シンプルでリアルな取り組み

沖縄に来てから癒しという仕事に専念するようになり
その分やはりとーっても中身の濃い日々を送っている。
私自身の癒しが進んできたので
何かに発散する必要がなくなって、専念できるようになったと思う。
自分自身が癒される体験はもちろんセラピスト、ヒーラーにとって必須だが
単に体験ではなく本当に中身が癒されて(霊的に回癒が進んで)いくと
本当の意味でようやく正直になれるのだということを実感する。
私はもともと正直者ではあった(嘘つきではなかった)はずだが
いろんなことに気を遣って(気を奪われて)
或いは気をまわして
起こっていないことを心配して、と
様々な理由でやはり言えないことやできないことが
たーくさんあった。
それはおそらくどんな人もそれぞれそういう部分を抱えているはず。
そういう心配、おそれ、また罪悪感が癒されていくと
率直に、正直になれていく。
とてもシンプルで軽やかだけれど
ただシンプルで軽やかだけを目指しても
本当にそうはなかなかなれないものだ。
自分に本当に取り組むということは
とてもリアルに自分の中身を変えていくことだ。
いくら何かを身につけたり持ち物を増やしてもそうはならない。

“シンプルでリアルな取り組み” への4件の返信

  1. アズさん・・できないこと・・言えないことって、あきらめてる夢とか・・人に言えないようなことっていうことですか?
    自分に素直になっていくってことかしら・・
    もう少しききたいです

  2. きょうちんさん
    >アズさん・・できないこと・・言えないことって、あきらめてる夢とか・・人に言えないようなことっていうことですか?

    >自分に素直になっていくってことかしら・・

    >もう少しききたいです

  3. ありがとうございます
    無意識の中のことなんですね
    そういうことなんですね
    ありがとうございました

  4. きょうちんさん
    >ありがとうございます

    >無意識の中のことなんですね

    >そういうことなんですね

    >ありがとうございました

コメントを残す