心のセラピーで体験する真実について

セッションへのお問い合わせで多いのが「どんなことをするんですか」というご質問です。HPにはたくさんのうんちくが述べられていますが、初めての方にとっては「で、そこへ行って何をするの?」というお気持ちは当然のことと思います。

私のセッションは基本的に対話形式です。使うのは言葉とエネルギーです。ヒーリングのセッションは対話よりもエネルギーが主体ですが、マッサージやその他の体への手技や道具などは用いません。リラックスしていただくためにリクライニングの椅子にもたれて足はオットマンの上にあげていただくのが通常ですが、手を触れるのは足の甲と、ごくまれに両肩だけです。

こうやって改めて書いてみるとますます不可思議な感じがしてきました。しかしカウンセリングというのは通常対話だけです。そして催眠療法も言葉だけです。それだけで内的な変化「気づき」を促進することができるのですが、そこにエネルギーヒーリングを取り入れてパワーアップしているようなイメージです。

私自身は芸術的な部分、感受性や感覚が強い部分と、非常に論理的で偏屈なところが混在した人間です。不思議は大好きだけど、すべての奥にある秩序や法則を知ることがもっと好きです。ですのでセッションも当然ながらみなさんが「不思議と思うことが不思議でなくなること」は一つの目的でもあります。スピリチュアルというとなんだか不思議そうなことをさも不思議そうに扱うことのようなイメージが持たれがちですが、本来まったく違います。不思議に見えるのは、奥に流れている原則がわからずに表面化している現象だけ見るからなのです。

どこまでいってもどうしても原則だけで割り切れないものだけが本物の神秘です。読んで字のごとく、神の秘法です。もちろん神の秘法にもその原則があるのですが、それを知るには時間と距離に縛られた私たちの頭には解釈ができません。しかし私たちはすでに時間と距離を超えた原則に影響を受け、支配されています。そうです。私たちは3次元世界だけに所属する生き物ではないのです。そもそもそうであるのにそれを理解せず、理解できる3次元の理論だけでものごとを解決しようとすることに無理があるのです。ですから私たちの世界はいつも「問題だらけ」なのです。

私たちが自分という存在の真実を思い出し、その次元に意識の波長を合わせると、私たちの本来のエネルギーが正常に作動し始めます。心も視野も広がり、心身が楽になり始めます。魂と肉体の関係の歪みが戻り、本来の生命力やパワーがあるがままに流れるのです。

そして、本来持っていて使うべくして与えられてきた方法での生き方が可能になります。人間が人間以外の動物の生き方をまねてもお手本にしてもどうしてもうまくいくはずがありません。彼らは本能を最大限に活用して生きますが、私たちは本能のままにいくら進もうとしても理性が邪魔をします。

そう言うと、理性よりも本能を信頼しようと考える人も出てきます。確かに本能が優位な人は、生存する能力に長けています。スピリチュアルな人と「この世での生きづらさ」は現代ではほぼイコールとさえ見られます。

理性というのは単に理論的なのとは違います。私たちの内にある魂の質は、理性の愛です。本能は「奪え」と言っても、理性の愛は「与えよ」と私たちに命ずるのです。私たちを葛藤させるのは元を辿ればこういった本質的な乖離でしょう。

この挑戦は人間の本質的な存在意義とテーマを表していると私は思います。

私たちの魂は人間の肉体に宿ってからこのかた、肉体に従うことを強いられています。肉体の制限に慣れ、肉体の法則を知り、肉体の特性を学ばなくてはなりません。その最初のトレーナーはお母さんです。自分の面倒のみかたはなるだけ手っ取り早くお母さんから盗まなくてはなりません。

ですから潜在意識という「習慣の領域」は人生の最初の3年でおおかたを吸収し基盤を完成させます。これがインナーチャイルドの正体です。

そして身に着けた習慣を生かしてこの世界、社会に適合することを一義として生長します。成人するころにはすっかり「肉体としての自分」こそが自己であると信じ切っています。そしてその自己をゆるぎないものとして確立し、それを生かして生き抜くこと、それがこの世での勝利であるとの価値観を疑いません。一般的には。

しかし、その生きざまと理性の愛はことごとくぶつかることでしょう。無視しても無視しても、その火種が消えることはありません。私たちは愛によってしか本当の関わりはできませんし、つながること、コミュニケーションができません。

いかに自分を愛からそらしてごまかしたところで、それが突き付ける人間の存在としての学びから逃れることはできないのです。

私は今では思います。奪うというゲームはなんとお気楽なものか、と。与えるという本質を生きないで、本当に生きたと言えるのか、と。

多くの人がまだまだ本能をこそ本質だと勘違いしているのだと思います。皮肉なことに、ゲームが洗練されるにつれて、それは顕著になっていくようです。みんなが本能を満たすことに必死です。もっと、本能を刺激してくれ、でないと生きている感じがしないんだ。

しかし、それがあなたの渇きを満たすことは永遠にないでしょう。本当に渇いているのはあなたの中に在る、神だからです。神は、あなたの愛がその本分を発揮することを渇望しています。神の分身であるあなたの魂がその本質に目覚め、神とひとつになるべく始動することを。

あなたがそのことに目覚め、それ以外のことをまずは脇にどけていいという選択をしたとき、あなたの渇きは真の満足を知るでしょう。それは言葉にすれば本当に些細なことかもしれません。かたちにすれば見えないほど小さな事かもしれません。結果として。けれどもあなたの内側の世界は宇宙の前進のらせんが逆転し始めたほどの衝撃なはずです。これはやってみた人だけがわかることです。

私たちは条件やかたちを何一つ変えずとも、絶望から希望の状態に移行することができます。自分で作った牢獄から自分で出るように、自分で作ったルールを自分で変更するように。しかしどの場合も、まず自分がどんな牢獄に閉じ込められれ、どんなルールに縛られているのかを見る必要があるのです。それがどれだけ無意味で滑稽で不要なものかを思い知ればそれを手放すことは本当に容易です。

しかし暗黙のルールの多くは自分の世界に慣れ親しんであたかも自然にそこにあるかのように見えるものです。

私たちが自分を縛っている本能や感覚的な習慣という眠りから、本質である理性の愛に目覚めると、波動が上がります。次元が上昇するのです。理性の愛は、私たちの頭が知っている正しいことなどとは全く違っています。そこは能動的で発展的で喜びに満ちた創造性が支配する世界です。

その時、私たちを縛っていた鎖はもはやその重たい次元での姿を保っていることはできません。それが、問題が問題でなくなる時です。その時心は解き放たれます。一度放たれた心は狭い檻にもはや戻ることができなくなります。果てしない本質への無限の旅が、喜びとともに始まるのです。

「親をゆるさなくても幸せになれる」が生む誤解

「親をゆるさなくても幸せになれる」っていう、セラピーの宣伝文句を見かけてせっかくの機会なので連投します。

このひとことの中にどれだけの誤解がつまっていることでしょう。インナーチャイルドの捉え方すら世間では誤解だらけだというのに・・・。

ではゆるしとは、幸せとは、なんなのでしょうか。ゆるさないとはどんな状況なのでしょうか。

「怒りを手放すことではなく、怒りがあることを認めることが大事」とそこに書いてありました。しかし怒りを手放すことは、怒りがあることを認めなくてはできないのではないでしょうか。ないものを手放すことはできません。手放すことと認めることはひとつです。

また、そこで言う手放すとは、「無くすこと、止めること」となっているイメージです。

「親をゆるさなくても幸せになれる」という文のメッセージは「あなたを不幸にしている原因は親に怒っているから」そして「その怒りを止めれば幸せになれると一般的に言われている」「しかしその怒りを無理やり無くす必要はない」「怒りがあることをむしろ認めればいいのだ」・・・それでは「ゆるし」と「手放す」という言葉がかわいそうです。あまりに誤解を与え過ぎなのではないでしょうか。

「ゆるさないこと」は私たちに不調和をもたらす根底的な要因です。ゆるさないことは私たちの世界に敵を作り、防御を必要とさせます。そこには恐れが存在します。恐れに防御されているところで私たちは愛を感じることができません。

そしてそのことを具体的に見つめ解体していく過程で心は、ゆるさない思いを作り出した体験を遡って見直すプロセスを通ります。その体験は多くの場合、最初の対人関係つまり親との関わりの中でなされ、原型つまりパターンを作ります。

その仕組みを紐解き理解することは親との関係を理解させ、多くの人を親との心理的和解に導いてくれます。そのことによって私たちは、もうそれ以上ゆるさずにいなくてはならないという苦しみから解放されるのです。

繰り返しますが、ゆるさないことこそが心の苦しみなのです。なぜなら愛している状態、愛の中にいる状態が、人間にとっての「自然な」「幸せな」状態だからです。(この点についての考察は前回の記事『愛をつかむ』をご参照ください)

そもそも「不幸の原因は親をゆるさないこと」だという命題そのものが誤解です。私たちを苦しめているのは関係性において自分の中に作られて確立されてしまった心の反応のパターンなのです。

ですから私たちは幸せになるために他者をどうこう思ったり思わないようにしたり好きになったりする必要などありません。私たちはただ、自分を理解することを必要とします。そしてさらに言うなら、関係性の中で傷ついている自分に気づいてあげて、さらに傷ついている自分を長年誤解し切り捨ててきた自分をこそ、ゆるす必要があるのです。

解放までの間に、たまっている感情、こじれてしまうほど膠着している感情と安全に向き合い、感じ切ってあげることはとても重要です。感情はエネルギーです。一度作り出されたものはしっかりとそこに寄り添って燃焼してあげる必要があります。それが「認め」「寄り添い」「感じ切る」作業です。

(ヒプノセラピーでのインナーチャイルドワークは、理解と感情の解放を同時的に行うことができ、その点でとてもパワフルで、癒しのプロセスを非常に早めてくれるものであると言えます。しかしそのメカニズムと役割にも誤解が多いのが現実です。)

「ゆるし」は人間の思考にできることではありません。理論的に整理し結論付けて「許した」ことにしている方にもたくさん出会います。でもゆるしはハートにしかできません。ハートに住んでいる神と、世界に遍在している神がゆるしという愛の世界へとあなたを運んでくれるのです。

あなたにゆるす準備ができたら・・・―それは、もう一人で戦う人生はいやだな、と心底思ったときです―あなたは「ゆるさせてください、どうか」と、宇宙に向けて決意を表明すればいいのです。

冒頭の文の真意はわからないではありません。親をゆるそうとしてあなたはひとりで奮闘する必要はないし、その奮闘こそがますますゆるすことを難しくしています、というのが真実でしょう。あるものをあると認めて向きあいましょうよ、ということなのでしょう。でもそのことが本当は「手放すこと」であり「ゆるし」のプロセスの一部なんです。確かに世の中はキャッチ-であることでしか人目を引けないのかもしれません。

でもそれでも、心を扱う者として私はなるべく本当のことを言いたいし、その想いが言葉に乗ってすべての人のハートに届くものだと私は確信しています。

愛をつかむ

愛って、実感したことも体験したこともない気がします。まったく雲をつかむような感じがして・・・

セッションでいただいた言葉なんですが、「愛」という言葉に対する感じ方は本当に多様で多くの方からいただく疑問でもあります。

私事ですが、だいぶ近年になってから母に「私って結局なにも愛してこなかったのかもしれない」と告白されて衝撃を受けたことがあります。子供にとってはびっくりですよね。え、愛されてなかったのか!(笑)

以前はなるべく神と愛というワードを使わないで説明できるように努めていたこともありましたが、今ではむしろ多用しています。それなしに始まらないという世界の仕組みがよくわかったらです。

愛はすべてです。ゆえに神もすべてです。人間の愛には情や考えが入り込み、そういうつもりはなくてもいつも制限を加えます。でも純粋な愛には制限がありません。

私たちがいくら無垢で愛そのものでいようとしても、そこには必ず恐れという曇りがかぶさっています。私たちはおひさまを直接凝視できません。神とは何か、愛とは何かを考えるというのはおひさまを凝視して正体を確かめようとするのに似ています。ただそれだけを見ても眩しくて目が痛いだけです。

でも、おひさまが照ったときの空気や風や緑や海や街並み、そしてそれらに触れたときの自分の気分や感覚は味わうことができます。優しい、きれい、柔らかい、力強い、新鮮さ、細やかさ、満ちている感じ・・・感じ方はさまざまでも、それらが私たちに与えてくれるエネルギーがあります。

また、実際にもっと全体の仕組みを知れば、おひさまなしにわたしたち生命が生きられないということもわかります。おひさまが生きとし生けるものをどのようにして生かしているかというのはただ生まれて生きているだけでは実感しにくいものですが、理解や洞察が深まるほど、世界が奇跡的なつながりのなかで保たれていることがわかります。

しかし宇宙は生物の王国ではありません。無生物と言われるもの、石や土、火が星を作りその星々は一定の秩序の中に暮らしています。無生物のものにもまるで意志があるかのように、始まりと終わりという寿命のなかに生きています。おひさまが源ではなく、さらにすべてを生かしているなにかがそこにあります。わたしたちはそんな世界で暮らしています。

そんな大宇宙があり、私たちのからだのような小宇宙があります。生物無生物に関わらずそこに秩序と法則を生み出し統制している力があります。

それは私たちの思惑が生み出すストーリーや欲求が生み出す必然とは違ったリズムです。自然界に心を合わせると私たちは少し自由になれるかもしれません。しかし私たちは自然界からもらうばかりの生き物ではありません。自然界をリードできるように与えられた知性を持ちます。

知性によって私たちは本能やサバイバルの能力を補ってきたかもしれませんが、それはただ得るために授かった能力ではないのです。それは、全体の仕組みと自分の内側にある仕組みを理解するほどに実感できるようになります。

私たちは自分を知るほどにその能力のパワーと、使い道についてさらに知るようになります。

多くの人が自然という言葉を人間以外の動植物や景色にあてがって使います。しかし、私たちこそが自然です。私たちはすべてとつながっています。そのことを思い出ししっかりとつながり直すことが必要です。

全体を理解するというのはそういうことです。そしてそれとどのようにつきあっていけばいいのか、生きていけばいいのかは、自分を理解することでわかります。

すべての背後にあるもの、それが神でありその息吹である愛です。

ですから私たちが頭で作り出した、経験による推測に過ぎない因果関係よりも圧倒的に、愛の法が大きく強いのです。私がこうすればあの人はこうするだろう、あの人がこうしたから私はこうなってしまった、それが潜在意識の世界、つまり習慣の世界です。

しかし目を開けば、そんな因果律を超越した本物の法則があります。それは本物の自然であり今ここに、そして永遠にそこにあります。