核・後編

(前編の続き)
平和な日本では、自分たちが他の国から武力攻撃を受けるなどとは想像に難く
まして途方もなく大勢が亡くなった自然災害をおちょくるような
おたくのたわごとのようなこの話題に怒りを感じる人がいるのも無理はない気がします。
けれど世界は軍事に国費の多くを投入し武器ビジネスで蓄財し
実際に世界中でいまだ戦争の鐘が鳴り止んだ瞬間はありません。
今この瞬間にも兵士は傷つき市民や子供はいのちを落としています。
日本はこの戦線に無関係ではいられないのです。
少なくても国家として核を持ち、
他の国に提供しようとしたり核の捨て場として引き受けたりして取引をしています。
馴染み深い国アメリカは、私たちとの戦後の60余年の間にも絶え間なく戦争しています。
アメリカに戦後はありません。
地震兵器は、アメリカでは当たり前のもののようです。
古く第2次世界大戦のときには
原爆を使うか、地震兵器にするか、などと検討された記録が存在し
現在のペンタゴンのHPにも地震兵器についての記載があります。
他にも調べる気になれば、国家機密でもなんでもなく
しろうとさんにも文献を見ることができることがわかります。
日本の深海探査船ちきゅう号のドキュメンタリー映像はで日本人の男性がごく普通に
「これは・・人工地震の振動を測定しています・・」という風に説明されています。
なぜ地震兵器、人工地震の話題があるところには
大勢がよってたかって不謹慎だ、おかしなことを言うな!というような
根拠のない感情的な否定のコメントが多発しているのかも不思議です。
あると言う人のほうはだいたいデータをこまめに提示して解説しているのですが。
今回の震災でもこのHAARPが使われたのだと考える方の記事を見ると
その地震を起こす仕組みである特殊な電磁波の測定のデータなどが
こと細かく示されています。
私自身は相当この世のことには疑い深いたちのようでまだ確信に至っていませんが
少なくとも、こういうものが存在し
世界では活用されているんだなということだけは納得しましたし
また、国家間というところでは
こんなにも世間一般の常識(狭い日本の、ですが)からかけ離れたことが実際にやり取りされ
起こりうるのだということを肝に銘じる必要を感じます。
ドイツでユダヤ人が突然狩られたり
日本である日赤狩りが行われたのは
戦中だからであり、今は起こりえないというわけではありません。
戦後なのは日本が今、たまたまそうなのであって
アメリカは今も戦後ではないし他の国も今が戦中の国はたくさんあるのだということを
日本人は思い出さなくてならないと思います。
原発、核の危険さをみんなが思い出すだけでは
どうもまだ事態は好転しないだけでなく
仕掛けられた時限爆弾は時間を刻み続けているように見えます。
私たちは、世界が日本に対してどう働きかけているのかも
日本がどう働きかけているのかもほどんど何も知りません。
大本営の言い分を鵜呑みにして信じていれば
私たちは家畜のように十羽一からげのいのちとして扱われてしまいますし
かといって政治家お役人は信じられん、うそつきだと怒っていても
それに気をとられているうちに私たちがどこへ向かおうとしているのかを
見逃してしまいそうです。
地震と津波の恐怖、大勢が亡くなるショック、それ自体が陰謀かもしれないという疑惑、
経済の行く末、放射能の処理や未来にわたる影響、
すべてが不確実で未曾有で恐ろしく感じられるかもしれません。
でも、本当は、起こっていることはひとつしかありません。
ただ多くが隠れているのでそのひとつの出来事が見えてこないだけです。
ですから私たちは必要以上に揺れてしまい気をとられています。
ひとつわかったことがあります。
原発が止まるかどうかが日本の今後の行く末に関して大きな鍵であることは
ますます確定してきました。
それは、戦争に加担するかどうかということを含んでおり
恒久的な平和への道を歩むか、再び餓鬼畜生と修羅の境地を生き直すかという選択です。
日本国民は原発推進と反対などに分かれている時ではなく
また分かれていることに意味はありません。
原発推進派も脱派・反対派もともにごまかされていることに違いはありません。
そこにはどちらにも勝ちはありません。
私は他にもいろいろな可能性を考えてみました。
最初は、世界が原発にノーと言えば日本政府だけしがみつくはずはないと思いましたが
それはお人よしな考えでした。
つまり原発が良くないことに気づけばみんながやめるんだ、という考えが幻想なのです。
何度も言いますが、国家は国民にとってリスクがある、危険で良くないものだということを
百も承知でやっているということです。
つまりそれ以上のリターンがどこか私たちの知らないところにあると考えるのが自然です。
もしくは日本国家がそれ以上に強い権力によって強制されているかもしれません。
日本はアメリカの核のごみを引き受ける約束をしているので
他の国がやめたと言えば日本はよその国の分まで引き受けなくてはならなくなり
ますます日本が手をひくなんてことは許されなくなるという説を読み納得しました。
今政府が向かっているのはその方向に見えます。
何が何でも手放さない、手放せない意志が見えます。
核やオイル、世界のお金を握って支配している権力は
世界の人口を大幅に減らそうとしていると言われていて
日本がその権力に支配されていて言うなりなのだとすれば
それも現在の日本政府の動きの不可解さのなぞを解きます。
日本政府が日本の人口を積極的に減らそうとしているとは考えにくいですが
減ったところでかまわないという態度がよくよく見られます。
こんなことは心ある人の辞書にない発想なのでなかなか理解できません。
いったいなにやってるんだ、信じられない、と感じてしまうところです。
放射能の被爆基準値を尋常でないほど緩めたり
非難させるべきときにさせなかったり
学校や子供への被爆をむしろ奨励しているのかと見えるほど
危険にさらしています。
そして放射能の被害の可能性を隠しています。
いったい何がしたいの?と何度も問いかけてみましたが
避難させるとお金もかかるしめんどくさい、という答えくらいしかみつからず
そうだとすると、まるでばかな判断なんです。
でも彼らがばかじゃないとするならば
それを狙ってやっている。
人口を減らすことは特に避けるべきことではない、ということになります。
文部科学省に福島の人たちが
子供たちの被爆の基準値を変えた経緯について抗議している映像を見ました。
抗議する側はとても怒っていて
「どうしてそんなことするんですか?」
「どうしていけないことだとわからないんですか?」と訴えていましたが
受け答えする側はとても冷静に心を閉じて答えていました。
怒れば怒るほど彼らはぴったりと心を閉じているので
福島の人の痛みや怒りの奥にある全体への思いやりや善意などなにも感じないでしょう。
「あんたたち心が痛まないの?そんな非道なことをして、恥ずかしくないの?」と
福島の人は本当は訴えているのですが
役人さんたちは迷いなく彼らの言葉に耳を傾けませんでした。
一分も心を開きませんでした。
あんなにもかたくなに、普通に正しい心ある意見を拒絶できるというのは
よほどの決意や洗脳なしにできるもではないと感じました。
私は、そうこうしている間に日本という国がのっとられてしまうことはないだろうか、
とも考えました。
日本国民であることで守られる権利がすべて剥奪されてしまえば
今のいろいろなことも無に帰すことになります。
前提を失うことになります。
国民を奴隷のように売り渡し国を明け渡して
政府はあまくだりのようにもらうものをもらって身の安全を守るシナリオはないだろうか?
そのためには極力ことを荒立てず国民の危機感を鈍らせ
安全神話にくるまれて安らかにさせておくのが得策なのではないか。
もしくはその逆で、国外からの勢力が放射能の危機を大げさに伝えてパニックを煽り
判断力を鈍らせておいてその間に圧力をかけて国家間の取引を遂行する可能性はどうだろう。
政府は実はそのことを想定していて
あえて安全という風評を流し本当のパニックを抑えているとか?・・・
またのっとるのが表立った国家でなく裏の権力であるのならば
国が奪われていることすら国民が気づかないことも有り得
実際に過去からこれに近い搾取などは行われてきたのではという考えにも至りました。
こうなってくるとどちらの方向にプッシュすることも
間違いを伴う可能性が出てきます。
真の意味の中立が必要になってきます。
中立は、決して「動かない」ことでも
「参加しない」ことでも
「スルーする」ことでもありません。
二局の双方をあるがままに見る態度のことを言っています。
この局面で、情報隠蔽や言論統制が挟まってきていて
そうあることはますます困難を極めると思います。
だからこそ、その姿勢は絶対に必要なのだと改めて思うのです。
後悔しない生き方のため、
愛と平和を具現するため、
魂の前進から逃れない生き方のため、
そのために賢明な選択をするために。
暗いお話のように感じられるかもしれませんが
私はまったく暗い気持ちでこれを書いてはいません。
私はこうやって、前進のために水かきで漕いでいます。
より明るいところへたどり着くために。
様々な不要な可能性を消去して
みんなのより良い未来が創造できればいいなと思います。
すでに起こったことを受け入れるのは創造の基礎です。
ここにあがった可能性などというものは
人間がすでに起こしてしまったことの結果なのだと思っています。
気づき、受け入れ、学びが終わったことは
調和的に消滅していきます。
面と向かわずに無視したり先延ばしにしたことは
より大きな課題へとふくらんで再度浮上します。
逃げないことは人生を豊かにします。
勇気とトモダチになりましょう。

“核・後編” への4件の返信

  1. こんにちは。
    冷静に周りを見るのって大事だと思います。
    今得られる情報で、今の自分の状態を知る事は大変な作業かもしれないとも思います。
    私たちの周りで起きていること、それが他の誰かにとってどういう意味を持ち、どういう思惑でそれがなされているのか…知るのが怖いなんて言っていられない時期がきてしまったんですね。
    私も自分なりに色々見て、ゆっくり考えてみたいと思います。
    それから、お気に入り登録させていただきましたのでご報告いたします。
    よろしくお願いいたします。

  2. 夏姫楓さん
    >こんにちは。
    >冷静に周りを見るのって大事だと思います。
    >今得られる情報で、今の自分の状態を知る事は大変な作業かもしれないとも思います。
    >私たちの周りで起きていること、それが他の誰かにとってどういう意味を持ち、どういう思惑でそれがなされているのか…知るのが怖いなんて言っていられない時期がきてしまったんですね。
    >私も自分なりに色々見て、ゆっくり考えてみたいと思います。

    >それから、お気に入り登録させていただきましたのでご報告いたします。
    >よろしくお願いいたします。

  3. >日本の深海探査船ちきゅう号のドキュメンタリー映像はで日本人の男性がごく普通に
    >「これは・・人工地震の振動を測定しています・・」という風に説明されています。
    ここでいう「人工地震」とは、探査のためにエアガンやスパーカーなどを使うもので、地震兵器とは関係ありませんが・・。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%9C%B0%E9%9C%87

  4. みるくさん
    >>日本の深海探査船ちきゅう号のドキュメンタリー映像はで日本人の男性がごく普通に
    >>「これは・・人工地震の振動を測定しています・・」という風に説明されています。

    >ここでいう「人工地震」とは、探査のためにエアガンやスパーカーなどを使うもので、地震兵器とは関係ありませんが・・。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%9C%B0%E9%9C%87

コメントを残す