世界から戦争がなくなるとき

愛と平和。この言葉の中の本当のパワーに日々気づく。言葉の本当の意味に出会い続けている。

私はこの地上から戦争が消える日を望んでいる。実際には真の愛と平和の意味と価値に多くの人が気づき目覚めることでこのことは実現する。

戦争は世界最大にして最悪のビジネスだ。脱原発は多くの平和を愛する人が望んでいることだと思うが、戦争が必要なくなれば原発も必要なくなる。まだ原発が純粋な電力供給のツールだと信じている人がいるのだろうか。お湯を沸かすのに核はいらない。繰り返すが、戦争が消滅すれば原発は要らないのだ。核は戦争のための道具だから、戦争をしたい人のために価値がある。

平和のために社会の仕組みを変えよう、お金の仕組みを変えたいと望んでいる人は大勢いるだろう。でももし、世界から戦争が消えたら、恐らく今ある社会的な問題は遅かれ早かれ消えていく。貧困と貧困を助けることができない仕組みも戦争という仕組みに組み込まれている。戦争という癌細胞に組織がやられてしまっているのだ。戦争がある限り、人間は貧しい。貧しいから戦わなくてはと思わせられる。悪循環の輪だ。

私は日本が世界一お金持ちだった時を経験している。その時の世界を平和だったと思っている人もいるだろうが決してそうではなかった。平和ぼけ、などと戦争をしていない日本をばかにする人もいるけれど、日本は戦争にずっと利用されている。日本のお金や技術や人のパワーが利用され続けてきた。平和ぼけなんか、存在していない。私たちは常に恐れている。世界の在り方を。世界中の脅威を。

「世界中の兵士がいっせいに武器を置く」というたとえ話をどこからか耳にして、その情景をイメージしてみる。昨今の情勢を慮るとどうもそのイメージは遠い絵空事に感じていた。

日本は今戦争ビジネスマンによって煽られあたかも世界がその波に乗っているかのように思わされている。しかし、マスコミやテレビの報道のほとんどは情報操作、イメージコントロールによる支配のために容易に利用されることは311以来更に明確になった。ごく一部を全体のように取り上げ、全体の民意のうねりを点のように、或いは無視してないことにするのは簡単だ。

http://youtu.be/R4Z1avRGWiU

昨日たまたまこんな映像を見た。ものすごくセンセーショナルななにかではないのだけど、なぜか鳥肌が立った。それから涙が出てきた。最近はあまり泣くことがなかったのだけど、久々に泣けた。そして一瞬、世界中の兵士がいっせいに武器を置くビジョンが意識をよぎり、それは「可能だ」と私の中の声が言った。なにかが溶けた(解けた)。

こうして愛と平和の意識は今日も拡大し続けているのだ、と理屈抜きに感じた。

彼らが体験した戦争という名のテロ、或いは殺戮。嘘とコントロール支配。過去の自分を赦し立ち上がるために彼らが通過した儀礼はどれほどのものだろうと思う。

戦争が完全に消える世界。それは不可能ではない。なぜなら本当に戦争をしたいのは、世界のほんのほんのほんの一部の人だけだからだ。それに加担しているのは私たちの持つ本能の記憶の残像。人間には争いが必要だ、やられる前にやらなければやられる…というような。そんな記憶の残像をみんながお掃除し始めたら、誰も戦争に加担することはできなくなる。内面の浄化。記憶のクリーニング。

戦争を本当にやりたい人たちはこのような多数の目覚めを恐れているだろう。誰もが脅威の嘘と騙しに乗らなくなる時代。その前に稼げるだけ稼ごうと焦っているかもしれない。

戦争が完全に消えた世界。そこではお金の使い方が完全にかわるだろう。お金が純粋なエネルギーだとしたら、私たちは今はそのほとんどを誰かのある目的のために吸い上げられている。戦争から多くの人が目覚めるということは、支配者から目覚めるということだ。今は個々の幸せのための資金はほとんど回っていない。申し訳程度、あきらめさせるため程度にしか。そんな必要があるんだろうか。古くから強者に吸い上げられることに私たちが慣れすぎているのだ。巨額の軍事費。軍事ありきの外交のための予算は膨大で計り知れない。

戦争が完全に消える時には、多くがそれらの欺瞞に気づいている。だからその時には世界はひっくり返るほど変わっているだろう。人類が初めて社会に平等と平和をもたらす時だ。

だから、騙されたと思って内面の浄化に取り組んでほしいと思う。頭で考えていることがどれだけ小さい世界のことか。そこでひねり出すアイディアにどれほど無理があるか、気づく。

私たちの意識の中心はみんな繋がっているのだ。私たちが深いレベルで思うことは一瞬で全人類に伝わるということ、その真実の智恵を使って取り組んでいこうよ、と思う。そのためには有象無象の記憶を浄化し、内面により深く潜れるように内的環境を整えなくてはならない。

大切なのは作業に没頭しないで内面に戻ってくることだ。無限の領域に少しでも多くの人が多くの時間、戻ってくることだ。

いっせいに武器を置くとき、なるべく痛みと犠牲が少ないことを願う。個々が内面に愛を拡張することでそれは可能になる。

コメントを残す