癒されるべきものはなにか

あなたがいったん自己の癒しに取り組み始めると、世界は逆転を始めます。癒しというのは修復ではなく、魂の前進です。

多くの方が、癒しはトラウマや失恋やストレス、家族問題、人間関係の不和、病気、人生が思うようにいかない、などに対して必要だと感じていることと思います。しかし本当に癒されるべきなのは、あなたの内にある『刷り込み』された誤った価値観です。

過去の体験による刷り込みは私たちに『学び』をもたらします。その学びが潜在意識に刷り込まれていきます。私たちがもっとも多くを学ぶのが0才から3歳と言われています。ですから私たちはほとんど吟味しないまま多くを身に着け、そのまま大人になっても吟味されない価値観をもとに世界を推し測るのです。

大人になってもそれを修正する機会はもちろん与えられます。しかし元々持っている価値観がすべての基準になっていますので、それを自分で修正するのはとても難しいのです。さらに潜在意識には、過去世から持ち越してきた価値観も刷り込まれていて、やはりそれが『普通』になっています。ですからそれらを問題として捉えるのは難しいことです。

一番わかりやすい修正の機会は、ものごとが破局したり文字通り地面が崩れ落ちるような、世界観そのものをくつがえすような体験をした時です。大失恋とか、破産とか、大事故とか、大病とか。ですがその時には多くの方が状況への対処に追われてしまうので、まさか必要なのは癒しだなんて、ほとんどの人は気づかないのではないでしょうか。

直観や直覚の優れた、霊的な徳(良いカルマ)を持つわずかな人が、「もしかしたら問題もそれを解く鍵も、私のなかにあるのかもしれない。必要なのは内面のエネルギー(意識)を見直すことかもしれない。」と、導きをキャッチして、探求するところへと辿り着かれるということなんだなーと昨今の私は思います。

かくして私も導きをキャッチできたことを今では自分に感謝しております。いえ、ほとんどそれは目をつむったまま手に触れた何かを掴んだ感覚に近いものでしたが。それでもあの時のあの状況からしたら上出来だったと心底思えます。

いったん癒しへの取り組みが始まっても、明確な方向性や全体像が見えたわけではありません。すべてが手探りでした。手探りだったからこそ、手に触れたものを必死でしっかり掴んだのだと思います。もしもっと何かが見えていたとすれば、手を抜くか、興味を失うことだってあり得たと思うのです。

多くの皆さんが私に寄せてくださるたくさんのご質問に私はお答えし続けてきました。いつもお答えできるのは、そんな風に私自身が通り抜けて来た道であるからに他なりません。最初から明るい道しるべなどまったくありませんでした。だからこそ私は、ひとつのしるしも見失うまいと目を凝らし全力で試したのです。試すと書きましたのはまさに、良きことと感じられるというしるしをみつけ、行うこと、自分に施すことだけが本当に重要だからなのです。

癒しに取り組む道のさなかに、多くの皆さんがお感じになるように私も「なぜ自分だけがこんなことに人生を費やさなくてはならないのだろう。みんなが自分の人生を謳歌しているというのに。」というような気持ちを感じました。

その答えが冒頭に書きましたように、「癒しは修復ではなく魂の前進である」なのです。正確には、修復されるべきものはあります。それが『誤った価値観』です。

つまり癒しに疑念を持つ間、私は癒される必要があったのです。癒されてくると『私たちにはただ前進という変化があるだけ』だという真実が理解できるようになります。

癒されないうちは、私たちの世界には前進や後退や停滞があり、被害者と加害者がいて、勝者と敗者が存在し、成功者と敗北者と、支配者と被支配者がいます。癒しが進むとそれらは単なる現象や状況や側面だということが理解できるようになり、それらは外側にいるのではなく、内側にあるのだとわかるのです。そして人生はそれらの状況を体験しながら常に気づき、前進するために存在しているのだと悟るのです。

繰り返しますが、あなたが修復される必要はありません。あなたが損なわれることはないのですから。あなたが誤って身に着けている価値観だけが修復されるよう、内なる神とあなたの心の白日の光のもとにあなた自身を差し出すことが必要です。

あなたが被害者や加害者であるという、勝者や敗者であるという、眼前を覆う闇をはらう決意をすることです。しかし闇が完全にはらわれるまで何かを待つ必要はありません。あなたがあなたらしくあるというその人生を毎日踏みしめて歩けばいいのです。その行い(体験)こそがあなたを芯から強くし、美しく花咲かせるパワーになるからです。

毎日、毎瞬、精いっぱいのあなたらしく咲いてください。その今の連続が人生であり、その今が次の今にパワーを呼び込むのです。


クリックの応援いつもありがとうございます!よろしくお願いします^^

アセンション、そしてその具現化

いつもAZU WORLDを読んでくださるみなさん、本当にありがとうございます。face bookやTwitter、mixiなどではつぶやいたり情報を上げたりしてきたのですが、今日はここに書きたいと思います。

私は特に自分の今世の目的ってなんだろう?と考えていません。人間の魂の目的というのがひとつしかないということがわかったからです。人間にはこの世でその体験をどのように進めていくかというざっとの計画があるだけです。

けれど今まで歩んできた道を丁寧に振り返ってみて、こんなことしてたんだな、とか、この時はわからなかったけどこっちへ向かってきたんだ、とか、後にこのことをわかるには絶対この経験は外せなかったね、など、私が意識する以上に明確に、緻密に、すべては偶然(行き当たりばったり)ではなかったと納得せざるを得ないような、導きとしか言えないような地図を魂はやはり持っていることも知っています。

今やっていることを通してあるいはやっていないことを通して、私の魂は何を体験したがっているのか、何に強く惹きつけられるのかと改めてさらってみると、私は本当の平和、愛によって成り立っている世界を体験するべく進められてきているとわかります。

私は10余年前にヒプノセラピストという仕事を始めてから、いや、そうではなく30歳になって否応なく出かけていった世界で、インディゴチルドレンと呼ばれる新しい魂のことを知りました。知識で知ったのではなく、彼らが私めがけてどんどんやってくるという出会いを体験しました。

彼らは一様に優しく潔癖で傷つきやすく誇り高く素直で率直で創造的で、愛というエネルギーで動く、とてもわかりやすい人種のように私には認識されました。出会う彼らはたいてい傷ついていました。社会に、親に、自分であることに。けれどその皮の一枚奥には眩しいような光を放っていました。私は彼らといると非常に安心で、自由で、また、自分の価値を感じることもできました。私は彼らにとても愛されました。

セラピストを生業とするようになると、彼らがこれまで多く地球にやってきている魂とは異質の、とても波動の軽い、そして愛によって平和の世界を創るために来ている魂だということを知りました。彼らは一様に人間のエゴに悩んでいましたが、それを自分のエゴだと思い込み、自分になにか欠点があるに違いないと信じ込んでいました。もちろん彼らにもエゴがあります。でもそれはそんなに根深い重たい想念で構築されているものではありませんでした。ただ、世界を眺めていて自分の立ち位置がよく掴めずに、自分の価値を見いだせずにいたような感じです。彼らはただ、自分が何者なのかを思い出したかったのです。

セラピストを始めた当時、彼らは社会人になりたての頃でした。私に会って話すと、彼らはとても元気になってくれました。彼らは個人的な欲求を満たすための欲望があまり強くないため、自分には古い時代の人のようなバイタリティーや根性がないと感じていましたが、彼らの魂が息を吹き返すような、自分の欲求を思い出せるような種を私は持っていました。それが、世界の平和です。

私は自分自身も彼らの仲間かもしれないと、もちろん考えました。ですが彼らの特徴と私では若干違う面もあります。次第に私は「彼らが地上で存分にちからを出してミッションを行えるような準備をするために来た」と思うようになりました。だからといって自分が犠牲になったりそれらしい役割を演じることは全く必要ありませんでしたが。私がすべきことは「彼らが見習えるように、出来る限り自分のままで生きて、存分に自由にそしてありのままで幸せに生きることができることをやってみせてあげることだけ」でした。しかしこのミッションはおわかりのように、そう簡単ではありません。ただ私の人生を振り返れば、私が意図しようが望もうが努力しようが、成ることと成らないことがあり、このミッションに即したときだけそれは機能し、スムーズで抵抗なく進み、幸せに満たされるということがだんだんとわかってきました。

私は次第に、世界が愛中心に回っているという世界を生きているうちに、目の黒いうちに見たいと願うようになりました。そしてそのことを追求すればするほどに、人間は自己意識(潜在意識)の中にある痛みを癒し、恐れを克服していく必要があるとわかるようになりました。そうしなければ人間は真実を観ることができません。それがどのレベル(次元)であっても、恐れにとらわれ痛みを抱えていては真実に触れることができないのです。それは分厚い防護服越しに愛撫するような感じです。いやでしょ。(笑)

さて、若きインディゴちゃんたちが押し寄せて会いに来てくれる中で私は思いました。彼らが社会の中枢の世代になるころには世界は変わっている、と。でもそれには、彼らが自分を癒し、癒し方を覚え、そして自分が何者なのかを思い出さなくてはならない。人間力を身につけ生きていけるだけの訓練も積まなくてはならない、と。私はおとなになってからだいたい10年以上地に潜伏しました。その間に「人間力をつけるんだ、超能力じゃなくて、才能でもなくて、人間力を鍛えなくては」と思い続けました。自分に足りないのはそこなんだとわかったからです。そうやってインディゴちゃんが育つのを待ち、あるいは助け合いました。

私の内面の世界が信じられないほどクリアになってくると、これまでのいろいろなパーツのあらゆる混乱が解けて見えました。そして、私の魂が何のためにこんなにも苦しい中を生き延びて(本当にただ生き延びることだけに集中して生き延びた時期もあります)来たか、どこへ向かっているのか全く見えない闇を彷徨いながらも向かっていたところがどこだったのか、わかりました。

その目標とも言える超越的な世界をこの世的に具体的に表してみるのなら、それは世界から戦争が消滅した世界のその後、です。すべてのいのちが平等に、神を宿す肉体として尊ばれる世界です。自由で、それぞれが自主的に愛を表現することで共生し循環する世界です。

多くの人が、世の中が変わらないのは政治が変わらないからだと言いましたが、私は政治が変わるのは最後だよ、とよく言いました。この宇宙の原則は「意識が先」です。その変化が政治に表れた時にはすでに世界(意識)の大多数は変わっている、と観ることができるからです。だから、自分の意識を変えるんだよ、変えるというのは、既存の、当然と思われている不条理に気づき解体するんだよ、手放すんだよ、自由になることなんだよ、ということです。そしてそういう自分のあるがままを生きてそれが示されれば、世界は変わるんだよ。そうしたらそれに合ったシステムが必要になるでしょ、その時に政治の概念が変わり、本当に必要なものに置き換えられるでしょう、と、思っていたのです。

そして、その時が、今来たのです。

待っているうちは長かった。次第に待つことも忘れ、自分のできることすべきことに没頭して、ただ今に感謝するようになっていたら、それが来ました。

その時が来たということが、今回参議院選挙に、三宅洋平という人が立候補したのを見た時わかりました。

私の近しい友人たちが「魂が震えた」と言っているのを聞いて私はある映像を見ました。彼らの感性がそう言うのってどんなんだろうと思った、純粋な興味でした。そして見ているうちに自分も震えていました。それらの映像は別枠でいくつかアップしています。どうか、見てください。見て感じてみてください。私の言葉を理解し好んでくださる皆さんであればきっと何か感じていただけるのではと思います。

人は痛みがあると真実を観られないと言いました。ですが、どんな痛みや恐れがあっても、魂は愛に惹きつけられます。どんなに観ないように感じないようにふさいでいても、僅かな隙間から愛の波動をキャッチしてそちらへ惹きつけられるのが魂です。だから魂は愛に震えるのです。

政治に愛をもたらし、愛によって世界を変えるんだ、と公言し、世界から戦争がなくなる方法をみんなで見つけてそれをやろう、その代表として俺を国政に送り出してくれ、と言っているスピリチュアルで勇敢な、知性と創造性にあふれた、そして人間力の訓練を積んだ魂がとうとう政界の扉を開こうとしています。

彼を見た時、私は「私もとうとうここまで来た」と自分にありがとうをしました。彼は私の意識の世界から現れた鏡だからです。どうかみなさんも鏡を見てください。そして、世界に光をもたらしたご自身の努力をねぎらい、そしてそこから次の一歩を踏み出してください。

アセンションしたみなさん、できなかったと思っているみなさん、そんなものはなかったと思っているみなさん

アセンション以来、次元の上昇をとても身近に感じているこの頃です。がっかりしたり気が抜けたり戸惑っている方も多いかもしれません。私たちはアセンションというイベントに関係なく、拡大し続ける意識です。この拡大、進歩、進化と呼ばれるような現象は、私たちの3次元という視野から覗き込み「予測」するものとはほとんどの場合ずれています。

どうしたらいいんだろうなにがしたいんだろう、と口になさる方が多くいらっしゃいます。
私たちは3次元社会の中で常に「なにかをしなければならない」と教わってきました。
スピリチュアルとして出回っている教えのほとんどは、なにかをしなさいと教えているかもしれません。
ワクワクすることをしなさい。今この瞬間に実現しなさい。など。
それを3D社会の規範に当てはめて考えてしまうと、自分はまるで自己実現予備軍にいるように感じませんか。

スピリチュアルとは、私たちの存在そのものについて教えています。
それを知ることなしに人生を生きようとすると、私たちは一生なにかを探し回っては手に入れ、失うことを繰り返して終わってしまいます。
スピリチュアルを学ぶということは、そんなことはしなくていいと気づくことです。
どの瞬間もそのように気づき目覚め続けることで私たちはそういった獲得と喪失のゲームというストーリーから解放され、あるがままという悠久の意識を生きることができるようになります。今この瞬間に実現すべきこと、あるいは実現可能なこと、というのはことことだけです。

そのとき、私たちは愛といったいであることができます。

私たちはもちろん生きるためにいろいろなことをしなければなりません。それはあくまで浮世の義務であって、生きる目的ではありません。仕事も自己実現と一般に呼ばれているものもそうです。でもその欲求から離れるのは難しいことです。私たちには常にかきたてられる欲求があり、その欲求こそがエネルギーであり、自らの生命力であると認識されています。その認識は本能つまり肉体意識に付随するものです。

ですが、スピリチュアルの教えでは、人間という存在はそれではない、と言います。もちろんです。そうであれば私たちは本能のままに生きればいいですし、欲求のより旺盛な人が他者を踏み台にして社会を構築していけばいいのです。

これを読むと今までの既存の社会はそうだと感じられませんか。そうです。3D社会は本能が旺盛な人が成功するようにできていました。それで、そうでないなにかを感じ求めている人は「生きにくさ」を感じさせられてきました。

愛を愛する人たちは、自己を攻撃し自己を罰し苦しむところから解放されていかなくてはなりません。自分を愛することを始めなくてはなりません。自己実現が社会でうまくいっているから自分を愛するのではなくただ、自分の内側に立ち戻って自分の内側の光の当たっていないところに光を当てるだけでいいのです。それが自分と向き合うことであり、自分を愛することであり、今、この瞬間に実現すべきことです。そこからすべては始まります。世界を変えるすべてが。