったいどこまで癒せばいいの?」

というものだと思います。

 

中には、インナーチャイルドが消えたから終わり、

あるいはインナーチャイルドが大人になったから完了、というような声を伺うことがあります。

 

確かにプロセスの中でそんな変化を通過することもあるかと思います。

 

しかしこの取り組みを一人でやるとなると、全体の航路の地図が必要になります。

さらに地図を持っていたとしても、

地図を見ながら、かじ取りをして、

なおかつ自分の意識という捉えがたいものを向き合って、

しかもハートを開いて感じるなんていうことを一気にやるというのは

至難の業だと言っていいと思います。

 

ハートを開くとはよく言いますがそのためには、

「安心して」「リラックス」し「ゆだねる」という状態が必要です。

 

その時、愛の経路の扉を開くことができます。

 

例えば文章で読んで情報を理解し、自分に当てはめてみる。

自分の頭の中にあるものを文章に書き出してみる。

 

こういったやり方は思考の整理整頓にはなります。

 

でも、多くの場合実は

ハートを開いて感じる、感じきるということにはつながっていません。

 

インナーチャイルドワークをするとき、

変性意識状態、つまり瞑想の波長に入っていることが潜在意識の保護膜をゆるめ、

内部を探索することに対してとても重要になってくるのです。

 

これを自分でするには、瞑想を重ね、

自己意識をある程度自由に行き来できるような鍛錬が必要になってくると思います。

 

今日はここまで。②へと続きます。