肉体と魂徒然

午後から晴れました。窓開けて、プラーナ眺めつつ(^^)書いています。
今は空にも金色アミアミオーラが見えてます。
すごいな、これ。・・・
気分に関係なく見えますが、生理当日とかは見えにくいんです。
多分身体が、本能優勢になっているからじゃないかと思います。
女性は生理の周期で気が立ったり落ち込んだりという傾向がありますが
本能モードは戦闘モードでもあるので
戦うか、逃げるか、という状態になりがちです。
子育て中のお母さんも、本能優位になると思います。
妊娠中はホルモンがでるので、元気になり幸せ感が強くなる方もいるかもしれませんが
子育ては子供の肉体を守らなくてはならないので(母性)本能が強くなり
気が立ったり、落ち込んだりしやすいかと思います。
そんな育児ノイローゼは、脳の状態がこういうときだからなりやすいはずです。
毎日少しでも自分に戻る時間をつくることが大事だと思います。
人間であるということは本当にいろいろと大変ですね^^
年をとるのも悪いことじゃないな、と思うのは
やはり若くて元気がもりもりしている時期は
身体意識が強く、本能モードも全開ですが
だんだんと肉体の盛りを過ぎると
今度は魂意識が優位になってきて
スピリットがどんどん自分を導いきやすくもなってきます。
欲が減り、ゆだねるという生き方がしやすくなりますね。
自己との付き合いがしやすくなってきます。
私も以前はじっと座っているなんていうだけで苦痛でしたから
瞑想はもっぱら走りながらしていました(笑)。
演技するとかダンスとか歌とか、そういう形があっていました。
やっと座れる人になってきました。
中学の時、森くんという哲学的な男の子がいて
いろんな葛藤を処理するためには、走るのがいいと言って走っていました。
学校で一番早かったですけど。
何かを為すことはすばらしいですけど
彼は内的な平和のためにそれを意図的にしていたんだというところが
今考えても本当にすごいなと思います。
彼は今は売れてる漫画家先生になっています。
然り、と思います。

風邪に、これ。

ここのところ非常に忙しくて
本気で自己ヒーリングする余裕がなかったためか
少し体調を崩し気味だったので(風邪っぽいような感じです)
今日はセッションの合間に本気を出しました。
頭痛はすっと軽くなり、風邪の引き始めの全身のこわばり感や悪寒は
すーっと通り過ぎていく感じで
ああ楽になった、これでなんとかなる、と思い時計を見たら10分経っていなくて
びっくりしました。
風邪の時などは風邪が早く通過するという風にヒーリングするとうまくいきます。
治そうとか、治るように、というのは具合が悪い上に抵抗しなくてはならないので
イメージしにくい気がします。
通過を促進するというのは無理がなく理にかなっています。
10分でこんなに楽になるならいつだって本気出すべきですね。
本気と本気じゃない自己ヒーリングの違いはと言いますと
本気でがんばるのではなく
本気で受け取るべくリラックスするかどうかの違いです。
自己ヒーリングの時はつい、施術者としての気合が強くなる気がしますが
受け取る体勢のほうがその結果を左右するようです。
レイキは流そうと意図すれば本当に簡単に流れるのですが
受け取る側に抵抗、ブロックがあると流れ方を制限します。
ですからセッションではなるべく受け取りやすい体勢(心の姿勢)に導くこと、
ハートを開いて、安心してお受け取りいただくことを大切に考えています。
カウンセリングやワンポイントリーディングをさせていただくのはそのためで
心で気づきがあった瞬間にエネルギーがどっと流れ込むのを
いつも目の当たりにさせていただいているのです。
ですから自己ヒーリングの時も
一瞬頭を完全にオフにして、からだモード、感受するモード、
チャクラで言えばハートにフォーカスをシフトするだけで
やはり結果が圧倒的に違ってきます。
頭にある意識をハートに降ろすこと。
この切り替えは本当に微妙な切り替えですが
やるとやらないでは大違いですので
ヒーリングや瞑想なさる方は、ぜひ意識してみてください。
私は今は風邪薬や頭痛薬が効いていく時のような楽に緩む感覚が体内に広がっています。
以前は鎮痛剤と風邪薬が友達だったのでわかるのですが
ヒーリングでこのような感覚が体内に起こるのがとても不思議な気がします。

プラーナをどうぞ

今日も窓からプラーナ飛び交う空を見ながら書いています。
今日はひときわいきのいいのが飛んでいるので
写真を撮ってみました。
Image911.jpg
豊見城・那覇方面を臨む。プラーナは映っていないようです^^
かわりにレイキを入れておきましたので
よかったらお受け取りください。
写真を見ながら「レイキを受け取ります」と心で宣言して3分ほど深呼吸してください。
もうすぐ豊崎に越してきて丸一年が経ちます。
本当にあっという間です。
ここにきて日々セッションをさせていただいて
沖縄のみなさんや、遠く日本全国からアメリカまで、こちらを見つけてくださったみなさん、
本当に感謝しています。ますますのご発展をお祈りしています。
最近の私は神の詩
をとても楽しんでいます。
内なる神をこんなにも身近に感じることができる時が来ようとは。
とても静かで、幸せです。

気分を変えて

いい調子ですいすいと書いていた日記が一瞬で消えてしまいました。
本当に一瞬で白紙になったのでびっくりしました。
気分を変えてお知らせにします。
私が行っているセションの中のクンダリーニレイキが
創始者のoleさんによるバージョンアップに伴い
クンダリーニレイキ2009へとバージョンアップされました。
私自身は7月25日(マヤ暦の時間をはずした日になんとなく思い立ち)に
バージョンアップのアチューメントを受け
確かに様々な面でパワーアップされたのを実感しています。
また、お待たせしていますライタリアンレイキについても
準備が整いつつあります。
詳しくは、私と主人のセラピーと鍼灸治療のサイト
トータルヒーリングスペースRuach[ルーア]沖縄をご覧ください。
クンダリーニレイキ2009のページは完成しています。
ライタリアンレイキのページはまだこれからかなり更新される予定です。
レイキのヒーリングおよびアチューメントでは
本当にみなさんと様々なつながりを体験させていただき
ありがたい気持ちで満たされています。
先日、レイキで自己実現できますか?とご質問いただきました。
答えはYesだと思います。
それはいわゆる願望達成などのことではなく
最も本質的な意味での真の自己の顕現へとまっしぐらに導く光だと思うからです。
みなさんに祝福を。

戦争と平和

みなさんこんにちは。
沖縄は最近曇り空が続いています。
気温はとても過ごしやすい、20度前後。
一年の半分は夏で、今は観光シーズンオフですが
私は今ぐらいの沖縄、大好きです。
特に南部観光はお勧めです。
南部は戦跡や聖地巡りなど、文化の見所が多く
心静かに、ゆっくりと散策なさるのには最高ではないかと思っています。
東京生まれ、東京育ちの私にとって
戦争はまだ終わっていない、という言葉自体が
映画や宣伝のキャッチフレーズのようにしか
以前は感じられませんでした。
沖縄の方についてはのどかでゆったりしていてオープンなイメージを
県外の多くの方は持たれているかもしれません。
もちろんそういった方々も多いのかもしれません。
けれど、沖縄では65年前に、県民の4分の1の人が戦争で亡くなっています。
残された方の心に深い痛手を残す亡くなり方でです。
沖縄は東京都くらいの大きさの島で、親族の繋がりが深いのです。
思い出すことすら苦痛なほどの
感じることを止めてしまいたいほどの痛みを多くの方が負ったであろうと想像します。
現在沖縄では精神を病んでいる方の割合が非常に高いのです。
経済が悪い、という見解も耳にします。
ご自身の病状を戦争のため、とおっしゃる20代の方の声も耳にしました。
潜在意識を専門にする立場から見れば
それはあまりにも当然の現象です。
潜在意識の傷は意識的に取り組まない限り
親から子へと無意識に引き継がれます。
クライアントさんのお話を伺うほど
それが実証されているのを実感するのです。
苦しいのはみんな同じ、もっとひどい人がたくさんいる。
贅沢言ったらばちが当たる。
子供の頃よく母の口から聞かれた言葉です。
母もまた幼少の頃父親を戦争で失い
若い祖母の苦労を目の当たりにして育った一人です。
けれど深い心の傷は
誰かと、何かと比べて癒されることは決してありません。
誰かの痛みを我が物のように
そして私の痛みを誰かの痛みのように
大切に扱い、光に向かい、向き合い癒すだけです。
「私自身を癒すことが、すべてに影響しているのだとすれば
取り組む価値があると思えますよね。
意識は、エネルギーはそういうふうに繋がっているって、読んだので」と
あるクライアントさんが語ってくださいました。
本当に、そうだと思うのです。
今になって思えばそういった真実こそが
暗闇にいた私をも支えてくれたと心底思えます。
世界を癒す方法をすべての人が今ここに持っているのです。

スピリチュアルと現実世界

スピリチュアルと現実とのバランス、という言葉をよく目や耳にする。
その多くは、現実とは物理次元や現実社会のことを指しているのではないかと思う。
物理次元とスピリチュアルというものを二分して捉えている以上は
スピリチュアルごっこをしているようなもので
本質からはまったくずれていて、どこにも行き着かないだろうと思う。
わかったつもり、我発見せり、と思っても
実際は、それもまた過ぎ去るものの一つでしかない。
人間の幸せを探求していくと、それは悟りに繋がる。
悟りというとなんとなくうさんくさくて敬遠されそうだけど
どんな環境、どんな状況、どんな人でも幸せになる道を探せば
悟り、という道がもっとも、シンプルでやさしい方法だと思う。
それ以外のやり方は困難を極める。
逆に言えば、どんな環境、どんな状況、どんな人でも
幸せにつながる道を示すのが、悟りへの道だと思う。
悟りは本来あるがままのみなもとへの気づきであり
スピリチュアルは本来あるがままの世界を指す。
もしスピリチュアルに目覚めたら、
スピリチュアルの外側に世界はなくなる。
それこそが現実だからだ。
アシュターヴァクラ・ギーター

癒しの光

私からレイキのアチューメントを受けてくださるみなさんとのやり取りでは
ご自身へ神聖なギフトを贈られるように
厳かに謙虚にそして喜びの中で受け取ってくださる様子が感じられ
そんな時思わず胸いっぱいに嬉しさをいただいています。
レイキとのかかわりが深まるほど
本当に、魂への贈り物そのものだと感じます。
こんなにも優しく、厳しく、あるがままに
まっすぐに光へと導き、方向付けて、
そして手放しで波動を高めてくれるものは
なかなかないのではないかと感じ
その奇跡に立ち合わせていただく驚きと喜びにあやかる日々です。
私たちが、真の自己を生きてかまわない、
自由になってかまわまい、
神の子としてこの人生を生きてかまわない、と
その光は与えてくれます。
たくさんの感謝とともに。