愛の大きさ

小さなことの中に愛をみつけることができる、という言葉はよく聞くけど
だったらどうなるの?と、以前なら思っていた。
より大きな愛が掴めたり、与えることができるようになるのかしら、というふうに。

より小さなものの中に愛をみつけることは、
たとえべ私のなかに愛をみつけることと同じ。

そして私の中に実在する愛を、すべての者の中に見るのと同じ。

愛には大きさってないんだ。
それは人が見た目に思うこと。

愛は計り知れない。
私の目には、まだまだ掴みきれない。

あるがままの無限をみつけて
それを見失わず
何度も何度も見つけ直す。
そのうちに、すべてがそれとひとつになること、
それだけが目的だった。

ストーリーか、愛か、

波動が高い、波動が低い、

高いのは愛、神、高次元。では低いのは?それは3次元のすべて。

3次元は、時間と空間、そしてストーリーでできている。

ストーリーには始まりと中と終わりがあり、
原因と結果がある。

つまり、地上の物語のすべて。

それは悪いわけではない。
ただ、そこには平安がないだけ。真実がないだけ。
だから幸せもない。

そしてそこには
勝ち負けがあり、優劣があり、価値と無価値があり、順番があり、

過去があり、理由があって、今がある。
今は過去の集大成であり、未来はその延長上のいずれかにある。

今がこうである理由を過去の出来事にみつけ、
過去を裁き、未来に備える。

そこでの最善とは、今を分析し、過去の誤りを挙げ、
過去の反省とともに過ごすことに専念すること。
しかし誤りはまた起こる。
努力ほど報われず、恐れは膨らみ、時間はすり減っていく。

そこに愛や平安が存在できるのか?あると考えるには矛盾がありすぎる。
なのにヒトはその延長上に愛を求める。

ストーリーに愛を組み込み、それを証明したがる。
ストーリーは自分を縛り、他者をそこへ当てはめる。

ちっぽけな枠に愛を、神を、はめ込み、カテゴライズする。
神を矮小化することでヒトは守られず、恐れ苦しむ。

波動を上げるとは、

この、ストーリーのすべてを離脱することだ。
時間と空間を離脱することだ。

すると、ヒトは魂を思い出す。
存在する意識を。ふるさとを、根源を。中心を。

高次元であるヒトは、3次元にはいない。
そのとき、ヒトは、今ここにある。

今ここを3次元内で理解しようとしても不可能。
それは、ヒトの内側にしか存在しない。
外側に今ここなどない。

今にいない限りはあるがままでいられるわけがない。
ストーリー上にいるヒトは、役を演じなくてはならない。
そこにあるがままはない。

内側にいるには、自分の中身をみつける必要がある。
中身とは意識だ。

意識をみつける必要がある。
意識を外から眺めるのはなく
意識の底へ、降りなくてはならない。
降りて、降りて、中心をみつけなくてはならない。

中心をみつけない限り、ヒトは外から中を眺める。
外にいる限り、ヒトはストーリーの流れにいる。

その中心を、宇宙意識と言う。神とも言う。最高次元とも、根源とも言う。

神から私はまる見えだが、私から神は見えない。
だから私は見えないものに祈る。

私のなかにあなたがいることを私に示してください。
私にあなたを感じさせてください。
あなたのご意志を私にわからせてください。
そしてそのように導いてください。
どうぞ私をお使いください。
あなたから逸れないように、
私のなかにあるストーリーをどうぞ手放させてください。
外側に対して自動的に反射してしまうあらゆる本能の選択を
過去のストーリーに基づく予測から
あなたのご意志による選択へと置き換えてください。
私の内側に刷り込まれているあらゆる思い込みによって築かれた価値観を
どうぞ解体し、あなたのものへと置き換えてください。
私は私の小さな枠を解体してくださるよう祈ります。
小さな枠の中にある、古い、学びを終えてしまったエネルギーを手放し
あなたへ明け渡します。
どうぞ、ここへ、住まわれてください。

すると、中心が、私の中へ広がってくれる。

その時、私は、自己の中心を感じることができ
中心から外を眺めることを知る。
外にはストーリーがあり、
自分はそこにはいない。

ストーリーを眺めることができ、
時間に縛られない自己を観じる。

ただ、今の連続が在るのだということがわかる。

未来は来ない。

来ないものを恐れる必要がなくなり、予測は消える。

過去が消え、原因が消え、今のあるがままが自己となる。
消えたものを認識することがなくなり、
それらは、今に目覚めさせるための幻想という仕掛けだったとわかる。

どのような悲惨なストーリーを見たとしても、
今に目覚めないという悪夢よりはずっと幸運だったと認識する。
ストーリーを感謝とともに、赦し忘れることができる。

あの頃に比べたら、今はずっといい、というのがストーリーだ。
今が至福だということは、ずっと至福だった。

だから、感謝がある。

愛さずにはいられない

昨日23日、勉強会を終えて帰宅いたしました。家族なみの旧友も参加してくれたり、東京で最後のサンクのライブに来てくださった長いお付き合いのクライアントさんとも再会できたり(8年ぶり!)1回目の勉強会のメンバーもまたいらしてくださったり、唯一の20代からは嬉しい報告をいただけたり(感涙)、東京、沖縄、そしてお電話と継続してセッションを受けていただけているまさに魂の仲間が集ったような幸せな一瞬の2時間でした。

みなさん改めまして本当に本当にありがとうございました。

今年はこれが最後となります。今年後半3回にわたって行うことができて本当によかったです。何より私の魂の栄養になり、自分の魂が望んでいることを、肉体を通して実現させていただいた思いです。分かち合ってくださるみなさんあっての私です。胸いっぱいしあわせです。

内容につきましては、本当に言葉足りないところだらけで、道々つけたしや補足を、内なる神に伝えております。きっとみなさんの内なる神とこびとさんが、みなさんにそれ以上をもたらしてくださることと信じております。

それにしても、2時間の間に本気で泣いたり笑ったり生きてることを確かめあったり、それを共有できる場って、ちょっと素敵じゃないですか?初めて会った人同士だったりするなかで。私昔1本だけつたない芝居の台本書かせていただいた中でのセリフと今かぶりました(笑)。

できましたら年内に、沖縄での勉強会をしたいなと考えております。

今回のテーマはずばり「結婚とパートナーシップ」でした。本当にこれについてしゃべるととめどありません。これほど研究したテーマもないほどです。究極の実践付きで。

すべての人間は、パートナーから誕生し、まずパートナーによって育成されるのですからこんなに探求のしがいがあるテーマもありません。

また愛とはなんなのかというテーマにおいて、可視化できる材料満載です。

さて、初公開のお話を今日は書きます。

先日、多分1か月前くらいかそこいらのことだと思うのですが、私がふと夫に
「ねえねえ、私たちって、運命だったと思う?」と尋ねました。すると夫は
「え、何言ってんの?そんなの当たり前じゃない。わかってないね~スピリチュアルのなんたるかをあなたは」と思い切り説教されました。

そうだとするとですね。私の数々の恋愛における失敗は必然だったのです。夫は10歳年下。しかもわりとのんびりペースで社会参加し、その後もう一回仕切り直して鍼灸師になっているので、結婚と同時にロケットスタートを切った感じです。ぎりぎりのタイミングで彼の(準備?)OKと私の(忍耐の?)限界が重なった感じの結婚でした。つまり彼が私の運命なら、私はどっちにしたって待たなくてはならなかったわけで、それまでの失敗にみえた出来事は学びと準備だったというわけです。

失敗している、という気持ちだけが余分であっただけで、それ以外にはすべてOKだったということになります。

ね、パートナーと出会えるかどうか不安な気持ちで待っているみなさん、それはただ、お互いの機が熟して最良のスタートを切れるための準備期間なだけかもしれません。いえ、きっと、望む人にとって、出会いは必ずあります。私たちは愛さずには生きられない生き物ですから。

東京勉強会、満席と場所のお知らせ、と余談

みなさんこんにちは。

東京勉強会へのお申込みは、満席となりました。本当にありがとうございます。

場所を一緒に考えてくださった方、いつも本当にありがとうございます。

※場所につきまして、ご参加者の方へは直接メールのご連絡いたしましたが、もし届いていない方がいらしたらご連絡ください。

※また告知の際に明記していませんでしたが、飲食代は各自でお支払いいただきますのであしからずお願いいたします。

今回は私、ネットを頼りに決めてみました。コーヒー専門店で、コーヒーと時間を楽しむためのお店、というイメージでした。銀座のcafeと言えばおしゃれなスウィーツのお店がたくさんあるなかで、食べログっていうサイトで人気上位のお店は昔ながらのコーヒーの店、しかも、個人経営のお店だったりするところがとてもおもしろかったです。もうこだわりのレベルが高い(笑)。

男の隠れ家、みたいな文化ですかね。で、そういうお店がまだまだ喫煙可であったことも知りました。(そうです、今回は勉強会に初の男性のご参加、しかも複数名!)

諸々考慮して、選んだお店は普段は1階席と2階席で分煙、ただし祝日は全席禁煙になります。で、老舗です。創業1910年で、無農薬で、森のような農園の豆を使っている森のコーヒーが売りだそうです。そして銀座では安い(普通かな)お値段かと思います。

1910年だなんていうともう、映画の世界みたいで、お店の歴史とか楽しくて全部読んでしまいました。銀座カフェ―パウリスタの歴史

グローバル化のなかにあって、日本のコーヒーの老舗が悩みぬいて選んだのが、無農薬化学肥料なしの超変わり者生産農園との提携だった、という物語、読み応えがあります。森のコーヒーとは 応援したくなります。

私、コーヒー好きで、両親ともにコーヒー好き。父はサイフォンを持っていて、ストップウォッチでタイムを計りながらコーヒーを入れてくれましたし、私も両親のために幼少のころから手動ミルで豆を挽き、ハンドドリップをして育ちました。

結婚してみたら夫のお父さんもサイフォンでコーヒーを入れてくれる人でした。この辺りのカフェよりもうちのほうがおいしいと思うことが多いのが嬉しいような悲しいような。

ちなみに余談です。父はものすごい変わり者でしたが、子供たちのために借家の小さい庭に、ブランコを置き、砂場を掘ってくれ、白樺の樹を植えていましたが、夫のお父さんもまったく同じことをしてくれたそうです。お父さんのブランコ、砂場、白樺、コーヒーサイフォン。これが私と夫の共通の幼少体験です。

23日、みなさんと充実した時間が過ごせますよう、準備いたします。楽しみにしております。

感謝とともに

AZU拝

愛するちから

「やりたいことがなんなのかわからない」という声をセッションでよく伺います。また、「なにかやらなければならないことがある気がするけれど、それがなんなのかわからない」という声もあります。

ひとつには、それを思考で解析しようとしているうちは、たとえ候補があがっても、行動に移すには至らないものです。思考は何かを行う原動力にはなり得ません。私たちを揺さぶる心の要求の声は普通、感情・感覚・本能を通して発動します。

そこで世では潜在意識を活用(活性)せよ、というふうに言われたりします。しかし、潜在意識というのはあくまで欲の世界です。しかもその欲とは、からだが学習したことをもとに設定されています。からだが習慣としている反射がほとんどを占めます。欲がなくなったら死ぬよ、なんて言う人もいますが、欲が最低限命を守ろうとする力はそうそう抑えられるものではありません。いざとなったら働いてくれます。そんなことより私たちの欲求が普段、本当はしあわせになるためにいらないものを欲しがってみたり、それが必要だと思わせるよう私たちを仕向けているところが問題です。本当はその欲求を吟味し、手なずけたり手放していくことが重要なのです。

「やりたいこと」とみなさんが表現されるものの中味はそんな欲ではなくて、心底意義を実感できるような、人生や自分そのものを愛さずにはいられないくなるような、本当の満足のことを指しているのではないでしょうか。しあわせ、というのはその中身を手に入れいることに他なりません。

すべての人に可能で、そしてそれが最も地上で価値あるものだと神さまが人間に保証してくれているもの、それが、愛することです。「愛です」と言ってしまうと多くの人は、愛を手に入れるとか、愛されることを連想するかもしれません。しかし、愛を求めていても愛しているとは限りません。

愛することを始めるのに必要な準備は、それぞれに完璧なかたちで魂と内なる神から与えられています。その愛は内側で準備され、発動命令が下るのを待っています。

しかしそれを始めない限りは、そのレッスンを始めることはできません。自転車についていくら考えたとしても、自転車に乗ってみないと上達はしません。愛することも同じです。愛について知っているつもりでも、愛してみないことには問題点にすら気づけません。

現代では愛する前に問題点に気づきたいと考えている人も多く見受けられます。しかしそこでいう問題点とは他者の体験であって、自分のものではありませんから、いくら吟味しても自身に役立てることは難しいのです。わかったつもりでもいざ自分のこととなるとうまくいきませんから、余計にイライラしたり否定的になってしまう弊害も起こります。

愛に向かうための問題とは本当はそれ自体喜びです。向き合うほどに、愛が育つわけですからね。

すべての人は、生まれながらに愛を求める強いちからに動かされ、まず親からそれを受け取ります。そして同時に親を愛します。しかしその愛は、本能や刷り込み的な学習によって裏打ちされた、条件付けによる愛です。欲しい、という気持ちと表裏一体なのです。

ですから思春期に異性に抱く愛情もそれに似て、欲しいの裏返しの感情です。どうりで相手を思うと苦しかったり怖かったりしますよね。幼少期に愛情の欠乏感(寂しさ)を強く持つと、思春期的な愛情欲求が長く続いてしまうものです。求めては失望することを繰り返し、それを超えることができません。欠乏状態では信頼関係を育てることが困難なのです。

トラウマ(心的外傷)というと暴力を連想しますが、多くは共感力の強さ、優しさから傷つく人がほとんどです。他者にフォーカスすることに慣れすぎ、自己の欲求を抑え込んだ体験が寂しさ、欠乏につながって、インナーチャイルドが不満、不安を抱えたままになっていることが愛することを妨げています。ですから人一倍愛を求めていながら、恐れによって愛を遠ざけているのです。愛せていないのです。

一方で、強い欲求なしには人間はなかなか愛のレッスンに取り掛かれないのかもしれません。愛は受容や忍耐や理解や、自分の慣れ親しんだ世界観までもを差し出すことを私たちに求めます。そうすることで他でもない、自分自身が内なるスペースを広げ、養い、成長し、新しいものに生まれ変わるというしあわせを享受することが可能になります。

つまりは愛を学ぶことが即ちしあわせなのです。手放すとは、愛するもののためにスペースを明け渡すことです。愛は古い価値観を捨てるにふさわしい理由です。

その過程で、私たちは幾重にもがんじがらめに巻き付けられた恐れに出会うことでしょう。この恐れに直面させ、そのまやかしに気づかせてくれるのもまた、愛のちからです。

ではどうやって愛すればいいのでしょう? 未知を体験するにはそれを想定してやってみることです。最大限の想像力で、あなたが最上だとイメージできる限りの愛と見当をつけて。そうしてみるとき、魂のちからが発動します。悠久の時間を超えて、神の愛とともに歩んできた魂の記憶があなたの意志のちからに触発されて、魂が廻り始めます。あなたとともに。

するとあなたは気づきます。なんだ、なにも大げさなことじゃなかった。どこへ行く必要も、持ち物を変える必要もなかった。私はひとりじゃなかった。すべてはここにあったんだ、って。

東京勉強会へのお申込み、ありがとうございます。残席おひとり分ございます。お声がけください。
感謝とともに

AZU拝

愛するちから

「やりたいことがなんなのかわからない」という声をセッションでよく伺います。また、「なにかやらなければならないことがある気がするけれど、それがなんなのかわからない」という声もあります。

ひとつには、それを思考で解析しようとしているうちは、たとえ候補があがっても、行動に移すには至らないものです。思考は何かを行う原動力にはなり得ません。私たちを揺さぶる心の要求の声は普通、感情・感覚・本能を通して発動します。

そこで世では潜在意識を活用(活性)せよ、というふうに言われたりします。しかし、潜在意識というのはあくまで欲の世界です。しかもその欲とは、からだが学習したことをもとに設定されています。からだが習慣としている反射がほとんどを占めます。欲がなくなったら死ぬよ、なんて言う人もいますが、欲が最低限命を守ろうとする力はそうそう抑えられるものではありません。いざとなったら働いてくれます。そんなことより私たちの欲求が普段、本当はしあわせになるためにいらないものを欲しがってみたり、それが必要だと思わせるよう私たちを仕向けているところが問題です。本当はその欲求を吟味し、手なずけたり手放していくことが重要なのです。

「やりたいこと」とみなさんが表現されるものの中味はそんな欲ではなくて、心底意義を実感できるような、人生や自分そのものを愛さずにはいられないくなるような、本当の満足のことを指しているのではないでしょうか。しあわせ、というのはその中身を手に入れいることに他なりません。

すべての人に可能で、そしてそれが最も地上で価値あるものだと神さまが人間に保証してくれているもの、それが、愛することです。「愛です」と言ってしまうと多くの人は、愛を手に入れるとか、愛されることを連想するかもしれません。しかし、愛を求めていても愛しているとは限りません。

愛することを始めるのに必要な準備は、それぞれに完璧なかたちで魂と内なる神から与えられています。その愛は内側で準備され、発動命令が下るのを待っています。

しかしそれを始めない限りは、そのレッスンを始めることはできません。自転車についていくら考えたとしても、自転車に乗ってみないと上達はしません。愛することも同じです。愛について知っているつもりでも、愛してみないことには問題点にすら気づけません。

現代では愛する前に問題点に気づきたいと考えている人も多く見受けられます。しかしそこでいう問題点とは他者の体験であって、自分のものではありませんから、いくら吟味しても自身に役立てることは難しいのです。わかったつもりでもいざ自分のこととなるとうまくいきませんから、余計にイライラしたり否定的になってしまう弊害も起こります。

愛に向かうための問題とは本当はそれ自体喜びです。向き合うほどに、愛が育つわけですからね。

すべての人は、生まれながらに愛を求める強いちからに動かされ、まず親からそれを受け取ります。そして同時に親を愛します。しかしその愛は、本能や刷り込み的な学習によって裏打ちされた、条件付けによる愛です。欲しい、という気持ちと表裏一体なのです。

ですから思春期に異性に抱く愛情もそれに似て、欲しいの裏返しの感情です。どうりで相手を思うと苦しかったり怖かったりしますよね。幼少期に愛情の欠乏感(寂しさ)を強く持つと、思春期的な愛情欲求が長く続いてしまうものです。求めては失望することを繰り返し、それを超えることができません。欠乏状態では信頼関係を育てることが困難なのです。

トラウマ(心的外傷)というと暴力を連想しますが、多くは共感力の強さ、優しさから傷つく人がほとんどです。他者にフォーカスすることに慣れすぎ、自己の欲求を抑え込んだ体験が寂しさ、欠乏につながって、インナーチャイルドが不満、不安を抱えたままになっていることが愛することを妨げています。ですから人一倍愛を求めていながら、恐れによって愛を遠ざけているのです。愛せていないのです。

一方で、強い欲求なしには人間はなかなか愛のレッスンに取り掛かれないのかもしれません。愛は受容や忍耐や理解や、自分の慣れ親しんだ世界観までもを差し出すことを私たちに求めます。そうすることで他でもない、自分自身が内なるスペースを広げ、養い、成長し、新しいものに生まれ変わるというしあわせを享受することが可能になります。

つまりは愛を学ぶことが即ちしあわせなのです。手放すとは、愛するもののためにスペースを明け渡すことです。愛は古い価値観を捨てるにふさわしい理由です。

その過程で、私たちは幾重にもがんじがらめに巻き付けられた恐れに出会うことでしょう。この恐れに直面させ、そのまやかしに気づかせてくれるのもまた、愛のちからです。

ではどうやって愛すればいいのでしょう? 未知を体験するにはそれを想定してやってみることです。最大限の想像力で、あなたが最上だとイメージできる限りの愛と見当をつけて。そうしてみるとき、魂のちからが発動します。悠久の時間を超えて、神の愛とともに歩んできた魂の記憶があなたの意志のちからに触発されて、魂が廻り始めます。あなたとともに。

するとあなたは気づきます。なんだ、なにも大げさなことじゃなかった。どこへ行く必要も、持ち物を変える必要もなかった。私はひとりじゃなかった。すべてはここにあったんだ、って。

…***…***…

東京勉強会へのお申込み、ありがとうございます。残席おひとり分ございます。お声がけください。
感謝とともに

AZU拝

啓示の話と、11月23日東京勉強会のお知らせ

弟と電話で話しながら、なんとなく眼球上の骨に触れたら非常に凝っていた、ので、いじっていたら、顔全体がすーっきりしました。どこが滞っているかに気づけば、解消はこんなに簡単なこと、というお手本のような出来事です。

***…***…

沖縄に来てまもなくのころ、主人が患者さんからブーゲンビリアの鉢植えをいただいてきました。マンションのころにはベランダで花を咲かせていましたが、知念に来て、お庭に移しました。3年半ほど前になります。

最初の年は一気に虫に食われました。埋立地の9階は蚊も飛んで来られないほど虫の心配はなかったのですが、こちらは虫てんごく。周り中緑なのになんでうちの庭の植物をわざわざ食べるんだろう!?と驚きでした。調べるとやはり虫は、弱く食べやすいものから食べるらしい。畑の野菜もそうだそうです。

台風にもやられました。せっかく伸びて花をつけても一度の台風でまるぼうずになったり、死んでしまったものも多数。ブーゲンさんはなんどもぼうずになりつつ、踏んばってくれました。しかしながらダメージから立ち直るのがせいぜいで、なかなか花をつけられずにいました。

それが今年のうりずんのころからか、急ににょきにょきと茎が天に向かって伸び始めました。石垣に沿って生やしていたので何度もカットしましたが切っても切ってもまた、同じようににょきっとまっすぐに伸びてしまうので、いったいどうなろうとしているのか少し見守ってやろうと考えました。

すると一番太い茎は、軽くアーチを描いて見事にうちの排水管伝いに2階に届き、さらに枝葉をつけ、あっという間に立派な木の幹に育ちました。それから、目隠しが必要だった窓の手すりにまで伝って、見事に今満開の花を咲かせています。

あちこちのおうちの見事なブーゲンビリアの枝ぶりを見るたび、ああなるには何年かかるんだろう、移住者の私たちにはかなわない夢かな~なんて思っていたのに、長い潜伏期間を経た後の成長はあっという間でした。

世界が変わるのってきっとこんな具合なんだろう、と、2階の窓辺で幹となった枝と満開の花とそこに舞う蝶を眺めつつ、思います。きっとこれは啓示なんだ、一進一退に見えて、その根は大輪を咲かせるに堪えるだけの土台を養っているのだ、と、教えてくれる。

***…***…

来週23日水曜日、東京銀座で勉強会を開きます。所用の日程があるため、毎回ぎりぎりの告知で申し訳ありません。
導きとタイミングにお任せして開催していますので、みなさまもどうぞお気軽にご参加ください。

期日:11月23日水曜日(勤労感謝の日、祝日となります)

お時間:12:50~14:50(約2時間)

場所:銀座周辺のcafe(いくつか候補がありますが、ご希望があれば喜んでうかがいます)

参加費:2500円

締め切り:20日日曜日いっぱいまでの受付で、最少催行3名様から、今回は最多5名様までとさせてください。

内容:少人数ですので、シェア可能なご自身のテーマや疑問など受け付けます。骨組みはAZUが準備いたします。

ご連絡先:ruach@live.jp へ、お名前、お電話番号、返信用メールアドレス、初めての方は生年月日、と、ご自身のテーマやご希望がありましたらご連絡ください。ご質問などもお寄せください。

ご参加くださるみなさんとともに、良い日にしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

AZU拝