心地いいということ

癒しは確かに心地のいいもの。
ですが、魂にとって心地いいのか、エゴにとって心地いいのか、で
それが本当に癒し(後戻りのない道)であるかどうか違ってくると思う。
超入門アカシックレコード
超入門アカシックレコードは、タイトルのわりに入門以上の内容だったのだが
その中で私にとってもっとも必要だった言葉は
「誰もが人を救いたいと思っているが相手にとってもっとも必要な言葉は実は
おしりを蹴っ飛ばされて目が覚めるような言葉だったりする。
だが自分が癒されていなければその大切な言葉を
(投影によって)相手に言うことはできない」だった。
高次元からのメッセージというものが世の中にはたくさんあるけれど
誰もが心地よく感じ、受け入れられやすいものは
それはそれでいいけれど
しばらくすると
それはもうわかった!でもその結果が今のこの現状なんだけど?
となってくるのだ。
もちろん学ぶべきことはいくらでもある。
だけどしばらくの間
なんかびっくりして目からうろこがばらばら落ちないと受け入れられないような
新たなパラダイムシフトに出会わないものかしら…と思っていたら出会ったのが
「神の使者」だった。
それは確かにすごく受け入れがたく
そして後に完璧なまでにすっきりと
すべてを解き明かしてくれた。
だからもう、捜し求める必要はない。
実際のところ、捜し求める必要なんてないし
この世でいくら探し回っても
絶対にみつかるものではなかったのだ。
そうなってみて、私は
否定、ということを怖れなくなった。
人はみな、肯定されたい。
でもそれはエゴが願っていること。
肯定される心地よさはエゴにとって好都合な心地よさだと思う。
だけど、いくら肯定されても
苦しんでいる心があるに変わりはない。
「そのままのあなたでいいんです」というのは
ある意味真実だけど
「ありのままのあなた」というものを人は知らない。
今のなんだかわからないあれをたっくさん身に着けてる自分に
そのままでいいんです、というには
本当のその人が丸見えに見える人の言葉でなければ意味がない。
そして間違いなくこの宇宙はこのままでは良くない。
すべては選択しなおされ修正される必要があると思う。
真実を。
エゴの心地よさの中で夢を見ている間は
平安にはならない。
魂の心地よさを、スピリットの知覚を
選択しなおすことなんだと思う。
それで私はできれば
ひとさまのおしりを蹴っ飛ばせるセラピストでありたいと切に願う。

“心地いいということ” への2件の返信

  1. 初めまして。ERIと申します。
    時々覗かせて頂いていましたが、コメントするのは初めてです。
    私は、仕事で子どものための防犯活動をやっております。ですが、犯罪被害に遭った子どもたちと相対する際、「肯定」や「自尊感情」について生半可な理解では会話すら出来ないことに気付いて数年。
    たしかに、「ありのままでいい」と子どもたちに言葉をかけます。でも、肝心の自分は、「なにが良い」のかわからないまま、そう言葉をかけていました。
    自分の中でどこにも到達していないのに、その言葉をかけること、それにとても抵抗がありました…
    今回のブログで書かれていること、言葉少なでいて大事なことを突いておられ、驚きました。
    今まで、森田ゆりさんなどの著書を読んで、インナーチャイルドについては何となく理解してはいましたが…
    また新たな理解が得られそうです。仕事上の気付きがきっかけですが、またこちらで啓発されに来ようと思います。ありがとうございました。

コメントを残す