絶対に見落としてはいけないのに見落としがちなもの

人は自分の見たいものを見る。

全ての背後に神があるとわかっていても
神以外のなにかを見たい。

でも今日は、背後にある神のほうを見てみよう。
すると、自分の中にもそれがあるのがわかる。

自分はいい人間になりたいと頭で願いながら
自分の周りに神以外のものばかり見ていたら
頭と実際が分離して
この世が苦になっていく。

目を閉じて
無常からいったん離れてみる。

全ての人の背後にあるのは神だという
真実だけを想うと

自分が裁く必要はなくなる。
そのことをノンジャッジメントという。
ノンジャッジメントはとても優しい。

無条件の愛は、神は在るということ。
探すものではなく、そもそもあったと気づくこと。

全ての背後にある神のことを忘れて
ただ判断が悪いと思い込んでしまうと
選んだり決めたりすることを恐れるようになる。

でも本当は私たちは選ばなくてはならない。
決めて、生きなければならない。
それがいのちのおくりものだから。

得よう得ようとがんばるよりも
自分を良くしようとがんばるよりも
世界を良くしようとがんばるよりも

全ての背後にある神を見る心を養おう。
そうすると、世界にあふれた言葉や知恵の意味がわかってくる。

そうなって初めて、その言葉や知恵を使いこなせるようになる。

その心を養うのが瞑想と心得る。


1日1クリックの応援、いつもありがとうございます。

コメントを残す