お掃除のこつ

いったん心の浄化が始まると
当然のことですが取り巻く世界には変化が起こります。
(内面が変わるのでスクリーンに映るものが違って見えます)
ヒプノセラピーでもレイキヒーリングやアチューメントでも
だいたい同じことが起こり得ると言えます。
(これらは潜在意識に高いバイブレーションを通して浄化します)
最初は詰まっていた排水溝のごみがとれたように
すっきりした、軽くなった、ということが起こることが多いようです。
視界が開けた感じがしたり、からだが伸びてまっすぐになったり
また、マッサージの後のだるさのようなことも起こります。
これまで縮まったり歪んだりしたまま
固まっていたエネルギーやからだがほぐされることで、
ぐらぐら揺れる感じやどっと疲れが出るように感じられることもあります。
眠気はよく起こります。
それから、心の浄化が進むにつれ
以前よりも心が敏感になる、と感じられる方は多いようです。
以前だったら気づきもせずに通過していたことが
心にとまるようになる、という感じです。
そうすると、気になることが一時的に増えますので
結果として以前よりも感情が揺れやすいとか
また過去の忘れたかった記憶などが思い出されて動揺するようなことも起こりえます。
極端なときは長いこと握り締めていた感情が噴出するようになり
涙が出て仕方ないとか、
過去の怒りを手放した反動で罪悪感が強くなったりすることもあります。
多くの人はこの段階で非常に恐れを感じます。
悲しみと怒り、そして罪悪感というのは多くの人が忌み嫌う感情や感覚です。
そういったことから逃れたいがためにスピリチュアルに取り組んだのに
前よりもひどくなったように感じる、というのは大きな混乱を招きます。
けれどそれは恐れるべきことでは決してありません。
そこで焦って抵抗したり、元の古いやり方でそこから逃れようとしたり
(例えば飲酒だとか、快楽的で、自分の波動を下げるような行為などで)
元の習慣に戻ろうとするのはとてももったいないことです。
せっかくお掃除した排水溝に水が勢いよく流れるのが恐いから
もう一回古いごみを持ってきて詰める、というようなことになってしまいます。
詰まっていた配水管から水が勢いよく流れるようになったら
最初はその状況に慣れなくても、それがとても自然で気分のよいものだということが
しばらくしたらわかります。
ですから、流れ出ていくものはそのままにしておいてください。
それで、もしかしたら
「これは流したいけれど、これはとっておきたい」
という気持ちが出てくるかもしれませんが
そういう区別をしていると流れるべきものもうまく流れません。
そのときに「流れを信頼する」という必要が出てきます。
ですから、一度私のセッションを受けていただいたら
変化の道のりを経て安心という領域に着くまでは
ご質問やご報告いただくようお願いしています。
変化のときを、大船に乗ったつもりで過ごしていただきたいのです。
その大船は、私ではなく、神さまの大船です。
信頼していただくのは本当は私ではなくて内なる神です。
浮上してきたごみや汚れは、神が引き受けてくれます。
安心して預けてください。
そのように意識して過ごしていただくことで
信頼や安心の中で過ごすという訓練も進みます。
私たちは起こっていないことを恐れるという習慣によって身を守ってきたと信じています。
それを信頼という習慣に乗り換えます。
未知の領域に踏み込んだらこれまでの規範は役に立ちません。
というより、新たな規範に出会うために古い規範を手放すことが
その時行われている最も重要な作業です。
新しい規範というのが、愛の法則です。
愛というのは二元性を超えた、ひとつであり、最強で最高の法則です。
愛は誰かに差し出しても減ることなく、双方に満たされます。
心の浄化が進むと、この法則があなたを統べるようになるのです。
疑いと恐れという古い規範から、愛と信頼という規範への
壮大な乗り換え作業が進むということです。
こういったことがスピリチュアルの根幹だと考えています。

“お掃除のこつ” への4件の返信

  1. ミクシでAZUさんの足跡を発見し喜んできました(笑)
    ご無沙汰ですが今年もよろしくお願いしますm(*_ _)m
    ブログ、素敵な写真がお出迎えしてくれて明るくなりましたね!
    いよいよ2012年が始まったワケですが、カールコールマン博士の「マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!」は読まれましたか?
    この日は過ぎてしまいましたが博士の説を信じつつも、人の集合意識にはパワーがあると思うので、2012年説も無きにしもあらず、と様子を見ています。
    お掃除あいかわらず苦手ですが、しっかり排水溝流さなきゃですね(汗
    クリック募金、私もブックマークして参加させていただきます~
    長くてすみません★

  2. myu♪さん
    >ミクシでAZUさんの足跡を発見し喜んできました(笑)
    >ご無沙汰ですが今年もよろしくお願いしますm(*_ _)m
    >ブログ、素敵な写真がお出迎えしてくれて明るくなりましたね!

    >いよいよ2012年が始まったワケですが、カールコールマン博士の「マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!」は読まれましたか?
    >この日は過ぎてしまいましたが博士の説を信じつつも、人の集合意識にはパワーがあると思うので、2012年説も無きにしもあらず、と様子を見ています。
    >お掃除あいかわらず苦手ですが、しっかり排水溝流さなきゃですね(汗

    >クリック募金、私もブックマークして参加させていただきます~
    >長くてすみません★

  3. たびたびお邪魔します(*・∀・*)
    サイトに来てくださったんですね!
    こちらこそありがとうございます。わーでも照れるなぁ。。。
    旦那さまは家での素の自分を見てますから←(笑)
    でも、いつも家族のことも思い出してくださって嬉しいです。
    >暦が終わるには深遠な意図があるのだと思いますが世界の終わりを示唆
    >しているのではなく一つのサイクルの終焉だと思っています。
    まさにAZUさんのおっしゃる通りのことが書いてありました。
    >しかし、次元上昇にはまだ全体の意識の目覚めは追いついておらず、
    >新たなサイクルに入るための古きものの崩壊も事象として起こるかも、
    >という風にも思えますね。ちなみにインドの宇宙的暦では今は精神性の
    >上昇期の12000年のサイクルの初めのほうで、特に節目ではないんです。
    ふむふむ、なるほどそうでしょうね。
    だってこれで完結、ってほど人類が精神的に成熟してるとは思えませんものね;
    これからですね!
    私も肉体があるうちに精進しなくっちゃ☆

  4. myu♪さん
    >たびたびお邪魔します(*・∀・*)
    >サイトに来てくださったんですね!
    >こちらこそありがとうございます。わーでも照れるなぁ。。。
    >旦那さまは家での素の自分を見てますから←(笑)
    >でも、いつも家族のことも思い出してくださって嬉しいです。

    >>暦が終わるには深遠な意図があるのだと思いますが世界の終わりを示唆
    >>しているのではなく一つのサイクルの終焉だと思っています。

    >まさにAZUさんのおっしゃる通りのことが書いてありました。

    >>しかし、次元上昇にはまだ全体の意識の目覚めは追いついておらず、
    >>新たなサイクルに入るための古きものの崩壊も事象として起こるかも、
    >>という風にも思えますね。ちなみにインドの宇宙的暦では今は精神性の
    >>上昇期の12000年のサイクルの初めのほうで、特に節目ではないんです。

    >ふむふむ、なるほどそうでしょうね。
    >だってこれで完結、ってほど人類が精神的に成熟してるとは思えませんものね;
    >これからですね!
    >私も肉体があるうちに精進しなくっちゃ☆

コメントを残す