平安が好きですか?

平安、という言葉。

瞑想をするまでまったく興味も好意も持てない言葉だった。

クライアントさんに意識の仕組みをお話していて、平安という言葉を使うと「ああ、いいですねえ」と返されることがよくある。

「平安がいいです。」
そうですか?!では話が早い、と私は思う。実際にそうお答えする。

これは多分、私の母の価値観の影響だと思う。幼少期の激動の戦後体験によっておそらく、強烈なものごとでなければ埋め合わせられないほどの、心の傷を負ったのだろうと推測する。

私は自分の人生と向き合い始めた頃、これはまさしく不幸の連鎖の輪にがっちりとはまっているとわかった。不幸になりたいわけではない。でも幸せそうな香りを嗅いでもうまそうに思えたためしがなかった。

不満と反骨精神、ためと爆発は自分の原動力だった。それらは自分の敏感さからくる繊細さや臆病さを補ってくれる。

100%正直であるためには、全部晒すか全部閉じるかしか方法がなかった。ほどほど、まずまず、なかなか、まあまあ、なあなあなどと、ダメ、との違いが全くわからなかった。それらはダメ、の言い換えに過ぎないとしか感じられなかった。

母が平穏無事という言葉と価値観を軽蔑していたのを覚えている。
「平穏な道と困難な道があったら私は困難な道を選ぼうと、中学生で心に決めたの」と「風と共に去りぬ」のスカーレットのイメージを重ねて私によく語っていた。

そういうものがたりを当たり前のように、良いこととして私は受け取っていた。母のものさしはなによりもクールだと当たり前に思っていたし、そういう母にあっぱれと思ってもらえるような人間になろうと当たり前に思っていた。そしてそれは多分困難な道なんだろうけれど、自分はできると、そう思っていた。

成人して自立して歩き始めたところで私はあっという間につまづいてしまった。その困難にどれだけ全力で立ち向かってもなにひとつうまくいかなかった。うまくやることもできないし、できない自分の姿がみじめでみすぼらしくてとてもじゃないけれど受け入れることができなかった。母の望む、クールでスマートでスケールが大きくて常にトップクラスの自分というイメージはもう自分の中にはひと欠片も見当たらなかった。

そこで過去にみあった自分を諦めて、軌道修正できればどれだけいいか。しかしそこがインナーチャイルドの仕組みである。幼少期に刷り込まれた自己像はそう簡単に変えられない。自分の場合はどちらかと言えば幼少期のできた自分の延長を生きることが自分のミッションだと信じこんでいたので、現状の結果の出せなさとの闘いにしがみついて膠着してしまっていた。自分は親からすばらしい資質を与えられたという自覚がずっとあったので、親にも、家族みんなにも、それから子供の頃の自分にすら申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

ここまで膠着してしまうと、もう何も見えなくなる。見栄えのいい結果を出すこと以外に不幸の連鎖の輪から抜け出す方法はないと思い込んでいる。自分のことしか考えられないのに、自分のことをまるで見ていないのだ。自分の出す結果のほうだけ凝視している。

その結果も、ほどほど、まずまず、なかなか、まあまあ、などというものでは当然ながら許すことができない。ずば抜けるしか、輪を打ち砕く方法はない。平安などという生ぬるい状態は、あっという間に私を不幸の連鎖の輪に引き戻すに違いない。私に必要なのは、曖昧さのない結果だけだと、そう思っていた。

答えのみつからないままもがき続け、どうやらこの延長上に私の求めるものはないのだろうということだけがなんとなくわかってきた。行きたい方角などまるで見えなかったけれど。

平安というものがどうやら最良のものなのだということを受け入れるようになったのはそれから更にずっと後のことだ。平安というのはなにかとなにかの間に存在するぬるいすき間のようなものでは決してない。

それは絶対的な中心であり、なにかとなにかの間にはない。相対的ではなく、他と並列にできるものでも比較できるものでもない。絶対的な中心なのだ。

絶対的な中心には、それだけが存在する。そこへ行ってしまえばその他のことごとは消えてしまう。そうでなければそれは並列に存在できるし、ものごとの合間に存在していることになる。

平安にいるとき、私たちは正気になって目覚めている。真実がわかっている。

真実というのは、実在していないものを無いとわかっているということだ。

実在していないものを無いとわかり、実在しているものをあるとわかっているとき、私たちは安らぐ。だから平安は実在している。恐れているとき、そこに平安は無い。つまりは恐れとは実在ではないのだ。

このことは瞑想だけが教えてくれる。観念のことではなく、実際のことだ。思考には絶対に理解できない。思考を放棄したものだけがそれを知る。瞑想は思考を放棄する。

平安だけがすべてを解決する。その他のものは解決に見せかけたゲームに過ぎない。ゴールしたと思うとスタートラインに立っている。

平安は奇跡を起こす。時間を縮め、緩め、つながるべきをつなげ、手放すべきを解き放ち、闇を照らす。

つまりそれは、神の場をあらわしてる。平安がいいですとおっしゃってくださるみなさんはそのすぐそばにおられると私は思う。

「世界は内面の投影」を解く

ACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)の公式本である『奇跡講座』を愛読しています。テキスト編、ワークブック編、マニュアル編とあり、膨大な容量ですが、どのページを開いても同じことが幾多の側面から言葉にされているように私には読めます。

同じことというのは『真理』のことであると思います。真理について書かれているので、どの側面から切り込んでも結局同じところに着いてしまうのです。

しかし幾多もの側面からというのがミソです。なぜなら私たちはたったひとつの真実を本当にわかるために、幾多もの側面という壁を乗り越えなければならないからです。

さっきひとつの壁を乗り越えたと思ったのに今はもう別の壁に視界を阻まれ、本当のことが見えなくなっています。そうしたらまたその壁を乗り越える。乗り越えるというのは、気づくということです。今とらわれているな、或いは今見ている現実に見えるものはほんものではないな、と。

奇跡講座のどれかをなんとなく手に取って、てきとうにページをめくって目についたところを読む、ということをよくやっています。最近もまた、その一つの壁にどんと当たって目が覚めた気がしました。

そこにはこう書かれていました。

「外側に神がみがいる理由はひとつしかない。それは、内側に神がいるからである。外側の世界はすべて内側の世界の反映であるから。」

(だいぶ意訳になっていますが、同じページをみつけるのはかなり面倒なことなのでご勘弁ください。)追記:ワークブック編レッスン30でした。まさにこれをまるごと転載したいほどの1ページです。

「外側の世界は内側の世界の投影だ」ということも「神は内側に在る」ということも、既に慣れ親しんだ概念である方も多いでしょう。なのになんとなく、神さまは立派な建物や歴史上のステージや高貴な場所には確固として存在しても、自分の中のはまだまだ小さい、弱い、みたいなおかしな感覚を持っていたりしませんか。

外側の神のほうがなんとなくほんものっぽくて偉大っぽくて魅力的なイメージかもしれません。でもほんとうはどこまでもどこまでも、すべては内側に在るのです。神までも。宇宙までも。そして内側にあるもの以上のものはないのです。

例え人類のルーツが宇宙人だったり宇宙から来た存在であったり、またあなたの前世の誰かが宇宙人であったとしても、それが神だというわけではありません。それはあくまで歴史のことです。歴史のすべてに神は在ります。それはあなたの内側に神が在るから。

私はルーツとか歴史を知るのも好きなのですが、神を知るというのはそういう知的な欲求を満たすこととはまったく違うものだなといつも思います。地球では神を語るものがたりとして創世や統治が言われます。地上でのそういった権威や権力が神になぞらえられるのはきっと、人間にそのような理解力しかなかったからなのではないかと想像します。神はその王国を地上にではなく、もっと高次元の場に築きました。私たちの意識という場に。

ロック!をめぐる雑文

2日くらい前にたまたまYouTubeで「はっぴいえんど」の動画を見た。その少し前には「ムッシュかまやつ」周辺とスパイダース関連の動画で「日本のロックはここから始まった」と言われていたが、はっぴいえんどもそう言われていた。

私は1966年に生まれた。66年生まれには少しだけ思い入れがある。

まず、この年は60年に一度の丙午(ひのえうま)という干支にあたる。この年に生まれた女性は気性が激しく夫を食い殺すという言い伝えから出生率が前後の4分の3ほどになっている。だから子供の頃はなんとなくゆとりで育っている。受験戦争のさなかにあって実際なんとなくのんびりしていたし、競争が苦手で個人主義的な仲間が多かった。

1966年はまた、人気絶頂のビートルズが来日した年として有名だ。後にも先にもビートルズが来日したのはこの時だけだ。私たちは圧倒的な迷信をものともしない両親の意志とロックの新しい風と共に地球にやってきた。なんてね。

だからと言って音楽の中で特にロックを意識したことはない。ものごころつく頃にはロックは音楽のジャンルの一つとして認識されていたし、7~80年代はアイドルと歌謡曲が花盛りだった。そして何より、テレビというスーパースターの全盛期だった。

テレビを好きじゃないなんていう人に出会うこともなかったし、ある時期まではテレビなしの生活を想像するのもこわかったくらいだ。お茶の間の中心にはテレビがあり、その上そのテレビからは四六時中、父の声が流れていた。そう、父の生業はテレビでしゃべることだった。我が家ではテレビはよその家庭以上の地位を占めていたはずだ。

私は歌が好きだった。しゃべり始めるのと同じくらいの時期からマイクに向かって歌っていた。2歳で鼻濁音を使って歌い、3才ではマイクを独占してMCもこなして歌っていた。そういう録音テープが父によって残されている。ピンキーとキラーズの恋の季節(68年)とか、黒猫のタンゴ(69年)なんかを。

父は当時、同人舎プロダクションに所属していた。のちにうちに遊びにきた声優のおじちゃんからよく「美緒ちゃん、事務所のデスクの上でピンキーのふりまね付きで恋の季節をじょうずに歌ってかわいかった、でもそのデスクでおもらししたんだよ」と言われた。幼稚園生の頃にはそんな記憶も忘れていたので「へえ、わたしそんなことしたんだ」と思いながらもう一度レコードを聴いて恋の季節を覚え直したりしていた。

テレビによって与えられる音楽を喜んで受け取り、それらを真似て歌った。私にとっての音楽とは時折父と母が好きでかけている洋楽がほんのちょっとと残りのほとんどを占めるテレビの世界だった。

自分が仕事にしていたジャズは、多分母の影響で耳と心になじんでいるものがベースだ。仕事のためにもちろん多少の掘り起こしをしたけれど、どちらかというと自分が歌いたいもので、歌えるもの、を探すという感じだった。

つまり私にとっての音楽とは、与えられたものに反応しているに過ぎないレベルの世界だった。全体像なんてつかみようがなかったし、つかもうという発想すらなかった。

演劇に関してはちょっと違う。私は一応大学の演劇専攻に通っていた。通っている間は勉強もろくにせずにただ演じたいという欲求をかなえることに必死だった。けれど3年で中退し、その後真剣に演劇を続けていこうと思ったとき、急に知りたくなった。演劇とはなにか、またその成り立ちというものを。それで結構真剣に学校のおさらいをやったのだ。

ポップスのジュリーや映画のショーケンが大好きで、ムッシュかまやつのわが良き友よが好きで、堺正章は西遊記とかでなんとなく好きで、というのはその時々、ばらばらに好きになる場面があってそうなったけれどその人たちの源流がグループサウンズにあることは自分には関係がなかった。その世界は過ぎたものだったから。

細野晴臣はYMOのベースの人という認識しかなかった。中学1年のお昼休みに校内放送でながれたTOKIOとそれを聴きながらお弁当を食べているクラスメイトの顔と教室の空気が忘れられない。

中学に入って合唱コンクールの自由曲の候補にフォークソングを提案してくる同級生にはたいていお兄ちゃん、お姉ちゃんがいて、アイドルではない歌手をよく知っている。今思えば雑誌というものに歌詞とコードが載っているのを見かけたことがある。お兄ちゃんがいる友人のおうちで。

高1の夏休みのバイト先で聴いてちょっと惹かれたナイアガラトライアングルとその後もずっと好きな佐野元春。でも大瀧詠一と細野晴臣のつながりは知らない。

右肩上がりの日本のポップで優雅なテレビCMの多くは大瀧詠一に作られたり歌われたりしていた。

そしてなにより、テレビから絶え間なく流れるヒットソングの中でもとりわけグッとくる詞はほとんどが松本隆という作詞家のものだった。聖子ちゃんの新曲をドキドキしながら心待ちにしたり、妹と一緒に「いいと思ったらやっぱり松本隆か!」なんて子供ながらにテロップの作詞:松本隆に「またやられた!」なんて思ったりしていた。

でも松本隆がいったい何者なのか、まったく知らなかった。

歌番組で森山良子の歌を聴き(ざわわとかそういうののもっとずっと前です)この人の歌い方好きだ~と思ったらムッシュのいとこだったりジャズマンの子女だったりする。

でも依然としてすべては点と点。テレビの世界ではこれはほんものだと言われていたものが明日にはただの売り物になってしまう。売り物は人気が落ちると価値も落ちてとたんに色褪せていく。なんだか昭和のテレビっ子は与えられたもので満足し、飽きたら新しいものをあてがわれ、とっかえひっかえいろんなものに夢中になり、でも本当の価値がなんなのかなかなかよくわからなかったのです。

しかしこんな私も新世紀の文明の利器、パーソナルコンピューターによって、自ら進んで掘り起こすことが可能ということを少しずつ覚えました。

ムッシュかまやつとその周辺のミュージシャンの話、そしてはっぴいえんどのメンツのお話はそれはもう魅力的だ。私が掻き立てられるのは、彼らは音楽の全体像を掌握していて、自分たちがその最先端にいることを自覚していることだ。まだ日本にないものをアンテナを伸ばして掴み、体現する。そこにいながらそれをやっていることを知っているというところなんだと思う。

根掘り葉掘りするうちになんだかちょっと、それまでのほうぼうに点在していた点と点の間がやや埋まり、日本の音楽シーンの流れる雲みたいなのが、私にもちょっと垣間見れた。というか、これまでもや~っとしていた雲の中にいたのにかたちや流れが見えてきてものすごく興奮し、気づいたことを夫に向かってとうとうとしゃべり尽くした。

夫とは10年ひと世代違うので、点と点の話をすると音楽は特に話が合いません。が、全体の雲の話は盛り上がる。これは楽しい。

結局のところ、音楽シーンというのはその世界で生きる人々の人間関係図でした。松本隆と細野晴臣と大瀧詠一は大学生の頃に学校の枠を超えて出会って知り合って仲間になっており、はたちそこそこの男子が時空を超えて愛される音楽を作っている。そのこともすごいですが、その地図が広がったり狭まったり薄まったり濃縮したりの線を描きながら世界が作られています。

太田裕美と松田聖子と寺尾聡と南佳孝と斉藤由貴とマッチと薬師丸ひろ子と桑名正博は同じ人の書いた詩を歌ってそれぞれ多くの人の心に歌を残しています。そう思うと世界はなんだかずっとシンプルです。

私はそれらのヒットソングをよく知っていて今もそらで歌えますが、点の奥に流れるものが見えないと、やっぱり世界は縮まらない。すべてがばらばらに並んでいて、自分との関係性がわからないし、その価値もわからない。それは私が生きるこの世界についてとまったくおんなじなんだなあとつくづく思います。

私たちの生きるこの世界は、意識のエネルギーという雲の中にあります。一見、個々に人がいて、それぞれ独立した脳を持ち、アイデンティティーを持ち、その中にある価値観に従って生きているように見えます。でも私たちは本当は意識のエネルギーの関係性の中に生きています。脳はその横のつながりを感知しています。時には感情といううねりで、時には思念で、そして無意識的な感覚で、またそれよりも深く大きな、愛のエネルギーによって、常にやり取りをしています。

それぞれのエネルギーの特性と作用がわかりさえすれば、この世で人間が引き起こす現象を理解できます。そうすると、その世界とのかかわり方がおのずとわかります。自分をどう扱えばいいか、どう捉えればいいかがわかります。

それはすなわち、自分とは何なのか、自分をいかに生きるか、と同じ意味です。

人間関係を作る元は、自分自身との付き合い方にあります。自分というエネルギーが今何をしているのかに気づくことからその付き合いは始まります。

あてがわれたものに反応している人生から、自ら掘る姿勢への転換は何よりも大事なのだと思います。それはそのまま、潜在意識という混沌の中で夢をみている状態からの目覚めを意味します。難しいことではなくて、自分とは何者だ、という問いにあと半歩踏み込んでみる勇気なのだと思います。

そこにはずっと親密でエキサイティングで広大な平和があります。ぜひナビゲートをご依頼ください。