健康のもと。


1日1クリックの応援、いつも本当にありがとうございます。
パワーをいただいています。

みなさんこんにちは。

先日のことです。「メンタルの問題の原因は食べ物ですか?」と聞かれて、一瞬考えました。食べ物は確かに心にも大きな影響力を持っています。何につけ、生きることへの不調和を感じるのは身体になにかしらの異変や不具合を感じる時だと思います。人間の幸福と健康に多大な貢献をした偉大なチャネラーであるエドガー・ケイシーは「人間のからだは食べ物と日々の思いでできている」と言いました。そして「食べ物には2種類しかない。身体にエネルギーを与えるものと、毒するもののどちらかだ」とも言っています。これには深く共感します。口に入れる時、これがそのどちらなのだろうと意識し選ぶことはとても大切だと思います。

しかし、人間は肉体であると同時に意識という存在でもあります。エネルギーというレベルで言うならまず意識という微細なエネルギーがあり、それが結晶化したのが肉体である、というイメージです。まず意識のエネルギーありきです。冒頭の質問に私は「おもに、家族関係」と答えました。もっと明確に言うなら、あらゆる不調和の本当の原因はどんなレベルであれ、どんなシチュエーションであれ「愛の欠如」だけです。

口に入れるもの、食べ物にあまりに意識を向けすぎると、私たちは自分を「肉体という存在だ」というふうにみなしていがちになるかもしれません。身体の健康は本当にありがたいものですがそれ自体が贈り物とも言えます。その贈り物に対して世話をするのは大事なことです。世の中には食べ物にむとんちゃくな人も恐らくたくさんいるので、それが健康状態や心の状態に深く関係していることに気づき選択することはとても重要です。

しかしもっと言えば、私たちは栄養素によって生かされているのではなく、食べ物の生命力をいただいています。自然界の中にいる乳酸菌や麹菌や枯草菌などの菌類、また、細胞の中のミトコンドリアのような微細な生物は意志を持つかのように連携しながら働いています。彼らの生命力は私たちの生命力でもあります。その自然界のバランスが崩れることで私たちは当然バランスを崩します。

私が学校で習った頃の栄養学では、食べ物はその栄養素に価値があるというものでした。それは多分今でも基本変わっていないのでしょう。しかし私自身自分の体調や心の状態などを探求してきて思うのは、人間はやはりそれ以上のものから影響を受け、与えられ受け取ることのできる生き物なのだということです。

私は自分がとても身体が弱いと感じて生きてきました。実際に母親から、あんたたちはなんて弱いんだろうと言われて育ちました。そして幼い頃同居していた健康おたくの祖母が試したあらゆる健康法、健康食などを享受されました。食材も、当時は生活クラブに入っていて、選ばれたものをいただいていました。そして調子を崩して病院で検査してもどこと言って決定的なことは出てきません。それは今も変わりません。いったい自分のからだはどうなっているんだろう。どうしてこうもスタミナが続かずガッツがないんだろう、些細なことでダメージを受け、ひきずりやすいんだろう、と、いつも感じていました。自分が怠け者でずるい人間のように思えることもありました。

しかし、理屈でいくら理解しても分析しても、或いは栄養学的な健康法を試してみても、自分の生命力のパワーは一向に上昇しないどころか、大人になるにつれ制限が増え、とうとう20代の酷い時には、近所のスーパーに買い物に行って戻るだけで力尽きてしまうほどまで弱ってしまいました。そのような自分に抵抗し、努力をしてみてもできる限りの手を尽くしたつもりでも改善しませんでした。そうしていると、自分は自分自身や自分の人生に対してなかなか自信が持てませんでした。自分がとても危うくまたこの世界から歓迎されざる存在だというような―そうはっきり認識しなくても―感触を人生に持たざるを得ませんでした。

結局のところそのターニングポイントは、「意識の仕組み」に出会った所で初めて訪れました。肉体や状況、環境や人間関係、社会性や能力の問題、それらのすべてに影響を与えていたのは、『潜在意識』でした。潜在意識への取り組みを始めたことでようやく負の折れ線グラフに変化が訪れたのです。

私はよく母親から「うちの子達は、どんなに良い物を与えても効果が出ない」と言われていました。振り返るとその通りだと思います。何を食べても飲んでも、心の中に毒がたまっていればいい影響が現れません。心の毒というのは「悪」」という意味ではありません。それは、愛の光が行き渡らない部分に積もっていく「恐れ」なのです。

その恐れは過去世からの想念も含め、潜在意識にブロックを作っていきます。ブロックされたところには、神の光である生命力や治癒力や愛情のような魂の滋養が流れこまなくなっていきます。身体に良い物を摂っても、健康法や治療法を試しても結果に繋がらないのはこういった意識のエネルギーにブロックがあるためだと私は理解しています。意識のエネルギーはとても強力なのです。何しろすべてを創っているおおもとです。

食べ物や健康法の良い影響は、意識の浄化が進むにつれて徐々に効果が現れるようになりました。内面が浄化されるとそれに伴い波長の会う人や食べ物、健康法や治療法などを引き寄せるようになり、その内容が自然に移行していくことにも抵抗を感じなくて済むようになりました。ものごとは絶対的ではなく相対的です。

幼少期、愛を与えてくれ愛とはなにかを体感として教えてくれるのが、親という存在です。親が自分自身の中にこの毒を抱えていれば当然、子供に与えることに何かしらの制限ができます。しかしこの毒は人間誰もが持っているものですので完璧にクリーンな人など存在していないと言えるでしょう。また、このように言うと、与える側の問題が取りざたされてしまいますが、本当に重要なのはいつでも受け取る側の問題なのです。

子供は誰もが、まずは親から愛を受け取ることが仕事です。ですが与えられたものをすべてじょうずに受け取れるはずがありません。しかしながら愛からも、愛の欠如からも人間は成長します。そのレッスンのすべてが、人間に与えたれた人間らしく生きることへのテーマであり贈り物です。

学ぶとは、賢くなるためでなく、愛という面においてより崇高な存在へとなっていくためです。霊的成長というのがそれであり、人間が霊的(スピリチュアル)な存在であるということの意味です。

コメントを残す