世界で一番好きな一曲

Who am I ? (Nina Simone)
という曲なんですが、昨日mixi radioをブッショクしていたら見つけることができ
めでたく私のipodに収めることができました。
聴きながら夕食の買い物に行くと、もう世界が変わっていました。
外は寒くて冷たい雨が落ちてきました。
すると私は、なんてしあわせなんだろう、と思いました。
冷たい雨に降られてしあわせだと感じたことなんてありません。
この曲のせいです。
who am I?
Who am I?
was it all planned in advance
or was I just born by chance in July?
who on earth am l?
my friends only think of fun
they’re such a curious lot
must I be the only one
who thinks these mysterious thoughts
some day I’ll die
will I ever live again
as a mountain lion
or a rooster,a hen
or a robin, or a wren, or a fry?
oh who am I?
do you believe in reincarnetion?
do you believe in reincarnetion?
were you ever here bofore?
have you ever had dreams?
that you knew were true
some time before in your life
have you ever had that experience?
so you must question
all the truths that you know
all the love and the life
that you know and say
who am I?
will I ever live again
as a mountain lion
or a rooster, or a hen
or a robin, or wren, or a fry?
if I’m one of those lives
that have been reincarnated again
and again, and again, and again・・・・・・・・
oh, who am l?
この曲との出会いは29歳の時の芝居で
亡くなった土屋統吾郎監督(傷だらけの天使・俺たちの旅…)が演出、脚本。
私は落ちぶれた元スターダンサーって役で
なぜか通りすがりの居酒屋で酔っ払って
若い男の子にからんでそこで踊っちゃうのね。
で、監督が、私に曲と振付師を選ばせてくれたので
私は大学の先輩で天才の安谷麻里さんに頼んで
そこに麻里ちゃんが持ってきてくれたのがこの曲で。
「美緒、芝居の内容と関係ないけど、この曲すごいから!」
で、半ば強引に、この曲で。振り付けもものすごかった。
監督は、この他に、好きな詩も劇中で読ませてくれて
そっちは、谷川俊太郎の「生きる」でした。
これは、俳優の井上高志さんが私の昔の男って役で
再会しちゃって二人でこの詩をそらんじちゃうという。
今思うと好き放題だな。
で、その時に共演の役者の倉持一裕くんが
彼は早稲田出てて頭がよくって、
私のカセットテープ聴いて歌詞を起こしてくれて
ついでに翻訳までしてくれたのでした。
わたしはだれ?
わたしはだれ?
すべて前もって予定されていたの?
それとも ただ たまたま7月にわたしは生まれたの?
この地球で わたしはだれ?
友達は楽しいことしか考えない
彼らは好奇心旺盛なのね
こんな変なこと考えるのは わたしだけに違いない
いつかわたしは死ぬわ
そしてわたしはまた 生まれてくるのかしら
ピューマになって
それともおんどり、めんどり?
それともつぐみ、それともミソサザイ、それともハエになって?
ああ、わたしはだれなの?
あなたは輪廻転生を信じますか?
あなたは生まれ変わりを信じますか?
以前あなたはここにいましたか?
have you ever had dreams
that you know were true
あなたの人生(命)の前に何度も
以前あなたはそんな経験をしたことがありますか?
そう 問いかけてごらん
あなたの知っているすべての真実
すべての愛 そして命
言ってごらん わたしはだれ?って……
また命を授かるのかしら
ピューマになって
それともおんどり?めんどり?
それともつぐみ?それともミソサザイ?
それともハエになって……
その命のどれを授かったとしても
それは何度も何度も何度も何度も何度も何度も
生まれ変わってきたもの……
ああ!わたしはだれなの?
すごいでしょう?
よれよれのカセットテープしかもっていなかったので
みつかって本当にうれしい。
13年以上隔てて
この曲のものすごさを改めて全身に浴びています。

気づきは感動だと思っている

静かに深呼吸したら
楽しい事を考えよう。
ハートがあったかくなったかと思うと
ドキドキしたり
急に泣きたくなったり
走り出したくなったり
わぁーっと声を出したくなったりしてくるかもしれない。
もしならないなら
それは本当は楽しいことではないんだよ。
楽しくならないなら
何かがハートにかぶさって
感じるこころのじゃまをしているはず。
でも本当のわたしは
その奥にいる。
いつでも、今でも、ちゃんと、いる。
こんなお天気でも
今すぐに
ものすごくワクワクしたり
胸がいっぱいになって
いてもたってもいられなくなったり
歌いだすことだって。
歌いながら仕事をしよう。
ダンスしながら。
そのほうがきっとうまくいく。
何かが始まる時の感じがしてくるかも。
映画の主人公は
雨の日も傘さえなくて
それでも、夢を始められることを教えてくれる。
恋人がいない時は恋人を
仕事がない時は仕事を
家族のないものは家族を求めるドラマ。
なんだっていい。
主人公になれるなら。
自分から足を踏み出せずにいる人には
天使が贈り物をくれる。
偶然に見せかけた必然。
みんな自分に降りかかるまでは
他人事だと思ってる。
みんな白羽の矢が立つまでは
主人公は自分ではないと。
ハートの中に降りていこう。
そこではもう何かが始まっている。
常に何かが起こってる。
ただ降りて行くのを忘れてるだけ。
忘れたフリしてるだけ。
ダンスしながら降りていこう。
うまいかどうかなんて気にしない。
楽しんでるほうがいかしてる。
好きな音楽をかけてるかな?
ハートに振動を伝えてくれる音を。

しあわせへの溝を掘る

いいふーふの日に、お客さまからサンクで小さなお花をいただきました。
アロマのビンのようなものにお水が入っていて
ふたはゴムで穴があいていてかすみ草がささっています。
とてもよくできています。
ところでサンクは金曜で、少し帰りが遅くなると電車が混みます。
満員電車でお花を手に持っていると、危ないしお花もつぶされちゃいそうな気がしませんか?
私は芝居やライブなどで花束をたくさんいただく機会が昔からありました。
大好きなので、手がどんなにいっぱいになっても
重たくても疲れていても持って帰ります。
お花のためにタクシーで帰るほど優雅ではないので電車に乗るのですが、
先日おもしろいことに気づきました。
電車に乗る前は、こんなに混んだ電車で、お花はつぶされちゃうだろうなと
心配が浮かぶのですが
実際に乗っても、これまで一度もつぶされたことがないのです。
人間の考えでは、満員電車という事実があり、そこに自分が乗るのだから
つぶされても押されても大丈夫な状態で乗らなければと思います。
満員電車の状況に備えて未来を予測します。
ところが実際は、お花を持って電車に乗ると、
お花の波動と、お花を持っている私の波動が変わるので
電車の中も変わるのです。
確かに大きな花束だと目立つので、
周囲の人が意識して気にかけてくれるという理由もあります。
でもその現象すら結構すごいことです。普段ならなかなかそうはしてもらえません。
満員電車って厳しいのです。
そして先日は、小さなかすみ草のビンを小さな紙袋にちょこんと挿して持っていたので
人の目には触れていないはずです。
でも、なぜだかいつもと感触が違いました。
押されておかしな格好のまま立っていなくてはならないということもなく
電車はとても混んでいたにも関わらず、私にとって優しい状態が続きました。
お花は不安定な方法で運搬されましたが、終始安全でした。
周囲が優しく感じられたので、
恐らく周囲に対して私も優しいオーラを放っていたはずです。
私たちは瞬間瞬間に選択し、未来を創ります。
過去の習慣から未来を予測して、同じスパイラル上の未来を選ぶこともできます。
ちょっとした自分をしあわせにするアイデアから
新しい場を作ることもできます。
満員電車は確かに辛いけれど
乗っている人の想念が、周りは危害を加えてくる敵(自分がより奪おう)という意識から
状況を共有した人々だ(助け合おう)という風に変われば
実際に余裕の空間が生まれてくるのかもしれません。
思いは創造しています。

お知らせです☆

12月のミラーマジック☆スケジュールがでました。
今年もいよいよ大詰めなんですね~。
心とからだのおそうじ、ご一緒にいかがですか?
■□12月ワークショップのスケジュール□■

○10日水曜日 ☆ミラーマジック~本当の自分にカエル~
≪夫で鍼灸師の風間真吾による鍼+ヒーリングの体験セッションつきです≫
もう一度、の方も初めての方もお気軽にご参加ください。
表面意識と潜在意識、感情、メンタル、からだ、魂、スピリット・・・
私たち人間はたくさんのボディの集約された存在です。
考えるだけではなく、五感とそれ以上の感覚を使って、
感じてわかるワークをしていきたいと思います。
今回はヒーリングをからだで感じていただけたらと思い企画しました。
感じることに集中すると、日常と別の空間を作ることができます。
また日常に、感じる、というスペースを作ることで
平安、そして創造というエネルギーが拡大していきます。
ぜひご一緒に体験してみてください。
時間13:30~16:00(13:30受付開始)
@奥沢区民センター 第3会議室
(×深沢ではありません。お間違えなく)
住所.東京都世田谷区奥沢3-47-8
TEL.03-3720-1973
[交通]
・目黒線奥沢駅徒歩2分
地図
参加費¥1500
**************************************************
○16日火曜日 ☆ミラーマジック~本当の自分にカエル~
時間13:30~16:00(13:10受付開始)
@池尻地区会館 第4会議室
(×池尻まちづくり出張所ではありません。お間違えなく)
住所.東京都世田谷区池尻2‐34‐3
TEL.03-3422-1777
[交通]
・田園都市線池尻大橋駅徒歩7分
・バス三宿または池尻徒歩5分(渋谷~弦巻営業所・田園調布駅・二子玉川駅・上町・祖師ヶ谷大蔵駅・成城学園前駅・調布駅南口・三宿病院循環・野沢龍雲寺循環・多摩川駅・東京医療センター・等々力)
地図
参加費¥1000
**************************************************
○25日木曜日 ☆ミラーマジック~本当の自分にカエル~
≪インナーチャイルドワークと体験ミニヒーリングセッション≫
時間13:30~16:00(13:10受付開始)
@池尻地区会館 第4会議室
(×池尻まちづくり出張所ではありません。お間違えなく)
住所.東京都世田谷区池尻2‐34‐3
TEL.03-3422-1777
[交通]
・田園都市線池尻大橋駅徒歩7分
・バス三宿または池尻徒歩5分(渋谷~弦巻営業所・田園調布駅・二子玉川駅・上町・祖師ヶ谷大蔵駅・成城学園前駅・調布駅南口・三宿病院循環・野沢龍雲寺循環・多摩川駅・東京医療センター・等々力)
地図
参加費¥1000
16日と25日の池尻のお部屋は
前回光の柱を立てたお部屋です。
どうなっているかな~^^

苦しむものは幸いである

もしも、私が人生の前半で
苦しみのなかに生きる体験ができなかったら
しあわせについて誰がなんと言おうと
信じることも感じることもできなかったでしょう。
そして、いつか突然襲ってくる人生の課題に怯えながら
必死に砦を作ることに人生を費やしたでしょう。
苦しむものは幸いである。
あなたは神のちからを知るだろう。
と、聖書に書いてあったかどうか忘れましたけど
キリストならそう言うだろう。
それは、時空を超えた真実の言葉なのだと思う。
理屈では決して理解できない。
苦しみの中を生きる時
どうか、周りを変えようとしないでください。
原因を外側の誰か・何かのせいにしないでください。ほんのわずかでも。ほんの1ミリも。
けれど自分の内側に戻っていった時に
人生のすべての秘密を解く鍵に出会うでしょう。
その鍵とは他のどこでもみつけることはできない。
一人でする必要はありません。
内側へ還る旅は
すなわちすべての人や出来事と
共に生きる旅です。

明けて本日

ミラーマジック☆
13:30~九品仏にて行います。
かなり少人数になりますので
マンツーマンなみのワークができます。
お得です^^
もしご都合がつきましたら
飛び込みでもかまいませんのでいらしてくださいね!
詳しくはこのブログのホームのトップにアップされています↑
お待ちしています。

しあわせだなぁ

昨日のワークショップにご参加いただいたみなさま
本当にありがとうございました。
終わってから、ものすごく楽しかった~っという言葉が
おなかの底から湧いてきました。
はしゃぎすぎでごめんなさい。
最後のテレパシーゲームはすごかったですね。
みんなで輪になって手を繋いで
一人が右手からイメージを伝えていきます。
左手からみんなが受け取ります。
1度目、『サバンナのでっかい夕日とライオン』の時は
そのまま受け取った人もたくさんいて
それもすごかったし
馬、とか羊、とか、ライオンにたべられちゃいそうな動物を受け取った人もいて
興味深かったです。
最後に伝わってきた私の所では、海になっていましたが
スタートだった右手のあきちさんからは受け取らずに
ちゃんと左手のあやちゃんからのイメージになっていたのも
私個人的にはおもしろかったです。
2回目の『ドラえもん』はさすがにそのものずばりではなかったけれど
受け取った人のビジョンにはちゃんと繋がりがあり
具体的で精妙でした。
みなさんが口々に「私夕日!」とか「私、羊!」とか言ってくださった時の空気が
私はもっともしあわせだった瞬間です^^
自由、興奮、ひらめき、発見、分かち合い…
子供のようないろいろなエネルギーが湧いていて
みなさんがキラキラしてとってもとってもかわいかったです。
手を繋いでる輪に何度も子供さんたちが出たり入ったりして遊んでいたのも
すごく楽しかったです。
終わってからある参加者の方が
「あんなに伝わってしまうんだから、人と会うときにはいいイメージを持っていたいね」
とおっしゃいました。
そうなんですね。
テレパシーレベルで伝わるって、あんなに具体的で簡単なことなんですね。
本当に、ワークではたくさん教わることがあります。
初参加の主人もとてもよろこんでいました。
もっとやりたい!と子供のように言っています。
ですので12月10日、もう一度コラボでのワークを企画します。
またご一緒にお時間を過ごせるのを楽しみにしています。