生きているということ/それは、かくされた悪を注意深くこばむこと

嘘発見器です。自称。
センサーが勝手に作動するのです。
男性と付き合っても、ものすごい微妙な嘘を見破ってしまうので
続きませんでした。
浮気とかも絶対にわかってしまうので、
もう誰とも付き合えないと思って真剣に悩んだことがあります(笑)
嘘がつけない(私のような)人としか付き合えません。
私は女優さんだから、嘘をつけるだろうと世間ではよく言われますけど
私が思うに、演技だからこそ、嘘はついちゃいけないんです。
演技で嘘なんて最低じゃないですか。
設定は虚構だけど、演技は本当なんですよ。そこで真実を生きるんです。
だから虚構なのに人は感動し、心動かされるんです。
銀座のクラブで歌を歌っています。
銀座のそこそこのお値段のクラブなので
飲みにみえる方は日本の経済を支える立派なサラリーマン。
上司や取引先とみえる方が多いです。
多くの方は笑顔だけど、目の奥は泣きそうだったり孤独だったり疲れ切っていたり。
「この上司、僕に15億来週までになんとかしろって言うんだよ。
機械が売れなきゃ、部の人間の腎臓ひとつづつでも売って来いって、本気だからね。命がけだよ」
ふうん、そっか。腎臓か~。いや、多分譬えなんだと思いますよ。
でも、それくらいの危機感とか悲壮感は普通にあります。
「最近酒癖が悪いみたいで、ある日突然女の子に嫌われてるんだよ。どうしたらいい?
暴言吐いてそれがしつこいんだって。そういう男にだけはなるまいと思ってきたのに
記憶がないんだよ。仕事がきついんだ。仕事だけはセーブできないし、疲れるし嫌われるし・・」
あぁ・・世の中のえらい人はこういうところにきたら、
思い切り威張り散らして嫌われるようなことして
金払ってんだ、文句あるかっていうんじゃないですか?
そうやって仕事のうっぷんを晴らしてるんですよ。
「あぁそうか。もてようなんて思わないんだ。金がありゃいいんだ。
ひどいこと言ったりやったりしても金がありゃ許されるしもてるんだね。
でも俺金もないしな~」
そういう方を見ていいとは思いませんけど、
それがこういう店の仕事だって言われてるんじゃないですか?
「そっか・・・・大変な仕事してるんだね・・・。」
そうです。ゴミ捨て場ですよ。ここは。
みんな笑顔です。でも目は違います。
私は思わず失礼とは思いながらも尋ねます。
「一生かかっていくら稼げるんですか?」
一生かかっても見ないようなお金を、身を削って半期でどっかからひねり出すわけですよね?
それを何十年もずっとやるんですよね?
・・・・だいじょうぶなんですか?感覚おかしくないです?
はははは・・・
六本木でも同じ様な話し聞きました。
建設会社の社長さん。
ものすごい触り魔で、手をひっぱたいてやりました。
でも突然目を輝かせて「世の中おかしいんだ。俺のノルマいくらだと思う。150億だよ。
そういう金を一月で動かしてる。でもみんなまともじゃない。政治も官僚もみんなおかしい。
まともに生きてるのはこういう(私たちミュージシャンをさし)芸術をやってる人間ぐらいなもんだ。
本当だぞ。」
私は夜の世界でそういう空気を吸って生きています。
今はシンガーという立場だし、いろいろなキャリアも積んできたので
それなりの敬意をいただいたりしていますが、
以前はゴミ捨て場のゴミになったのかというような思いも散々してきた。
さすがの私も書けないというか書きたくないようなことだっていっぱいありました。
本当にこりごりだと思ったりもするけど、きっと意味があって見ている世界なんだとも思う。
社会は本当に厳しいと思う。厳しさを強いられて生きている人だらけだ。
自由な生き方をする人も増えてきてはいるが、
日本を支えてきた技術は引き継がれるのだろうか?
ドクターたちには、これからは技術は下がる一方だから
手術を受けるなら2、3年のうちだよという人もいる。
みんながロハスになっても大丈夫?
真実と向かい合ってちゃんと見ている人が必要だ。多分。

“生きているということ/それは、かくされた悪を注意深くこばむこと” への12件の返信

  1. 輪廻転生と言えば、無味乾燥な言い方ですが、人は生れる前に、今度はこういう実感をたっぷり味わうために、この人生をやろうとして生れてくるという見方が気に入っています。
    この人生では、シンガーとして進み、夜に暮らす女の悲哀と歓喜をじっくりと味わってみたい、なんてね。
    一回きりの人生をそれで勝負もしているわけですから、すごい迫力ではあります。

  2. >センサーが勝手に作動するのです。
    乙女座を選んで生まれてきた私には、自分なりに理
    解出来る感覚ですねえ。皆、人生劇場という舞台で
    必死に自分の役をこなして色んな経験をしてるんで
    すね。一流企業の社長の役であろうが、皇位継承権
    を持つ役に生まれようが、田舎で誰にも気付いても
    らえないような生き方をしようが、スピリチュアル
    な面からみれば、どの人生により価値がある、ない
    の議論は不要ですよね。実生活では、何かを持って
    いる、何かが出来る等で価値判断されるので、自分
    の価値(自分を愛するため)を上げるために皆必死
    になるのも当然といえば当然です。みんなロハスに
    なってもよろしいのでは・・・そこでできた社会に
    満足出来なければ、違うものを創っていけばいいの
    では・・・皆自分の好きな職業を自分の感性で選べ
    ば、ちゃんとバランスのとれた社会になると思うん
    ですが、必要以上に不安に囚われたり、優越意識を
    満たそうとし過ぎると、自分自身でなくなって、ス
    トレスの溜まる仕事をせざるを得なくなるんでしょう。人は、もうこんなのイヤだ、変わりたい!と強
    く願って違う役に取り組むワケで、変わりたくない
    、今の役柄を変えたくない、という人に面と向かっ
    て議論しても反発を招くだけなので、その人の生き
    方を受け容れた上で、関係を改善していくようにし
    てます。だって皆自分自身の人生を必死で生きてる
    んですから・・・ちゃらんぽらんな人もいますが、
    それもその人の選んだ人生ということで・・・

  3.  技術というものは一朝一夕になんとかなるようなものではないんじゃぁないですかね。だから韓国や中国の成長もまだ本当の脅威とはなっていないんですよ。ただしそんな技術が通用する業界が徐々に少なくなりつつあるのも事実ではあるかもしれません。
     僕も嘘は嫌いですけど、でも相手や周囲に嘘をついてもらったほうがいいと思うこともありますね。でもついてもらったほうがいいと思えるような思いやり溢れるような言葉は嘘とは言わないのかもしれませんけど。
     ある日突然女性に嫌われる男性の話は胸が痛みます。身につまされます。いや、僕の場合は最初からあまりモテないので、一時期でもモテる時期がある人のほうがずっといいというような気もします。
     近いうちに仕事で東京へは行かざるを得ないのですけど、AZUさんの話を読んで、夜の銀座という世界をちょっと覗いてみたいなと、そんなことを思いました。

  4. 湖 南さん
    >輪廻転生と言えば、無味乾燥な言い方ですが、人は生れる前に、今度はこういう実感をたっぷり味わうために、この人生をやろうとして生れてくるという見方が気に入っています。
    >私もです^^
    >この人生では、シンガーとして進み、夜に暮らす女の悲哀と歓喜をじっくりと味わってみたい、なんてね。

    >一回きりの人生をそれで勝負もしているわけですから、すごい迫力ではあります。

  5. テッドHさん
    >>センサーが勝手に作動するのです。

    >乙女座を選んで生まれてきた私には、自分なりに理
    >解出来る感覚ですねえ。皆、人生劇場という舞台で
    >必死に自分の役をこなして色んな経験をしてるんで
    >すね。一流企業の社長の役であろうが、皇位継承権
    >を持つ役に生まれようが、田舎で誰にも気付いても
    >らえないような生き方をしようが、スピリチュアル
    >な面からみれば、どの人生により価値がある、ない
    >の議論は不要ですよね。実生活では、何かを持って
    >いる、何かが出来る等で価値判断されるので、自分
    >の価値(自分を愛するため)を上げるために皆必死
    >になるのも当然といえば当然です。みんなロハスに
    >なってもよろしいのでは・・・そこでできた社会に
    >満足出来なければ、違うものを創っていけばいいの
    >では・・・皆自分の好きな職業を自分の感性で選べ
    >ば、ちゃんとバランスのとれた社会になると思うん
    >ですが、必要以上に不安に囚われたり、優越意識を
    >満たそうとし過ぎると、自分自身でなくなって、ス
    >トレスの溜まる仕事をせざるを得なくなるんでしょう。人は、もうこんなのイヤだ、変わりたい!と強
    >く願って違う役に取り組むワケで、変わりたくない
    >、今の役柄を変えたくない、という人に面と向かっ
    >て議論しても反発を招くだけなので、その人の生き
    >方を受け容れた上で、関係を改善していくようにし
    >てます。だって皆自分自身の人生を必死で生きてる
    >んですから・・・ちゃらんぽらんな人もいますが、
    >それもその人の選んだ人生ということで・・・

  6. しげぞーさん
    > 技術というものは一朝一夕になんとかなるようなものではないんじゃぁないですかね。だから韓国や中国の成長もまだ本当の脅威とはなっていないんですよ。ただしそんな技術が通用する業界が徐々に少なくなりつつあるのも事実ではあるかもしれません。

    > 僕も嘘は嫌いですけど、でも相手や周囲に嘘をついてもらったほうがいいと思うこともありますね。でもついてもらったほうがいいと思えるような思いやり溢れるような言葉は嘘とは言わないのかもしれませんけど。

    > ある日突然女性に嫌われる男性の話は胸が痛みます。身につまされます。いや、僕の場合は最初からあまりモテないので、一時期でもモテる時期がある人のほうがずっといいというような気もします。

    > 近いうちに仕事で東京へは行かざるを得ないのですけど、AZUさんの話を読んで、夜の銀座という世界をちょっと覗いてみたいなと、そんなことを思いました。

  7. お金儲けと女性の話しかしない傲慢で品性のかけらもない成金のおじいさん、がいたと思えば、
    どこまでも澄んでる目で何千年ものヨーロッパの歴史の尊さを語る若い青年がいる。
    なんて人間は愚かで浅はかな動物だろうと悲しく思うと、いや捨てたもんじゃないよ、と素敵な人間に出会えたりする。

  8. そうですかぁ。銀座のおやじ達の目は疲れてますかぁ。(笑)
    昨日DVDで「クラッシュ」を観ました。
    みんな何かに怯えている、何かに怒っている。自分と違うものに対する、不安・恐れと怒りが自分の周りとの関係、モノゴトを円滑に進むことを知らず知らずのうちに妨げあっている。本当の自分の望みとは違うことをしてしまう。それをうまく表現している映画だと感じました。人種差別はその一つの現われでしかないのでしょう。
    自分の会社の中でもいたる所で同じことが起こっている気がします。
    ここで言っている「怒り」とは自分の思い通りにいかないときや、自分がないがしろにされたと思ったときに感じるもので、AZUさんが言う「怒りに飲まれている」もの。
    自分自身も含め、ずっと感じている不安・恐れ、怒りを会社の中ではできるだけ表面に出さないように自分自身に嘘をついているから、それが目に出ちゃうんでしょうかね。(笑)
    映画では、そんな不安・恐れを感じず父親の言葉をまっすぐに信じるかわいい少女が小さな奇跡(超常現象ではない)を起こします。何の曇りもなく信じていることは例え表面上は奇跡のようにみえるとしても起こるべくして起こるというメッセージなのでしょう。
    人類の歴史の中で技術が進歩してきたことには何か大きな意味があるんだと思ってます。
    「技術の進歩と大いなるものへの信頼、これをどう共存させていくか」、技術に携わってきた者として大きなテーマだと思ってます。えらそうですが。。。

  9. Jこさん
    >お金儲けと女性の話しかしない傲慢で品性のかけらもない成金のおじいさん、がいたと思えば、
    >どこまでも澄んでる目で何千年ものヨーロッパの歴史の尊さを語る若い青年がいる。
    >なんて人間は愚かで浅はかな動物だろうと悲しく思うと、いや捨てたもんじゃないよ、と素敵な人間に出会えたりする。

  10. きんきんさん
    >人類の歴史の中で技術が進歩してきたことには何か大きな意味があるんだと思ってます。
    >「技術の進歩と大いなるものへの信頼、これをどう共存させていくか」、技術に携わってきた者として大きなテーマだと思ってます。えらそうですが。。。

コメントを残す