メッセージ

4月を境に実は、私と私を取り巻くエネルギーがごろん、と変わったのを体験中でした。
現状を把握するために自分の点検をこつこつとやっていました。

母が手術で入院したり、それから熊本の震災がありました。
このブログでおなじみになった(させていただいた)
優さんとの実際的なワークの影響もとても大きかったです。

気づきや学びや愛を感じられる素敵な体験もありました。

熊本で震災に遭われて「レイキ、瞑想、美緒さんに出会えてよかった」
とご連絡くださった方。

また以前いらしてくださったクライアントさんが突然お電話をくださって
「実はセッションのテーマだった、彼との結婚へ進めました」
と、ご報告をくださったり、
昨日も「AZUさんのおかげで毎日が充実しています」というはがきをいただいたり

とても込み入ったテーマをお持ちで
2年越しでお電話のセッションをご一緒に重ねてきたクライアントさんがとうとう
新しく出会ったボーイフレンドと一緒にいらしてくださって
その彼もセッションを受けてくださったりと

喜びとねぎらいのギフトが続いていました。

また、時間をかけてセッションを重ねてくださった皆さんが
一歩進んで、セラピストやヒーラーとして自立なさるということも
増えてきていました。

私自身も、なにかもう一歩進まなくてはならない
後押しのエネルギーを感じていました。

やりたいこともビジョンも結構あって
むしろ今世にやりきれるだろうか、というほど
アイディアもあるのです。
が、自分を自動的に突き動かすほどの流れにまで至りませんでした。

たいてい本物の流れ、魂の望む道とタイミングであれば
考えるよりも決める、選ぶ、という感覚で
始めることが自然にできてしまうものです。

瞑想はもちろん重ねました。

そしてちょうど昨日のこと、でした。

ご縁のあるクライアントさんの顔が浮かんでは消え、していました。
私にとって、彼らの魂は、
どれだけ日常のなかで時間を過ごしたとしても追いつかないほどの
深い交流を許してくれた魂たちです。

そして突然、気づきました。
私はただ、みんなが進みやすいように、それを考えればいいんだ。
そのために自分にできること、必要なことを探して、形にすればいい。

そう思うと今の変化のエネルギーがすーっと調和していきました。
自分の中の愛を感じました。
そのあふれ出る出口をみつけてあげられたような喜びが広がりました。

SNSを開けると、大事な魂の一人、彼女の顔が現れ
私は思わず、彼女に心で話しかけていました。

話している内容は正直言葉になりません。
言葉にしてしまうと足りないし偏ります。
でも、本当に心から、愛しい、という
けれどこれまで感じていたどれとも違った感覚でした。

その彼女から今日また、贈り物をいただきました。
まるで私の体験を別の側面から表現してくれたみたいな文章でした。

ここに記します。

 

 
彼女の一言一句から愛が伝わってきて、
自分のことではない誰かの話のように涙しました。

クリックやシェアでのご支援、いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す