今よりも自由に

人は自由を望み、自由を恐れる。
普段意識しなくても、エゴから本当に自由になった人を除けば
人は不自由さ(壁、ブロックと呼ばれるもの)を心の中に持つ。
それに阻まれると人は
愛や、幸せ、平安を自由に、完全に感じられなくなる。
それで、もっと幸せに、なれるはず、と感じる。
では、あなたに存分に愛や幸せや平安を感じさせるのを阻む
壁を取り外しましょう、というのが
さまざまな心理療法やエネルギーワーク、ボディワークなのだけれど
そこで人はおもむろに、あろうことか
変わることを恐れるのです。
変わることを恐れるのは
エゴの抵抗の得意技なので
仕組みがわかれば多少しり込みしても
やっぱり飛び込んだほうが
今よりいいんだ、とわかるはず。
飛び込む以前にああでもない、こうでもないと考える知覚は
すべて幻想なのだと言うこともできる。
例えば前世療法の目的はなにかというと
魂が学びを終えた過去の肉体の想念の
幻想的な影響とさようならすること。
あなたの前世は偉いお坊さんで…と言われると
悪い気がしなくて得意になるかもしれないけれど
前世療法では、そのお坊さんにお帰り願う。
どんな立派な人だったとしても
私たちはなるべくとらわれから開放され、自由になり
そのお坊さんの個人的な思いとともにではなく
そこからすべてを学んだ魂と、
そして自分と、
そして私たちの還るべきひとつの御心とともに生きる。
こわくはない。

コメントを残す