インナーチャイルドというわたし

潜在意識はお母さんのおなかの中での知覚から記録が始まり、3歳までに主たる部分ができあがり13歳でほぼ完成されると言われている。13歳以降はふたがされて、中身はあまり変わらない。だからインナーチャイルドというのは、自分の潜在意識全部、と言える。過去世を除く、全部。

それが100歳になろうと自分の意識の基盤となり外界に反応し対処し続けるのだ。

三つ子の魂百まで。これは、潜在意識の真実を物語っている。

インナーチャイルドというなんだかファンシーでキュートなネーミングからちょっと軽く扱いたくなるかもしれないが、自分と向き合う、自己を探求するなら、インナーチャイルドがどんな状態になっているのかをよくよく知り、また自己成長するにはインナーチャイルドを癒して変容するしかない。自己浄化、というのはこの部分の思い込みに気づいて、手放すということだ。これをしないとそのさらに奥に座する真我、つまり魂やさらに奥にある内なる神とツーカーになることはできない。ではその方法は、というと、瞑想なのだ。

瞑想、つまり潜在意識を覆っている見えないふたであるクリティカルファクターを通過して内奥にもぐりこみ、真我や内なる神に呼びかけ招き入れる意識状態は、変性意識状態において可能になる。

私が行っているヒプノセラピーは誘導による瞑想であり、ヒーリングも高次元の波動によって瞑想状態の脳波に導く。まとめて潜在意識下のワークと呼んでいる。瞑想をマスターしていない人、未経験の人でもワークを受けることは可能だ。誘導というのはまずセラピスト自身がそのようになることでその波長でもってクライアントさんが同調しやすいようにリードする。だからセラピストには瞑想が絶対条件なのだ。どのようなスピリチュアルのワークにもそれは言える。もしそうでないなら、自分が見たこともない世界を案内することになる。だって、スピリチュアルというのは、スピリットの世界のことで、それは潜在意識のさらに奥の中心の世界のことだからだ。

インナーチャイルドはアダルトチルドレン(機能不全な家庭に育ったことにより役割を過多に背負ってしまったことで本来の自己に戻ることが困難な状態)の改善にはもちろんとても有効だ。

波動がどんどん高くなっている今の地球において、この機能不全な家庭というのは特に大きな問題を抱えた家庭とは限らない。地球にやってくる魂はどんどん繊細で敏感になっているため、両親にとっては普通の接し方でもそれがとても苦痛だったり愛の欠如に感じられること往々にしてある。例えば沖縄に来てとても多いケースとしては、両親が共働きでお母さんがとても忙しかったことで子供は寂しさや心細さを強いられる。おばあちゃんや近所のおばさんがそばにいたとしても、母という存在は子供にとって特別で自分のいのちを預けた神と同等な存在だ。お母さんは子供に不自由させたくないからと一生懸命働くのだが、子供はそれよりもお母さんの温もりを感じ笑顔を見て、安心の中で過ごしたいという欲求がある。それが満たされないと、それは自分が悪い子だからなんだ、とか、お母さんの負担になってはいけないと、お母さんのために生きるようになる。お母さんのしあわせ=自分のしあわせのような構図が信念となり、無意識の中でその信念に基づいた「心の反応」をする。大人になってもお母さんの言動で心が大きく揺れて、怒りやイライラを感じてしまう。その奥にある欲求は「お母さんに認めてほしい」「喜んでほしい」要は愛されたいのだ。なぜなら子供は生まれながらにお母さんを無条件に愛しているから。

よく世ではお母さんを選んで生まれてくると表現されるが、実際はもっと完璧だ。お母さんを無条件で愛し、またお母さんの無条件の愛を受け取りたいと求めている。それから自分で逃げたり戦ったり自分の面倒をみることができない期間に潜在意識にあらゆる知覚を通して記録していき、ひととなりの基礎を作ってしまう。つまり、お母さんの愛の表現やレベルを自分のものとして吸収するのだ。

この仕組みに気づいたときにはなんというか、人間という生き物のすごさを感じた。子育てとは世話を通して愛を伝える行為だ。でも何をどうするのか、よりも、自身の潜在意識の浄化こそが子供の成長に関与するということだ。子供はお母さんの意識の世界を概ねコピーするからだ。

子育てするかしないかが女性の価値の大部分を占めるように見られることもあるが、おとなになってからもう一度自分を育てなおし、育て続けることが本当の意味での進化だ。自分を愛するとひとことで言うが、本当に自分を知ることは宇宙の謎を解くに等しい壮大な旅だ。取り組まない手は無い。

コメントを残す