インナーチャイルドの傷って

ちょっと今日は連投します。

インナーチャイルドに対する知識って今、
どれくらい知識広まっているんでしょう。

私のところにいらしてくださる方々も、
本やインターネットで一生懸命調べて、
満を持してきてくださる方が増えました。

また、子供の時に傷ついて
一生懸命自分と付き合ってきた人たちがおとなになって
お子さんを育てるようになってます。

そのとき皆さんは
こんなことはしたくない、
こんなことはしてはいけない、
というふうに
子供さんに与えるものをとても制限しているように見えます。

悪い言葉を与えたり傷つけることをしたくない。
怒りたくない。
そう思います。

私も、親の言葉に傷ついて
涙にくれながらよく
自分は絶対にこんな親にはならないぞ・・・と
心に誓ったものです。(笑)お母さんすみません。

しかしながら、私がインナーチャイルドの専門家として
絶対にお勧めしたいことは基本一つです。

それは、パートナシップをしっかり育てること。

子育ての苦労は無限かもしれませんが
もし子供さんの心を大切に育てたいと思われるなら
夫婦間の関係性、愛情をしっかり育てることに尽きます。

すでに離別されたりしているときなら

ご自身の心を愛で満たすことです。
幸せでいることです。
つまり、自分自身との関係と愛情を育てることです。
基本はいつも同じです。

例えば、夫がこんなことを子供に言ったりしている、やめさせたい、というとき
お母さんはつい、言いやすい子供さんのほうに、
お父さんの言うことは間違い、聞かないで、というメッセージを送ってしまいます。

そうすると、子供さんは混乱してしまいます。
お父さんとお母さんの亀裂を察知して
安心して両方から愛を受け取れなくなります。

同時に、両方を安心して愛せなくなります。

これが子供にとって、潜在的にとても辛いことになります。
例えば潜在意識の傷って、こういうことです。

DVなどの派手な出来事がイコール深い傷ではありません。
特に今の時代地球に来ているより繊細な魂たちにとって
充分に愛せないことがなにより無意識的な苦痛になり
心を分裂させてしまいます。

お父さんとお母さんは、価値観が違って当然ですが
その違いについてコミュニケーションを充分にとり納得しあっていれば

信頼というエネルギーが子供さんの潜在意識にメッセージとして伝わります。

子供はテレパシーレベルで、安全と安心を感じ取り
成長することに専念できるのです。

子供がお母さんの育て方を気に入らなくても
子供が自分の道を選び、前向きに進んで行く元気や勇気が根底的にあれば
それでいいと私は思います。
その子は逆境からたくさん学べる子なんです。

でも時に、本当に心が折れてしまうことがあります。
絶望、というのがそれです。

昨今、うつ病という診断はとても一般的になりましたが
本当の鬱は、絶望という状態だと私は思います。

また、いつまで経っても本当の愛がみつからない。
自分を、人間を愛せない、
愛を実践できない、
愛することが始められない、
愛し続けることができない、
というのは重篤な欠乏状態だと私は思います。

そんな時には必ず心の内部の見直しが必要です。

シェアやいいね!ブログランキングへのクリックでこのブログをご支援くださりありがとうございます。

コメントを残す