すべては自己の中に

あまりに良いお天気なので
美ゅらSUNビーチを歩いてきました。
12-01-28_005.jpg
12-01-28_007.jpg
12-01-28_003.jpg
展望台で自己ヒーリングと家族へのヒーリング。
いやおう無くプラーナがみっちみちになります。
地球は怒ってないですよ。
マザーアースはおおらかな魂です。
私たちは赦されているのですが
多くの人は自分をなかなか赦すことができません。
「内なる神とひとつになる許可を自分に与える。」
今日も感謝とともに。

テンペストからつらなるつれづれ

昨日は劇場版テンペストを観てきました。
映画館はアバター以来。
テンペストってシェークスピアでしょ、なんで仲間さんが主演なんだろ?
と言うほど何も知らずに観ました。
ぶつぎれ、こまぎれみたいな演出や
ぎりぎりセーフなところや、アウトなところも多々ありましたが
ところどころのいいセリフや、沖縄の文化や歴史への興味共感、
一部のいい演技などに救われて楽しめました。
終わってみたら、脚本が大森寿美男とあり、そうだったのか、と思いました。
彼とは劇団300(さんじゅうまる)の「1の1の6」という芝居の公演で
役者として一緒に出ていて
3ヶ月という長丁場で最後は山形公演まで行って
その後もしばらくとても仲良しだった記憶があります。
大所帯の中で、当時仲良しクループだったのが
大森くん(もりもり)と後にテツandトモでブレイクしたトモと
多分今でもショービジネス界で活躍している成瀬海彦(なるなる)でした。
トモなんて確か19歳だったと思います。
大学生で、優しくていい子で、山形なまりで、詩吟がうまくて、あほでかわいかった。
宇梶(剛士)さんもご一緒だったのですが、宇梶さんをすごくしたっていましたね。
宇梶さんはものすごくいい人で私も大好きでした。
私は彼を確か「ボス」とか呼んでいました。
テレビで拝見するとよくわからないのですが
どまっすぐでスケールが大きく純粋な方だったと感じました。
旅中はよく、宇梶さんにマッサージをお願いされました。
「あなたのはマッサージなんていうちゃちなものとは違う。
頼む、俺の腰を何とかしてくれ」とか言われて。
当時からヒーリングのできる手だったようですね、私。
なるなるは同じ年でインテリで、ものすごい美形で、気品があって大好きでした。
座長の渡辺えり子さんにはあまり認められていなかったようだけど。
後におかまとしてブレイクしたのをみつけて、なるほど~でした。
もりもりは、一歳違いでお誕生日が一日違いで
当時から自分の劇団を率いていて
詩的でちょっと薄暗い脚本を書いていました。
その薄暗さは純粋で好きでした。
闇ではなく美しい薄暗さで。
渡辺えり(子)さんは当時から売れっ子だったけれど
彼女の世界はおおざっぱで場当たり的でひとりよがりであまり好きじゃなかった。
もりもりの繊細さは、当時ではまったく売れそうに無かったけど
後に脚本家として有名になって
その脚本は社会派ドラマなんかが多かったりして
それでもところどころにきりっとした切り替えしがあり
「この言葉でなくてはあらわせないんだ、この悲しみは・・」
という風に言葉が並んでいたりして嬉しく思ったりしています。
20年以上が経っています。
でも本当に、20年くらい経たないとわからないことってたくさんあります。
この言葉は大学の演劇専攻の同級生でずっと役者をやっている子の言葉。
20年くらい経たないとわからないことってあるよ、なぁ~。
20年くらい経って深く思い出せるような出来事や思い出を共有できる仲間って
その時はわからないけれどただならぬ縁とつながりなんだろうなぁと思います。

信頼について

私は自己紹介などでスピリチュアルの実践を始めたのを
27歳のお誕生日から、と言っていますが
求めていたのはもっとずっと前からのことです。
27歳で何が起こったかというと、
真理の後姿を見つけたのです。
何度か触れていますが
「人類を救う治療法」という本に引き寄せられ
その中で「4段階の意識」という記述があって
顕在意識、潜在意識、超意識、宇宙意識(=神)つまり
意識の深いところへ行くほどそれは純粋で高い神の意識へと近づくとされていて
「これはきっと真実だ」という風に感じました。
そのほかにも真実を感じさせる様々なポイントはたくさんありましたが
それまで神を探していてみつからなかった私にとって
これで神がみつかるかもしれない、という
信頼がそこに生まれたのです。
そうです。信頼です。
当時は今のようにスピリチュアルという言葉が一般用語ではありませんでした。
自己探求したくてもその方法は宗教か、自己啓発セミナーなどが一般的で
どちらにも決して純粋にひきつけられることはありませんでした。
大学ではクリスチャンの教えを学び、礼拝も賛美歌も、司祭の前島誠先生も大好きで
(ちなみにRuach[ルーア]は前島先生の礼拝の講話のなかで初めて耳にした言葉です。
ヘブライ語の発音で「ルアハッ」という音を前島先生の声で記憶しています)
信仰、つまり神を一番のお手本として生きることにはまったく異存はなかったのですが
肝心の神がなんなのか、どこにいるのか、神の真意とはなんなのかまったくわからず、
それは学ぶほど、知識を得るほど、
遠くなっていくように感じられていました。
実際に私は、心が引き裂かれそうに辛くなると
神に見捨てられたような気持ちで泣きました。
もし神が「すべての子らを愛している」なら
なぜに自分はこのような心境に追い込まれるのだろうと
まさに神をも呪ったこともありました。
そんな時に4段階の意識、という記述を見て
私は信頼する気になったのです。
神は天のどこか遠くにいる外人みたいな人ではなく
私たちの意識の一番奥、中心にある、という真実を
私は直覚で真理だと感じ「信頼できる」と認識したのでした。
私のスピリチュアルの実践というのは
その信頼のもとに、自分を変えるワークに取り組むことにあります。
自分を変えるというのは簡単に言えば
真の自己(内なる神を核とする自己の魂)の周辺に表面的にくっつけた
癖や習慣、思い込みを取り払うことです。
その癖や習慣や思い込みは、この肉体に深く刷り込まれていて
時にはその肉体を生かすために使ったりしていますので
簡単に取りはずして捨ててしまうのは難しいのです。
肉体を生かす役割はそれらの表面的な癖や習慣ではなく
真の自己のパワー=神=宇宙の根源の生命力=愛・叡智が持っています。
ですが、そのことを思い出し真の自己のパワーに依存することを思い出すには
古い乗り物を捨て、その席から立ち上がって去るための信頼が必要になるのです。
たとえその姿が見えなくても
声が聞こえなくても
証明をすぐにしてもらえなくても
なんの確証もないまま何も持たないまま
そこに飛び込むことが信頼です。
信頼をもって飛び込んだとき
着地したあたたかい大地こそがその懐です。
懐で寝起きしているうちにやがて
「あれ?もしかして私は救われているんだろうか」と
じんわりとその大きな愛がわかり始める。
神の愛はそんな感じのものです。

エネルギーチャージ

今日はてまえみそのようですが、
主人の全身調整(鍼灸・推拿整体・レイキヒーリング)のこと。
はたしてマッサージ師の奥さんがだんなさんにどれくらいマッサージしてもらえるか?
料理人はおうちではまったく料理しない、なんていうお話があります。
うちは、幸せなことに、主人は可能な限り私に施術してくれます。
私に鍼するために鍼灸師をやっているようなものだ、と言ったりしています。
嘘ではないのだろうけれど(冗談の可能性はある)それほどたくさんはやってもらえません。
一日に何人もの患者さんを診て疲れている人にお願いできるのは緊急時くらいです。
私はしろうとながら、幼いころからマッサージをしていましたので
私がだんなさんにしてあげることのほうが圧倒的に多いと思います。
でも先日、だんなさんに余裕があって、私は受けたいなと思うほど疲れていない時に
だんなさんから「やってあげる」というお申し出があったので
私は美容鍼をお願いしました。
これは知っている人は知っていると思うのですが
とびきり細い鍼を顔にたっくさん刺す施術です。
鍼には細胞を直接活性させる働きがあり、
また、気・血を流したり排毒するする作用があります。
さらに主人のレイキは私に言わせると、どんとグラウンディングさせるような
強いリセット力があるので、強制的なリラックス作用があります。
そしてもちろん、美容のためには健康あってこそ、であって
ポイントを押えた全身の調整もしてくれます。
結果、私はものすごい深い瞑想状態のような
丹光とめくるめく光の中でエネルギーをぐるぐるこねて一掃されるような
全自動いのちの洗濯機にかけられたような状態になりました。
それで、思ったのは
多くの人は何か問題が生じないと対処しないのだけど
本当は積極的に自分へのエネルギー投資すべきなんだな、ということでした。
私は基本的に節制した生活をしていますので
やっぱり何事にも控えめなところがあります。
きびしめ、なんですね。
だから、自分のクライアントさんにも
「積極的に来て下さい」とはなかなか言いません。
自己管理の範疇でできるならそうしてください、という感じです。
人はちょっと疲れたりすると
肉体的な欲求を満たすことで補おうとしますが
例えば疲れたから甘いものを食べると
体の中は、さらに疲れやすいほうへと傾いてしまいます。
心が苦しかったり重かったり痛んだりすると人はお酒を飲みます。
その時は一瞬マヒしますが、焦点がぼやけてしまって
本当の対処は先延ばしに遅れていき、
さらに、何が問題だったのか、本当に気づくべきことは何かということさえ
あやふやになってしまいます。
本質的な対処、対処というより、本質的なエネルギーチャージは
平常時からすべきことであって
そうするほどに人間としてのちからがつくんだという風に実感しました。
瞑想も本当にそうなんです。
苦しいときにやろうとしても、座っていることすら苦痛なのです。
でも平安時にするとぐんぐん深く入れるのがわかります。
苦しいときにはまず痛みをとること、重荷を軽くすること、という対処が必要です。
これは心身ともに同じと言えます。
ですから、重荷や痛みが軽減したらもういい、というのは
西洋医学風の考え方なのですが(ですよね。お薬は予防には使わないのが普通です)
予防医学や心の養生は、元気なときこそ習慣となるよう身につけるべきものですね。
世の中では鍼はぎっくり腰やとか肩こりの対処法程度の認識かもしれませんが
間近に見ていると本当に人間の生命そのものを扱った医学だということがわかります。
私は主人と出会う以前から、風邪をひいたら鍼灸院へ行っていましたし
歌のライブの前日に腫れた扁桃腺も喉に刺す鍼で奇跡的に回復した実体験から
鍼灸のすごさを知っていました。
でもそれ以上に、特に不調が無い場合にはさらに大きなチャージができることを
とても実感しています。

久高島 くだかじま

お正月2日に行ってきましたと記事を書いたのに
写真を撮ったことをすっかり忘れていましたので
改めましてアップします。
12-01-02_004.jpg
青森の恐山に行ったとき、あの世を感じましたが
ここもあの世でした。
沖縄ではあの世はぐそーといいます。
12-01-02_006.jpg
12-01-02_008.jpg
ここがウバーマです。船でいうと舳先のようなところ。とても神聖な場所です。
12-01-02_001.jpg
人が映っていますが、あの世の人ではなくうちの主人です。
瞑想でプラーナをいっぱいいただきました。
ニライカナイですよね。まさに。

ダメ押し

OSHOもゆうとられました。
Osho, 創造性のどんな余地も残っていないように思える
掃除のような仕事をしているあいだ、どうしたら創造的でいられるのですか?

《このページへ直接のリンクが貼れないようです。
左のボタン[ライフスタイル]をクリックし、そのすぐ下に出る[今月の講話]へどうぞ》
もしお掃除が創造的な作業でないなら
毎日真の喜びの中でそれを行うことはできないでしょう。
やがては飽きて、退屈して、その作業が無意味で虚しい行為だという理由を
あなたの思考は探し続けることでしょう。
飽きる、退屈するのは、心のなせる業。
心は移り変わり実態がありません。
心の表層の波ではなく
その下に潜む大海に居るということは
表層のあらゆる波にも動かされること無く
その奥に横たわる真実とともにあること。
「どこでなにをしていても本当の自分でいることができる」
というのは、そのことです。
なにかをしているときだけはスピリチュアルで
「スピリチュアルなことかかわっていないとき」はスピリチュアルではない、
ということが起こりうるとすれば
表層の波に気をとられているときはスピリチュアルではありません。
どのような善行をしても
神の教えやスピリチュアルな仕事と言われているものに属しているとしても。
いかなる行為の中でも
行為者である自分に毎瞬気づき
意識の内側からそれを観るのであれば
スピリチュアルです。
真実があなたとともにありますように。

お掃除のこつ

いったん心の浄化が始まると
当然のことですが取り巻く世界には変化が起こります。
(内面が変わるのでスクリーンに映るものが違って見えます)
ヒプノセラピーでもレイキヒーリングやアチューメントでも
だいたい同じことが起こり得ると言えます。
(これらは潜在意識に高いバイブレーションを通して浄化します)
最初は詰まっていた排水溝のごみがとれたように
すっきりした、軽くなった、ということが起こることが多いようです。
視界が開けた感じがしたり、からだが伸びてまっすぐになったり
また、マッサージの後のだるさのようなことも起こります。
これまで縮まったり歪んだりしたまま
固まっていたエネルギーやからだがほぐされることで、
ぐらぐら揺れる感じやどっと疲れが出るように感じられることもあります。
眠気はよく起こります。
それから、心の浄化が進むにつれ
以前よりも心が敏感になる、と感じられる方は多いようです。
以前だったら気づきもせずに通過していたことが
心にとまるようになる、という感じです。
そうすると、気になることが一時的に増えますので
結果として以前よりも感情が揺れやすいとか
また過去の忘れたかった記憶などが思い出されて動揺するようなことも起こりえます。
極端なときは長いこと握り締めていた感情が噴出するようになり
涙が出て仕方ないとか、
過去の怒りを手放した反動で罪悪感が強くなったりすることもあります。
多くの人はこの段階で非常に恐れを感じます。
悲しみと怒り、そして罪悪感というのは多くの人が忌み嫌う感情や感覚です。
そういったことから逃れたいがためにスピリチュアルに取り組んだのに
前よりもひどくなったように感じる、というのは大きな混乱を招きます。
けれどそれは恐れるべきことでは決してありません。
そこで焦って抵抗したり、元の古いやり方でそこから逃れようとしたり
(例えば飲酒だとか、快楽的で、自分の波動を下げるような行為などで)
元の習慣に戻ろうとするのはとてももったいないことです。
せっかくお掃除した排水溝に水が勢いよく流れるのが恐いから
もう一回古いごみを持ってきて詰める、というようなことになってしまいます。
詰まっていた配水管から水が勢いよく流れるようになったら
最初はその状況に慣れなくても、それがとても自然で気分のよいものだということが
しばらくしたらわかります。
ですから、流れ出ていくものはそのままにしておいてください。
それで、もしかしたら
「これは流したいけれど、これはとっておきたい」
という気持ちが出てくるかもしれませんが
そういう区別をしていると流れるべきものもうまく流れません。
そのときに「流れを信頼する」という必要が出てきます。
ですから、一度私のセッションを受けていただいたら
変化の道のりを経て安心という領域に着くまでは
ご質問やご報告いただくようお願いしています。
変化のときを、大船に乗ったつもりで過ごしていただきたいのです。
その大船は、私ではなく、神さまの大船です。
信頼していただくのは本当は私ではなくて内なる神です。
浮上してきたごみや汚れは、神が引き受けてくれます。
安心して預けてください。
そのように意識して過ごしていただくことで
信頼や安心の中で過ごすという訓練も進みます。
私たちは起こっていないことを恐れるという習慣によって身を守ってきたと信じています。
それを信頼という習慣に乗り換えます。
未知の領域に踏み込んだらこれまでの規範は役に立ちません。
というより、新たな規範に出会うために古い規範を手放すことが
その時行われている最も重要な作業です。
新しい規範というのが、愛の法則です。
愛というのは二元性を超えた、ひとつであり、最強で最高の法則です。
愛は誰かに差し出しても減ることなく、双方に満たされます。
心の浄化が進むと、この法則があなたを統べるようになるのです。
疑いと恐れという古い規範から、愛と信頼という規範への
壮大な乗り換え作業が進むということです。
こういったことがスピリチュアルの根幹だと考えています。