具体的なやり方の提案

日本中の方が疲れを感じているかもしれません。
がんばっている方も、そうでもない方も、
張りつめていた方も、おおらかでいた方も、
忙しかった方も、一生懸命な方も、気にしないように気をつけていた方も・・・
思惑はいろいろでも、私たちは繋がっています。
誰にでもできる自己ヒーリングをお伝えします。5~7分で全部できます。
*仰向けに横になってください。
*両手をばんざいして
*息を吸って
*思い切りのびまーす!
*両手だけでなく両足もぐーっと下に伸びます。
*伸びきっても
*まだ伸びます。
*さらにもうひと伸び!
*1,2,3と心の中で数えてから
*息を吐きながら
*はーぁ!と全身脱力しまーす。
*ばんざいのままだらんとしてください。
*ものすごく気持ちいいです。
*脱力したまま10数えるまで休憩です。
*これを3回行ってください。
*滞っていたプラーナが全身に流れます。
*次に両手をおへその上に重ねて置いてください。
*いろんなチャクラがあるのですが
*あえておへそです。
*らくーに呼吸しながら
*心の中で
*「安心を受け取ります」と宣言してください。
*そのまま3~5分休憩してください。
*AZUを通してのほうが実感できる方は
*「AZUから癒しを受け取ります」にしてください。
昨日の日記に書きましたが
急激な緊張、興奮のあとで、内分泌がアンバランスになります。
神経伝達物質が出にくくなり憂鬱になったり
興奮を発散できないままだとイライラしやすくなります。
内分泌を整えることがとても大事です。
私たちは普段、自分の知覚を通して行動や判断を選択します。
ですが人間の知覚は、再訓練されない限りは子供からあまり進化していません。
社会で訓練されるのは主に表面意識のほうで
そちらだけを訓練しても
潜在意識が置いてけぼりになっていて
心や体は着いて行っていないことが多いのです。
わかっちゃいるのにどうしてもできないことなどは
このメカニズムによるものです。
器用な方は自分をだましだまし発散しながらバランスをとります。
(欲求を代用的なもので満たしながら。)
真面目で融通の利かない方は
思考(理論)でこの事態に対処しようとして煮詰まってしまいます。
ですがいづれにしても解決はしていません。
内面(潜在意識)に取り組む基本的で唯一の方法は瞑想です。
上記の自己ヒーリングは瞑想に慣れていない方でも
プチ瞑想ができるようにデザインしています。
知覚は内分泌の微妙なバランスで
別人のように違ってきます。
感じ方は一瞬で変わります。
内なる葛藤が取れると
急にいろいろなことがゆるせるようになったり理解できるようになったりします。
重荷や苦しみから解放されると
急にいろんなことがありがたく感じられます。
そんな感じです。
普段から心の重荷に取り組んで苦しみを癒しておけば
プレッシャーに対する許容も大きくなり
衝動からの反射で選択を誤ることも少なくなります。
普段から取り組んでいなくても
今からこまめに脳内のバランスをとってあげてください。
体が疲れた、重いと感じたら脳も疲れています。
また張りつめていて疲れを感じないとしたら
興奮が続きずぎているので
一日3回は忘れずに、脳の緊張を緩めてください。
横になれなくても
座ったまま、或いは立ったままで
同じように自己ヒーリングを行ってください。
こうしなくちゃ、こう思わなくちゃ、こうふるまわなくちゃ、こう感じなくちゃ、と
みんなが少しずつ無理をしています。
無理はしわ寄せがきます。
こまめにガスを抜きましょう。

“具体的なやり方の提案” への2件の返信

  1. 具体的にできることを教えてくださり、
    ありがとうございます。
    震災後、子供たちが順番に発熱中です。
    季節的なことかもしれませんが、きっと何かしらの
    影響かもと思わずにいられませんでした。
    みんなで自己ヒーリングしてみます。

コメントを残す