その声は・・・

前回の日記の、お花の写真からのヒーリングをお受け取りくださりありがとうございます。
もし良かったら何度もお受け取りください。
日々チャージしていきます。
また時期を見て更新したいと思います。
昨夜寝ていて、突然言葉が聞こえて目が覚めました。
その言葉に驚いてしまい、そのあとしばらく眠れませんでした。
聞こえた言葉は「核の冬」。
とても大きな声で頭の中で響きました。
いったいなんなんだろうとびっくりして、
確かに聞き覚えのあるその言葉について思いをめぐらせました。
自分でもすっかり忘れていました。
先日の日記で、88年に原発がバックボーンの芝居をしたことがあると書きましたが
玉川大学の演劇専攻に在学中、学内で旗揚げした劇団の最初の公演は
1986年、アートシアター新宿という劇場で
「黄昏時の伝説~終末を楽しく迎える方法」
という芝居でした。
核による汚染によって人間が滅びようとしている中、
政府はパニックや反乱を制御するために
終末を楽しく迎えるキャンペーンという政策を行っています。
365歩のマーチにのって、終末はみんなで迎えれば恐くない、みたいな洗脳をします。
不条理な設定です。
政府の人間はもちろん自分たちの身の振り方は準備してあります。
なんだったのかは忘れましたけど。
それに危機感を抱いた反政府のグループは
プレアデス星雲に人類が移住可能な星を探しにいきます。
家族を捨て、人類の希望のために
コールドスリープとワープを繰り返して旅するというもの。
私はその宇宙船の乗組員、聖(ひじり)さんの役でした。
一方地球では、愛の使者や黒い闇という存在が暗躍し
恐れを逃れるためにただ踊るだけの人や
日常のドラマを続けるために必死の人、闇と戦おうとする人、政府に取り入る人など、
いろいろな人が出てきます。
人間がそれぞれの立場から、生きる意味を模索し、対立が起こり、戦いがあります。
その中で、必死に生きる人の思いが交錯し、
多くが死に、仲間を葬りながら私が言うせりふは確か、
「子供を作るのよ、たけだくん。」だったような気がします。
やがてはその地球も「核の冬」という現象に見舞われ
地上は氷河期に入り死の灰とともに人類は絶滅します。
しかし、その氷河の中にも生命の息吹は残され
そこから地球創世のときのように時間をかけて進化をし
何億年がたち、やがて、最初の人間が生まれる、というところまでが描かれていました。
若くはちゃめちゃな芝居だったのですが
見てくれた人から「ナウシカみたいだった」という感想が多く聞かれました。
私は演出助手をつとめ、台本の清書もして
その裏書に確か、参考文献「核の冬」と記したのです。
それ以来核の冬という言葉を思い出したことは多分一度もにありませんでした。
20歳になりたてのときのことです。
核の冬は、放射能の死の灰によって太陽の光が地上に届かなくなり氷河期になるという説で
80年代に発表されています。
それが25年もの歳月を経てなぜ夢枕に思い出されたのかわかりません。
この芝居がそういう設定だったことさえ思い出すことがなかったというのに。
潜在意識の記憶のどこかから出てきたのでしょう。
それにしてもさらに驚いたのが
その芝居で政府がしていた荒唐無稽なキャンペーンが
まるで今行われている隠蔽や情報操作、洗脳、マインドコントロールと
重なって見えることです。
その芝居を通して私が感じたのは
それでも人は美しい、ということでした。
やがてはすべてが過ぎ去っていきます。
残すものは本当は何もないのです。
敵対した相手も、かかわりを持たずにすれ違っていった人々も
やがては魂のふるさとへ帰る仲間です。
誰もが創造活動をしている同じ劇団の仲間のようなものです。
ただ、遠く宇宙の記憶に、私たちは何かを刻んでいきます。
意識し、選択し、刻むことが私たちにはできると思うのです。

“その声は・・・” への2件の返信

  1. AZUさんこんにちは・・不思議な声とともに
    そのお芝居を思いだされたんですね
    なんか今と、本当リンクします・・
    いろんなことが起こる中で
    人は模索しながら生きていく
    一生懸命に、皆考えて
    そして・・すべては帰っていくんですね
    なんのために生まれたか、何を課題に生きてるか
    今、また考える時期がきたのかなあ
    なんて読みながら漠然と考えました
    ありがとうございまーーす

  2. きょうちんさん
    >AZUさんこんにちは・・不思議な声とともに
    >そのお芝居を思いだされたんですね

    >なんか今と、本当リンクします・・

    >いろんなことが起こる中で

    >人は模索しながら生きていく

    >一生懸命に、皆考えて

    >そして・・すべては帰っていくんですね

    >なんのために生まれたか、何を課題に生きてるか
    >今、また考える時期がきたのかなあ

    >なんて読みながら漠然と考えました

    >ありがとうございまーーす

コメントを残す