よびかけます

先の戦争で空軍の兵士だったおじいさんが「戦争では人間はただの道具なんだとわかった」と言ってました。颯爽と志願した時には気づかなかったと。本当にそうなのだろうと思います。

私は人間は道具ではなく、無限の愛を持った神秘の生命だと信じています。

私が戦争に反対なのはそういう理由です。

いくら安倍さんが優れた政治家だとしても、自民党がすばらしい政党だとしても、日本を戦争に導き、国民から基本的人権と尊厳を剥奪するのであれば、その方針には断固反対しいたします。

私はただの道具ではないですし、人類の誰に対してであれ、そうみなすことはできません。

すべての人が、道具ではなく、無限の愛を内包する尊い存在なのだと目覚めてほしい。それが真実だと思うからです。そのことは誰もが本当は知っているはずなのに、自分や隣人を無価値で無力だとみなして目を背けてしまう。

自分に対して、人間のおろかな面に対して、寛大で忍耐強い態度を持つことさえできたら、やがて誰もが偉大な価値を見出すことができます。その寛大さ、忍耐強さのために助け合うことが必要です。本当に必要なパワーをそこに使うことができたら奇跡を体験できます。本質的に世界を変えることができます。

私たちの意識は拡大してきており、本質的な変化を迎えるのにあと一歩のところにいます。その本質的な変化というのは、奪い合い競い合うという価値観から、補い合い分かち合うという価値観への変化だと思います。

実際私たちは家族や小さなコミュニティーで助け合いを経験しています。しかし、社会の機構、システムがそうはなっていません。ですから一歩外に出たら戦争、などと言われます。戦争というのは古い価値観、自然界の生き物のやり方を模倣した古いやり方の踏襲です。しかし人間は科学というテクノロジーを持つため、破壊しすぎるのです。進化した私たちは高度な新しいやり方を採用しなければ自滅します。

戦争は目先では奪い獲得する目的で行われますが、実際は自殺行為です。すべてを著しく衰退させます。わざわざ貧困を作り出しては欲望を掻き立てて再び奪い合うというからくりを人為的に起こします。このことは有史以来繰り返されてきましたが、殺人の技術は飛躍的に進化していますからその破壊力は破滅的です。

実際に今日本に54基ある原発は核の貯蔵庫のようなものですが、この状態が自殺行為そのものです。ですが、欲に目がくらんで目先だけを追っていると、この自殺行為が見えません。危機を危機と感じることができません。また、放射能の危険や電気の不足(それは捏造ですが)の危機感にさらされていれば、今度はもっと大きな危機に対して感覚を閉じてしまい、やはり大局を見失います。

今日本という国家は自殺前の開き直りのような状態にあるように見えます。これに対してストップをかけ、正しい方向、つまりより人間的で人の本質~無限の愛を持つ神秘の存在~にふさわしい道を選ぶのはその存在一人一人の気づきと選択にかかっていると感じています。

どうか、愛をもって現実に目を向け、ご自身の運命をご自身で選ぶ決意とコミットメントを、また必要な助けを求める勇気を、思いを言葉にする努力を、真実を求め見つけ出す一歩を、と、すべての人の心に呼びかけたいと思います。

コメントを残す