自分の愛し方

私のところへいらしてくださる方の多くはスピリチュアルの学びが進んでいらっしゃるなぁと印象を受けます。どんなところがかといえば、他者や自然や地球のいきとし生けるものに優しい気持ちをお持ちになり、すべてのものに意識があってその調和を願っていらっしゃるところです。

その上で、人間関係やご自身の生き方、在り方、また感情との付き合い方など、不具合や抵抗やままならない思いを感じて、それに向き合い非常に努力なさっています。

世間一般にスピリチュアルとくくられている、超常現象の類やお化けが見える類の話と、私が表すスピリチュアルは違っていると思います。私がスピリチュアルと言うとき、それは人間とは、愛とは、人生とは、真実とは、という人間の生き方、在り方のことを示します。

そして、人間が幸せというものを目指したとき、真実の生き方という道が見えてくると考えています。

またスピリチュアルを探求するとき、最終的に辿り着かなくてはならない場所、それが神の領域です。神というと宗教と連想する方が多いことと思いますが、私はむしろ既存の宗教からは遠く離れたところに神を見ます。神とは、一言で言うのなら「霊の理想」です。私たちはこの神を簡単に捉えることはできません。ですが、霊の理想なしに、霊的な成長というものは当然ながらあり得ません。

ハイヤーセルフとか、スピリットガイドとか、天使とか、どこの何々の神とか、まるで地球の彩りのような用語が語られていますが、それらは外側には存在していません。すべては私たちの内側に存在し、そして内側で私たちはあらゆるものと繋がっています。内面に目を向けるということはこのあらゆるものと繋がる扉を開くということです。

内側というと、なんだ、ただの空想と変わらないじゃないかと思われるかもしれませんが、そうではなく、私たちが普段この、肉体の目に見えるものとして実在と認識しているもののほうが投影されたものであって、その元となる実在は意識、またはエネルギーの次元にあるということです。ですから投影されているもののほうを変えたければ実在、またはおおもとのエネルギーのほうを変えればいいということです。

しかしこう言われると多くの優しいみなさんは、私の中にいけないものがいっぱいあるから、こんな目に遭うんだ、とか、こんなに世の中が酷いんだわ、と思われ余計にご自身を攻めたり、がっかりして自信をなくしたり、早く自分の汚いところを消さなくちゃ、と思ったりなさいます。

でも必要な対処はそうではありません。

世界を変えたければ、もっと自分を愛してください。

世界からエゴイスティックな景色を消したければ、自分のエゴを愛してください。

世界から喧嘩をなくしたければ、ご自身のわがままを認めて、よく理解してあげてください。

世界から恐れをなくしたければ、どのような自分の側面をも恐れずに良く見てかわいがってあげてください。

自分に与えたものが自分に還ってくるというのがエネルギーの原則です。ご自身を愛するということは内側ですべてと繋がっている自分を愛すること、同時にそのすべてを愛することとなります。

ご自身の内側を点検するとき、裁く人にならずに、親身になって、味方になって、点検してください。そして、見張るときは見守る気持ちを持つといいと思います。言葉とイメージが違えばエネルギーも変わります。

コメントを残す